>その他アメリカ車 ■ニュース

パワーウエイトレシオは0.7!世界最速を標榜するSSCトゥアタラが実際に走行する動画を公開

投稿日:2019/04/03 更新日:

| 市販車が時速300マイル=483キロの壁を破る時代がついに来る |

SSC(シェルビー・スーパー・カーズ)ノースアメリカが発表したハイパーカー、「トゥアタラ」。
最大(レース用ガソリン使用)で1750馬力を発生するハイパーカーで、そのエンジンは5.9リッターV8ツインターボを採用。

すでにその美しいエンジンは開発テストを終えているようで、画像や動画も公開されていますね。

SSCトゥアタラのパワーウエイトレシオはおそらく世界最高

トゥアタラは電子制御式のマニュアル・トランスミッション「ロボティクス・シフト・システム」を持ち、車体の基本構造やホイールはカーボン製。
そのため重量は1247キロと非常に軽く、ケーニグセグ・アゲーラの1330キロよりも軽く、つまりレース用ガソリンを使用した際の1750馬力字もちろん、通常ガソリン使用時の「1350馬力」状態でもパワーウエイトレシオは1以下ということになりますね。

そして今回SSCは動画を日本公開していて、一本目はシャシーダイナモでテストを行う動画。
二本目は実際に峠を走っている動画となっています。

写真の説明はありません。

ドアはこんな感じで大きく開き、ルーフ部分まで一気に開くので乗降は用意なのかもしれませんね(車高は1.1メートルだとされ、ランボルギーニ・アヴェンタドールよりも低い)。

SSCノースアメリカは「トゥアタラ」で世界最速に挑む

SSCはこのトゥアタラにて300マイル、つまり時速483キロを超えて世界最速を記録すると主張していますが、SSCは2007年にも「アルティメット・エアロ」にて412.27km/hにてケーニグセグCCR、ブガッティ・ヴェイロンの持つ記録を塗り替えており、つまりは「実績のあるメーカー」。

やはり世界最高速を記録した「ヴェノムGT」をリリースしたヘネシーも、その最新モデル「F5」にて時速300マイルを超えると息巻いていて、世界最速はもはやとんでもないレベルに達しそうでもありますね(ブガッティが最高速追求を中止し、ブランドシフトを行ったのも無理はない)。

なお、SSCはすでにトゥアタラの受注を開始していて、その限定枠は「100台のみ」。
価格については不明ではありますが、最近のハイパーカーだけに当然「億」というプライスタグを掲げることになりそうです。

VIA: SSC North America via YouTube

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5