>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

アストンマーティンが自社で直6エンジン開発中とのウワサ。「メルセデスAMGのエンジンを使用するのは一時しのぎだ」

投稿日:2018/12/19 更新日:

今後のアストンマーティンは直6とV12でゆく?

英国Autocar報じるところによると、アストンマーティンは現在直6ターボエンジンを開発中、とのこと。
現在アストンマーティンが使用するエンジンは自社製のV12ツインターボとメルセデスAMGから供給を受けるV8ツインターボの2種。

そして今回報じられる直6エンジンは、このうちのV8ツインターボに代わるものだとされ、「ハイブリッド+直6」という組み合わせでの使用を想定している、と報じられています。

アストンマーティンは今後どのモデルに直6エンジンを搭載する?

そしてこの「直6+ハイブリッド」はアストンマーティン初のクロスオーバー「DBX」にも採用されると見られますが(もちろんほかにもエンジンの選択肢はあるはずで、デビュー当初はV8搭載となる予定)、もしかするとDB11やヴァンテージがフェイスリフトを行う際に搭載される可能性も。

加えて気になるのはアストンマーティンが今後発売するであろう「ミドシップシリーズ」。
これらについてはV6エンジン搭載だと報じられたことがあるものの、アストンマーティンのように車種が少ないメーカーが「V6と直6とを」持つのはかなり無駄があり、本当に「直6エンジンを開発中」なのであれば、これらミドシップもV6ではなく「直6」の可能性が高そう。

ただしミドシップに直6を搭載するとロールセンターは「中央寄り」となるものの、縦方向に長いスペースを要することになり、これは当然運動性能をスポイルする可能性が出てくるものと思われます。

直6エンジンはアストンマーティン自社開発と言われるが

話を直6エンジンに戻すと、このエンジンは「アストンマーティン自社開発」と言われています。
現在アストンマーティンとメルセデスAMGとはパートナーシップ契約を結んでおり、これはエレクトロニクス関係そしてエンジンの供給をメルセデスAMGがアストンマーティンに行う、というもの。

そのため現在DB11、ヴァンテージはメルセデスAMG製のV8エンジンを搭載しているわけですが、エレクトロニクス関連もメルセデスAMGと良く似た操作系を持っています。

L1060378

そしてメルセデス・ベンツも最近直6を復活させたばかりで、順当に考えると「アストンマーティンは、自社でお金をかけて直6エンジンを開発するのではなく、メルセデス・ベンツから直6エンジンの供給を受けるのが効率的」。

しかし報道によると、アストンマーティンは「メルセデスAMGからのエンジン供給はあくまでも一時的なもので、自社でエンジンを開発する」と述べているとされ、現在のメルセデスAMG製エンジンについても「あと数年の命」と語っている模様。

おそらくこの直6エンジンは現在アストンマーティンの持つV12エンジン(DB11とDBSスーパーレッジェーラに搭載)を半分に割ったものとなるとも考えられ、そうなれば「それはそれで」長さが同じになるので、車体側の設計も効率化できるのかもしれない、とは思います(同じモデルで”直6ターボ+ハイブリッド””V12ツインターボ”搭載モデルを用意でき、かつ「V6やV8」と「V12エンジン」との互換を持たせるよりも簡単に積み替えができる)。

L1060386


この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5