ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー ■新型車情報/スパイフォト/噂など

また中国か。「昼間、ソーラーパネルで充電するだけで」一日50〜70km走れる夢のEV、「ライトイヤー・ワン」登場

投稿日:2019/07/23 更新日:

| その価格は驚きの1500万円。すでに100台が売れているという |

中国の新興メーカー「ライトイヤー」より、世界初と謳う”長距離走行可能な”ソーラー充電EVが登場。
これは常々問題となる「EVの充電場所不足」「アイシング(充電スペースにガソリン車が停まっている)」を解決するもので、車体に設置された合計5平方メートルにも及ぶソーラーバッテリーにて充電を行う、としています。

なお、飛び石や雹などでソーラーパネルが破損しないか心配ですが、ライトイヤーによると「強度の高いガラスで覆われ、大人の男性がその上を歩いても大丈夫」。

最大走行可能距離は725km

そしてライトイヤーによると、これらソーラーパネル経由で「オランダの夏であれば、一日で充電できる電力にて」50−70キロの走行が可能とのこと。
ただし充電時間や必要な照度は不明です。

aa0bff10-lightyear-one-6

なお、パワートレインについても現時点では「謎」で、しかしインホイールモーターを持ち、バッテリーサイズは「比較的小さい」。

フル充電を行えば725キロもの距離を走ることができるとしていますが、太陽光だけでバッテリーをフル充電するのは難しく、しかし230V電源を使用すれば、一晩で「400kmぶんの」電力を充電できる、とも(こちらも充電に要する時間はわからない)。

62916c8e-lightyear-one-7

あまりに謎が多いEVではありますが、ライトイヤーによると、「その長い走行可能距離を実現できる理由のひとつは”エアロダイナミクス”」。
まだまだテスト中としながらも、現時点でのcd値は0.2だとされ、これはエアロホイールやデジタルサイドミラー、リアタイヤを覆うスパッツによって達成されるもの。

ef17086c-lightyear-one-2

なお、cd値の低いクルマだとアウディA4が0.23、トヨタ・プリウスが0.24、そしてコンセプトカーではありますが、変形によって空気抵抗を引き下げることができるメルセデス・ベンツ・コンセプトIAAで最小0.19。

9c71757f-lightyear-one-5

現時点ではプロトタイプのみの公開となり、実際の発売は2021年とされるものの、すでに100台は販売済みで、残る受注枠は400台のみ。
なお、価格は約1500万円、とのこと。

中国政府は「EV推奨」政策を取っており、EVを購入する消費者はもちろん、EVを製造する側にも(一定の基準を満たせば)優遇措置があるとされ、そのために相当数の新興EVメーカーが出てきている状態です。

そのうちどれくらいが実現できるのかはわかりませんが、まずは状況を見守るしかなさそうですね。

なお、EVの充電方法で「変わり種」はいくつかあり、今回の「ソーラー」のほかにもマイクロタービンを利用したテックルールズ、液体を活用したナノフローセルといったメーカーも存在します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->中国/香港/台湾の自動車メーカー, ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5