>日産/インフィニティ(Infinity)

え?これが日産GT-R?GT-Rの地味なインテリアを一気にスポーティー&ゴージャスに進化させたチューナーが登場

更新日:

| カーレックスは過去にも”サムライ風”など何度かGT-Rの内装カスタムを手がけている |

インテリアカスタムのスペシャリスト、「カーレックス」が日産R35 GT-Rの内装をフルカスタム。

よく内装「総張替え」とは言うものの、今回のGT-Rはそれを超える範囲でのカスタムが行われているようで、その雰囲気が激変することに。
それは一体どういった仕様なのかを見てみましょう。

日産R35 GT-Rのインテリアはちょっと古め

日産GT-Rの登場は10年以上も前。
かつGT-Rはその性質上、豪華さとは無縁のクルマでもあります(”エゴイスト”なるグレードは存在しましたが)。

ただ、最近のスーパーカーのインテリアがどんどん豪華かつ派手になってゆく中、それらと同等のパフォーマンスを持つGT-Rにも「豪華な」インテリアを求めるオーナーが少なからずいて、これまでにも何例かGT-Rの内装フルカスタムが紹介されています。

画像に含まれている可能性があるもの:車、テキスト

今回カーレックスが行ったカスタムは、スポーツカーらしく「レッドとブラック」をベースとし、様々な素材や工法を駆使してオリジナリティが追求されたもの。

レザーについても数種類、かつパンチングなど異なる加工が使用され、他にもアルカンターラ、カーボンファイバー、はたまたメタルプレートなどが用いられることに。

写真の説明はありません。

さらには、もともとレザーが張られていないステアリングホイールのセンターパッド、ルームミラー、センターコンソールやダッシュボードにもレザーやアルカンタラが巻かれ、大きく雰囲気が変わっていることもわかりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

かつ、そのデザインは非常に独特。
ストライプや曲線など、多種多様なモチーフが使用され、他にはない雰囲気を醸し出しています。

写真の説明はありません。

メーターパネル周辺やフード、エアコン吹出口もレザー/アルカンタラ巻きに。

写真の説明はありません。

シート表皮のカッティングは非常に複雑。
サイドにはラバータグが縫い付けられ、シート中央のアルカンターラ部分にはパッドとステッチにて段差が再現されています。

なお「///01」も文字はラバープリント、もしくは型押しのように見えますね。

写真の説明はありません。

ヘッドレスト部分には「GT R」のロゴをあしらったメタルプレート。

写真の説明はありません。

ダッシュボードにも「01」の文字。
これは、このデザインを持つ内装カスタム「オンリーワン」を表すようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、靴

センターコンソールはカーボン製。
アームレスト、パーキングレバーもレザー/パーフォレイテッド(穴あき)レザーそしてアルカンタラへと張り替えられ、パイピングやコントラストステッチが用いられています。

そしてシフゲート付近にはやはり「GT R」そしてオンリーワンを証明するプレート付き。

画像に含まれている可能性があるもの:車

トランク内部、そしてトランクフード内張りもオリジナルデザインにてカスタム。

写真の説明はありません。

そしてカーレックスならではの「付属品」。
キーホルダー、キーケースが今回カスタムに使用されたのと同じ素材/カラーにて製作されています。

写真の説明はありません。

そしてバッグも付属。このほか、カーレックスではグローブを同時に作ることも多いようです。

ほかにもある、日産GT-Rの内装カスタム

なお、カーレックスは以前に「サムライ風」として刀の柄(つか)風のパーキングブレーキレバーを持つGT-Rの内装カスタムも披露していますね。

カーレックスが日産GT-Rの内装新カスタムを披露。他の「サムライ風」内装も見てみよう

nissan_gtr_6

そのほか、ブルガリアの「ヴィルナー(Vilner)」が手がけたGT-Rもけっこうなインパクトで話題に。

VIA: Carlex Design

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5