>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリP80/C発表!目的は「究極のパフォーマンス」、フェラーリのワンオフモデル史上もっとも長い時間をかけて作り上げた「これ以上はない」エクストリームな一台

投稿日:

ベースはフェラーリ488GT3、タイムを出すこと以外は考えていない

フェラーリがスポーツ・プロトタイプ・コンセプトとして「P80/C」を発表。
これは顧客の要望によって作られた一台限りの完全ワンオフモデルであり、顧客とフェラーリとがガッチリとタッグを組んで作り上げた「フェラーリ史上もっともエクストリームなクルマ」、かつサーキット走行専用としてのリリースです。

なお開発スタートは2015年とされ、このP80/Cはフェラーリのワンオフ史上、もっとも開発に時間がかかったモデル、とも公表されています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

デザインはフェラーリ自社、そして330P3/P4、ディーノ206Sをイメージ

そしてフェラーリP80/Cのデザインはフラビオ・マンゾーニ氏率いるフェラーリ・スタイリングセンターの手によるものだと紹介されています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

フェラーリP80/Cのインスパイア元は、フェラーリにおいてもっともアイコニックなレーシングカーとも言える330P3/P4、そしてディーノ206S、250LM。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外
こちらはフェラーリ330 P3 / Ferrari.com

通常のワンオフモデルについて、そのデザインの過程においては現行フェラーリの各モデルを「再解釈」することから始まるものの、今回のP80/Cについては全く異なるアプローチを採用していて、 というのもフェラーリP80/Cはもともとロードカーとして考えられておらず、その目標は「究極のパフォーマンス」。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外
こちらはフェラーリ330 P4 / Ferrari.com

そこでベースに選ばれたのがフェラーリ488GTBのレーシングバージョンである488GT3ですが、ここに330P3/4や、ディーノ206Sのイメージを反映させるべくフロントグラスからサイドウインドウまでを「ラップアラウンド」デザインとしています。※通常のワンオフモデルはロードカー前提で、なんからの再現したいイメージが先にあり、そこからプロジェクトが進むものの、P80Cは”パフォーマンスありき”で、そこからデザインが考えられた

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外
▲下半分がブラックなのが80年台のフェラーリっぽい

ちなみにこの「ラップアラウンド」デザインは日本限定モデル「J50」や、それ以前のワンオフモデル「458MMスペチアーレ」でも採用されていて、フェラーリはスペシャルモデルにおいて、このデザインを好んで用いるということもわかりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外
こちらはDino 206S / Ferrari.com

そして、ラップアラウンドデザインよによって実現されるのが、往年のレーシングカーに採用されている「バブル形状キャノピー」っぽい印象であり、かつ「コクピットが車体中央に位置している」という視覚的効果も演出可能。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、エンジンフード上に用いられるシルバーのルーバーはアルミ製で、これもフェラーリ330P3、330P4をイメージしたもの。
P80/Cのボディは全てカーボンファイバーだそうですが、この部分は「あえて」アルミを使用することで「オマージュ」を捧げているということになりそうですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そしてヘッドライトは「レス」となり、フロントバンパー先端には2つのエアインテークが見られ、これは330P3、330P4のメイングリルの脇に見られるインテークを再現したもの。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

面白いのは「テールランプ」で、これはフロントのエアインテークを同じ形状の中にランプ類を埋め込んだデザインを持っています。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、リアエンドは「カタマラン・スタイル」と表現されており、一般に「カタマラン」とは双胴船を指しますが、フェラーリP80/Cの場合はリアフェンダーから続く左右のテールランプ部をを称しているのかもしれません。

写真の説明はありません。

リアセクションは大きく作り変えられて「完全にエンジンが露出する」構造を持ち、Xボーンによる補強が入ります。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

この画像を見るに、モノコックの前後上半分を切り離し、スペーフレームによる構造へと変更しているようですね。

写真の説明はありません。

リアディフューザーの両端には翼端が設けられ、これは488ピスタと同じ構造。
もしかするとこのP80/C開発の段階で得られたノウハウが488ピスタにもフィードバックされたのかもしれず、そうだとするとフェラーリにおけるすべての活動(モータースポーツ、市販車、ワンオフ車両製作)が密接に関わっており、会社そのものが一つの目的のために機能しているということになりそうですね。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

コクピットはもちろん「サーキット仕様」。
エアコン(送風だけかもしれませんが)吹出口については、488GTBに採用されている「ルーバー」、812スーパーファストやポルトフィーノ、F8トリブートに採用される「ラウンド型」両方が混在しています。

フェラーリは(ロールスロイスやブガッティとは異なり)ワンオフモデルについて価格を公表することはなく、よってこのフェラーリP80/Cの価格も未公表。

VIA:Ferrari

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5