>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

これはもうバッグ界のスーパーカーだ!ランボルギーニともコラボする高級バッグメーカー「テクノモンスター」のスーツケースを買ってみた

更新日:

| アルミ+カーボン+レザー、そしてリベットまでイタリア製 |

さて、イタリアの高級バッグ/家具メーカー、「テクノモンスター」のスーツケースを購入。
テクノモンスターは2007年創業の新しいメーカー。
ランボルギーニとのコラボレーションにてスーツケース等を製造していますが、その価格「100万円以上」という製品も珍しくないほど。
創業者はオロビアンコを設立したジャコモ・ヴァレンティーニ氏、そして同氏は「メイド・イン・イタリー協会」会長も務めるということもあってテクノモンスター製品も「イタリアンメイド」にとことんこだわった素材そして仕上げを持っています。

今回はうまいこと80%以上の割引価格で入手できた

今回購入したのは容量45L、機内持ち込み可能なサイズのスーツケース。
希望小売価格は278,000円という高価な製品ですが、GILTのセールにて49,800円となっていたところをすかさずゲット。
このサイズのスーツケースは別途「ポルシェとリモワとのコラボモデル(ぼくの乗っている718ケイマンのボディカラーと同じ)」を使用しているのでとくに購入する必要はなかったものの、この機会を逃すと二度と買う機会はないだろう、と考えたわけですね。

そして、この素材が「アルミとカーボン、レザー」という、ランボルギーニ・ウラカンと高い共通性を持つことも購入の理由のひとつ(ウラカンの基本骨格はアルミとカーボンでできていて、インテリアは”ほぼ”フルレザー)。
もちろん、テクノモンスターがランボルギーニとパートナーシップを結ぶ企業である、というのも大きく影響しています。

テクノモンスターのスーツケースはこんな感じ

テクノモンスターのスーツケースにはいくつかのタイプがあり、中には「フルカーボン」「フルチタン」といったものも。
今回購入したものは「アルミ+カーボン」というシェルを持っています。

L1180073

とにかくあちこちにこだわりが見られる製品であり、ロック部分もアルミの削り出し。

L1180045

シェルには立体的なプレス加工。

L1180055

ハンドルの「指の内側」に当たる部分は手触りの良いラバーが別体パーツにて。

L1180053

リベットに至るまで「メイド・イン・イタリー」(実際にすべてのパーツがイタリア製だそう)。

L1180057

サイド、トップのハンドルにはレザーが巻かれ、手縫いによるクロスステッチが施されます。

L1180050

こちらはトップハンドル。

L1180048

アルミ素材は航空機グレードで「イタリア製」。

L1180067

カーボンファイバーも「イタリア製」。

L11800661

シェル下部はヴィジブルカーボン。

L1180058

開閉ヒンジ部はカーボンクロス。
これは最近ランボルギーニの内装にも使用されていますね。

L1180056

キャスターアームはアルミの削り出し、キャスターはクッション性の高い静音キャスター。
ちなみにキャスターアーム、キャスターの軸受にはセラミックボールベアリングが使用されており、異常に軽く、そしてくるくる回ります。

L1180059

付属するタグにも上質なレザーが使用されています(バックルもゴツい専用品で、汎用パーツは使われていない)。

L1180069

スーツケースを開くと、左右のシェルそれぞれにはジッパー開閉によるネットつき。

L1180065

当然ながら裏地もテクノモンスター専用。

L1180063

テクノモンスター製スーツケースの印象は?

このスーツケースの印象についてですが、「重いな・・・」というもの。
あまりにこだわった削り出しパーツ、各部の剛性強化の結果だと思われますが、このサイズのスーツケースとしてはかなり重い部類なのは間違いない、と思います。
よって、書類や電子機器など「さらに重くなるもの」を入れることが多い人は、機内持ち込みにせよ、預け入れにせよ、「重量オーバー」には要注意かも。
そして階段での移動が多い人もちょっと使いにくいだろう、という印象です。

L1180044

そしてジッパーにはかなり高いレベルの防水ジッパー(IPX7くらい?)が使用されていて、そのためにジッパーの開閉が非常に困難。
床にスーツケースを置き、しっかり手や脚で固定してからゆっくり、ちょっとづつでないと開閉できず、頻繁に開閉を行う人にはかなり不便だと思われます。
自宅からホテルの部屋まで「開閉しない」ような状況でないと面倒なことになるだろうなという印象もあり、これらは「こだわりすぎ」の弊害かもしれませんね。

L1180051

ただ、スーパーカーも「こだわるあまり」日常性を失っているのも事実ですし、ウラカンのポップアップ式ドアハンドルのように「使いにくい」部分があるのもまた事実。

ですが、それらもまた「究極の目的のために、取捨選択を明白にした」結果であって、そのために得られるものを考慮すれば”それくらい、どうってことはない”とぼくは考えていますし、むしろ妥協の産物のようなクルマには乗りたくない、とも。

そのあたり鑑みると、テクノモンスターのスーツケースは、「妥協を排したスーパーカーのような」製品であるとも言え(ぼくはそれを支持したいと思う)、そこがランボルギーニとのコラボというところに繋がったのかもしれませんね。

そして、スーパーカーが多くの時間をガレージ内で過ごすのと同様、このスーツケースも人生のほとんどを部屋の中で過ごし、しかしそのオーナーに視覚的な満足感と充足感を与える、といったたぐいの製品なのかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他), ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5