>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各社業績/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >スバル(SUBARU)

米ではトヨタ86の”わずか”33%がMT。なお日本では86の60%、BRZの74%がMT。S660やロードスターのMT比率は?

更新日:

| 調べてみたら以外な数字が出てきたぞ |

トヨタが北米市場において、「86のマニュアル・トランスミッションの販売比率は1/3」と公開。
これはCarbuzzが報じたもので、トヨタ86のMT比率は33%、カローラ全体ではなんとわずか1%(カローラスポーツだけだと15%)という数字だそう。

トヨタは86のMT比率について「非常に低い」という印象を持っているようですが、むしろぼくとしては「こんなにMTが売れているのか」と驚くことに。

というのも、以前にポルシェ911ですら「MT比率は10%しかない」とコメントしており、シボレー・コルベットだと23%。

つまりカローラスポーツのMT比率はポルシェ911よりも高く、トヨタ86のMT比率はコルベットよりも高いということになり、これは「かなり高い」とぼくは考えています。

米国市場だけ見ると、もはやMTはビジネスとして成り立たない

ちなみにポルシェは、「単純にビジネスとして見たときに、10%という数字は、それにかかるコストを正当化できるものではない」とコメント。
つまり10%の比率だと「赤字」ということになりますが、それでもスポーツカーメーカーとしては「求められる限り」「そしてブランドイメージ的に」MTを用意することが(911R発売以降に)重要だという方向へと転換していますね。

なお、トヨタでは「タコマ」と「ヤリス」のMT比率も低く、それぞれ5%くらい。
ただ、同じヤリスでも欧州だと「ほとんどMT」ということにもなりそうで、というのもドイツや英国の新車販売ではじつに80%以上がMTだから(とくに小排気量のクルマほどこの傾向が強いと聞く)。

これは「MTのほうが燃費がいい」という理由だそうですが、現在ではMTより燃費のいいATも多数存在するので、そのうちこの割合も変化することになりそうですね。

日本はMT大国だった

参考までに、日本市場だと86の60%がマニュアル・トランスミッションだとされ、これは相当に高い数字。
ホンダS660では60%、フェアレディZの45%、マツダ・ロードスターの77%、スバルBRZの74%がMTだそう(国内登録全体だと、MTは2.86%しかない)。

写真の説明はありません。

正直この数字はまさに「驚き」で、これだけの人がじつに「ガチャガチャやってる」ということですが、86よりもBRZのほうが14%もMT比率が高いことにもびっくりで、それだけ「BRZ乗りは硬派が多い」ということになりそうですね。

正直言うと、ぼくは「86の80%くらいがATなんじゃないか」と考えていたのですが、思ったよりもずっと多くの人が日米でMTを選んでいるという事実があり、ちょっと嬉しくなった次第です。

なお、ダイハツ・コペン、スズキ・スイフト(スイフトスポーツ含む)のMT比率は20%、アルト(アルト・ワークス含む)だと10%のみがMT、とのこと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連, >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■自動車各社業績/ランキング等, >日産/インフィニティ(Infinity), >マツダ(MAZDA), >スバル(SUBARU)
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5