>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■映画や音楽、本について ■ニュース

BMW M5「エディション・ミッション・インポッシブル」はこんなクルマだ!全身ダークカラーの渋いヤツ

投稿日:2018/10/15 更新日:

| 意外とイケてた、ミッション・インポッシブルとコラボしたBMW M5 |

さて、新型BMW X4を見にOsaka BMW千里支店さんへ行った際に展示してあった「BMW M5MISSION: IMPOSSIBLE(ミッション・インポッシブル、1964万円)。

これは映画「MISSION: IMPOSSIBLE-FALL OUT(ミッション・インポッシブル/フォールアウト)」の公開記念としてBMWジャパンが発売するもので、M5、5シリーズ(BMW523i/523d/530i)に設定され、2018年中までの期間限定販売モデルとなっています。

BMWジャパンが「ミッション・インポッシブル」公開記念としてM5特別モデルを発売。なんと+25馬力

BMW M5 Edition MISSION:IMPOSSIBLEを見てみよう

展示されているBMW M5エディション・ミッション・インポッシブルはこんな感じ。
スペックは「M5コンペティション」に準じるもので、出力は25馬力アップの625馬力。
よって0-100キロ加速は3.3秒という驚異的なスペックを誇ります。

L1050797

BMW M5エディション・ミッション・インポッシブルにおける特徴の一つは「ブラックパーツ」。
キドニーグリル、サイドスカットル、テールパイプなどがグロスブラック仕上げに。

L1050786

相当に深く大きなリアディフューザー。
メルセデスAMGにもここまでのモデルはないだろう、というほどのサイズを誇ります。

L1050802

なおボディカラーは「シンガポールグレー」。
グロスブラックのパーツがよく似合いますね。

L1050788

ホイールは20インチサイズの「ダブルスポークM ライト・アロイ・ホイール・スタイリング706M」。
グロスブラックに切削加工が施されます。

ブレーキシステムはもちろんMパフォーマンス製(ブルーキャリパー)。

L1050810

そして「M」ならではのエアロミラー。
E36 M3以来の伝統ですが、E46以降はこの「航空機にヒントを得た」形状となっていますね。

L1050789

まさに真っ黒。
これでヘッドライト内部も真っ黒だったらもっとイカツイ外観になってそう。

L1050818

ルーフはカーボン製。
なおリアウインドウ、リアサイドウインドウはスモーク仕上げ。
まさに「ミッション・インポッシブルの劇中車」といった感じです。

L1050815

リアのブレーキキャリパーはこんな感じ(フローティングキャリパーで、対向ピストンではない)。

L1050790

リアトランクには小ぶりのスポイラー(グロスブラック仕上げ)。

L1050791

テールランプ、リアバンパーサイドには「折り目」が設けられ、擬似ロングテール効果が。
おそらくは空気の剥離を容易にするためのデザインだと思われます。

L1050794

「M5」バッジもブラックですね。

L10510799

ショールーム内にあるほかのBMWとは全く異なる存在感を放つBMW M5エディション・ミッション・インポッシブル。

L10501784

ちなみにBMWディーラーの駐車場は「BMWばかり」で、ボディカラーは見事に「ホワイトとブラック」。
以前にBMWジャパンが「ブラックとホワイトの」限定モデルを発売しましたが、その理由もわかるような気がします。

BMWがX5の限定車「ブラック/ホワイト」発売。調べてみるとX5の80%は白黒だった

イカツさの理由の一つとしては「車高」もある模様。
フロントはこんな感じですが、「かなり」落ちていることがわかりますね。

L1050828

リアはこう。
人の目線から見ると「リアフェンダーがリアタイヤに被っている」といっていいほど落ちているように見えます。

L1050827

なおリアフェンダーには「車検対応」のためのモールが装着されますが、これはなぜか「未塗装」。
M5は登録台数が少なく、各ボディカラーごとに「ボディカラー同色塗装」ができなかったのかもしれませんね。

他の画像はFacebookのアルバム「BMWM5 MISSION IMPOSSIBLE」にて公開中。

関連投稿

【動画】BMWがM5を使ったスタントを披露の予定。ツインドリフトを行う予告編を公開

BMWは新型M5のプロモーション動画を立て続けに公開していますが、今回新たにM5を使用したスタント動画を公開。
これは1月9日に公開する「何か今までに見たことがないもの」の予告編ですが、動画では2台のM5がツインドリフトを行う様子、片方もM5がもう片方に何かをドッキングさせようとしている様子がわかります。

BMW M5は「Mモデルで初の」4WDを採用しますが、駆動力すべてを後輪に配分することも可能。
加えて「ドリフトモード」を備えており動画のようなドリフトも可能とされています。
なお、このドリフトモードはフォード・フォーカスRSに搭載された後はメルセデスAMG E63、マクラーレン720Sにも搭載。
意のままにドリフト可能とされているものの、フォード・フォーカスRSでは事故が相次ぐなど「どこまで信用していいのか」は謎のモードでもありますね。

こちらは昨年末に中国は上海インターナショナル・サーキットにてセダンにおけるコースレコードをM5が更新した際の動画、「BMW M5 destroys Shanghai's Circuit Lap Record for a Sedan」。※走行しているパートはエストリル・サーキット
なお上海インターナショナル・サーキットのコースは上海の「上」の字をモチーフとしたもの。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■映画や音楽、本について, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5