>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがブラジル限定にて「ハイラックスGRスポーツ」投入。GRはなんでもアリのブランドに?

投稿日:2018/11/12 更新日:

| トヨタはハイラックスにも「GR」を設定 |

トヨタがブラジル・サンパウロ・モーターショーにて「ハイラックスGRスポーツ」を公開。
このハイラックスGRスポーツは、ブラジルにとって「初の」GRとなるそうですが、おそらくハイラックスにGRが設定されるのもこれが「初」だと思われます。

画像を見るとスポーティーなフロントバンパーにGRカラーのグラフィックやアクセント、そしてフロントグリルの大きな「TOYOTA」エンブレムが目を引くところですね。

トヨタ・ハイラックスは日本でも絶賛発売中

なおハイラックスは昨年に「13年ぶり」に日本市場へ投入されたことで大きな話題に。
グレードは「X」の3,267,000円、そして3,742,200円の「Z」。
エンジンは150馬力の2.4Lディーゼルのみで、全長5335ミリ、全幅1855ミリ、全高1800ミリという大きなボディサイズを持っています。

ランドクルーザー・プラドがマイチェン。加えて「ハイラックス」13年ぶりに国内投入、FJクルーザーに最終版も

年間販売目標は2000台と低めながらも受注はその「1.5倍」を短期間で集めたとされ、しかし関西だとまったくハイラックスを見ることができる販売店も試乗できる販売店もなく、かなり購入に関する敷居の高い車でもありますね(さすがに他のトヨタ車からハイラックスの乗り心地や使い勝手を想像するのは難しく、乗らずには買えない)。

トヨタ・ハイラックスまさかの大人気!発売後二ヶ月で年間目標の1.5倍の受注を獲得

それはともかく今回の「ハイラックスGRスポーツ」ですが、さらにホイールアーチの装着によってワイド感が強調され、サイドステップとリアにはロールバー、17インチホイールも装着。

toyota-hylux (4)

サスペンションもチューニングし直されてステアリングシステムも「よりスポーティに」変更されていると発表されており、GRの名に恥じないパフォーマンスを見せてくれそう。

エンジンは2.8リッターディーゼルで出力は174馬力、トランスミッションは6AT、駆動方式は4WD。

トヨタ・ハイラックスGRスポーツのインテリアはこうなっている

ハイラックスGRスポーツのインテリアはブラックレザーを基調としており、レッドのステッチやGRバッジが専用装備として付与(この車両にはシリアル0001が付与)。

toyota-hylux (3)

ヘッドレストには「GR」の刺繍入り。

toyota-hylux (5)

メーター他、エンジンスタート/ストップボタンもGR専用に。

toyota-hylux (1)

このハイラックスGRスポーツには実際にブラジルのみで販売され、ボディカラーは三色、そして限定台数は420台、とのこと。

現在トヨタは「GR」を世界中にて展開中ですが、なぜかアメリカでは「GR」が受け入れられず、かわりに「TRD」を推している模様。
ですがブラジルでは「GR」を押し通すようで、これからもほかのGRモデルが投入されたり、このハイラックスGRスポーツが日本へと導入されるのも期待したいところですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5