>アウディ(Audi)

アウディA4がフェイスリフト。最新ランプとバンパーデザイン採用、内装ではインフォテイメントシステムとメーター表示が最新に

投稿日:

| 変更内容は大きくないが、これらによって見た目やインターフェースは一気に「最新モデル風」に |

アウディがA4ファミリーのフェイスリフト(マイナーチェンジ)を発表。
A4ファミリーはA4セダン、A4アバント、A4オールロード、S4(TFSI/TDI)にて構成されますが、ヘッドライトとフロントバンパーとが変更されたことで大きく印象が変わることに。

なお、ヘッドライトはA1で初採用された「ストロボライン風」デイタイムランニングランプが与えられていますね。

画像は「S4」ですが、セオリー通りのアルミルックドアミラー、そしてバンパーインサートが与えられています。

アウディの最新デザインはシャープでダイナミック

なお、フロント同様にテールランプそしてリアバンパー形状も変更に。
ちなみにボディカラーは12色がラインアップされる、とのこと。

4aa3affc-2020-audi-a4-29

こちらはS44アバント。
フロントフェンダーにアウディのフォーリングスが見えますが、ほかモデルにこれは取り付けられておらず、オプションなのか何なのか不明です。

5aa50a2b-2020-audi-a4-7

こちらはA4オールロード・クワトロ。
画像だとなんとなくスバルっぽいような、ボルボっぽいような印象も受けるものの、実物は「ちゃんとアウディ」なのだと思います。

18ecf0ab-2020-audi-a4-24

おそらくボディカラーは「RS」モデル専用色のナルド・グレーのように見えますね。

8b64cb5f-2020-audi-a4-25

そしてこちらはA4セダン。

45786a68-2020-audi-a4-4

新型アウディA4はインテリアも大きく進歩

そして新型A4のインテリアにおけるハイライトは新しいMMIインフォテイメント・システム。
アコースティック・フィードバックつきの10.1インチタッチ式ディスプレイを備え、カーナビゲーションの使い勝手が向上している、とのこと。

ac2c4e76-2020-audi-a4-26

なおディスプレイのテーマは3種類から選択できるとしていますが、このあたりメルセデス・ベンツを意識したのかも(いずれBMWも追いかけてきそう)。
3つのうち2つは「アナログ」を再現したもので、最後の一つは「デジタル」表示となるようですね。

f9ed0350-2020-audi-a4-1

日本におけるA4のグレード展開は不明ですが、欧州だと147PSの「A4 35」、227PSの「A4 45 TDI」、187馬力の「2.0 TDI」、241PSの「2.0TFSI」、227PSの「3.0TDI」がラインアップ。

c26f5ec8-2020-audi-a4-38

S4とS4アバントについては349PSの3リッター・ターボディーゼルを採用し0−100キロ加速は4.8秒、最高速度は紳士協定によって250km/hに制限される、とのこと。
なお48ボルトシステムを導入し、これによって電動ターボを駆動することでターボラグを解消している、とアナウンスされています。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5