>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリにリコール二連発。488ピスタ、J50、ラフェラーリ・アペルタ、812スーパーファストが「燃える」可能性。もう一件はGTC4 Lussoの「ドアが開かなくなる」

投稿日:2019/03/12 更新日:

フェラーリはもともとリコールが非常に少ない。スーパーカーが燃えるのは「お約束」だが

フェラーリが珍しく(日本で)リコールを届け出。
今回は二件届け出られており、一件目は「燃料蒸発ガス発散防止装置」、二件目は「ドア開閉装置」。

「燃料蒸発ガス発散防止装置」 については”最悪の場合は火災に至る”、「ドア開閉装置」については”ドアが外から開けられなくなる”可能性が指摘されています。

ここでそれら詳細を見てみましょう。

「燃料蒸発ガス発散防止装置(ベーパーセパレーター )」 は接合不十分

まずは「 燃料蒸発ガス発散防止装置(ベーパーセパレーター )」 ですが、対象は合計589台とかなり多く、その内容は下記の通り。
改善措置としては「 全車両、ベーパーセパレーターを良品に交換する 」と届け出ていますが、まだ部品の手当てができていないようで、リコール開始日は「準備でき次第」。

ちなみにこの不具合が発見されたのは1件のみ、事故はゼロ。
ただし自体の重要性を鑑み、リコールに踏み切ったのでしょうね。

燃料蒸発ガス発散防止装置において、蒸発した燃料を液体と気体に分離す るベーパーセパレーターの接合が不適切なため、接合部の強度が不足しているものがある。 そのため、そのまま使用を続けると当該接合部が剥離し、燃料蒸発ガスが 漏れ、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

国土交通省
写真の説明はありません。

なお、対象車種は下記の通りで合計台数は589台。
812スーパーファストがけっこう売れていて、ラフェラーリアペルタは期間中に1台しか登録がないのには驚きです。

モデル台数製作期間
フェラーリ488GTB
フェラーリ488スパイダー
フェラーリJ50
355台平成29年11月10日~平成30年10月9日
フェラーリGTC4 Lusso57台 平成29年11月20日~平成30年8月30日
フェラーリGTC4 Lusso T48台 平成29年11月17日~平成30年10月8日
フェラーリ488ピスタ19台 平成29年11月17日~平成30年10月8日
フェラーリ812スーパーファスト109台 平成29年10月31日~平成30年10月16日
ラフェラーリ アペルタ1台 平成29年11月10日~平成30年10月22日

「ドア開閉装置」はケーブルの配線が不適切

そしてもう一件の「ドア開閉装置」ですが、ドア開閉の頻度によってはケーブルが断線してしまうようで、詳細は下記の通り。
実際にこの問題が生じたのは4件、事故はゼロ。

左右ドアのドアロック装置において、ドアを外側から開けるための ケーブルの配策が不適切なため、ケーブル固定部に過大な負荷が かかるものがある。そのため、ケーブル固定部が破損し、ドアが外側から 開けられなくなるおそれがある。

国土交通省
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

対策としては左右度のケーブルを対策品に交換するほか、ケーブル固定具を取り付けて負荷のかからない配線とするほか、ドアロックを新品に交換する、とのこと。

なお対象となるのはフェラーリGTC4 Lusso / フェラーリGTC4 Lusso Tの2モデルのみで、合計212台。
製作期間はGTC4 Lussoが平成28年7月25日~平成30年10月24日、GTC4 Lusso Tでは平成29年3月3日~平成30年12月7日。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5