>テスラ(TESLA) ■その車関連のネタなど ■ニュース

テスラ・モデル3の内装がレトロになったッ・・・!EVなのに昔風な内装カスタムを施したチューナーが登場

投稿日:2019/12/12 更新日:

| ヴィルナーはどんなカスタムも自由自在 |

ブルガリアの内装チューナー、ヴィルナー(Viler)がテスラ・モデル3のインテリアをカスタム。
面白いのはその仕上げが「レトロ」なことで、EVというクルマの性格との対比がなんとも面白い、と思います。
使用されているのはブラックレザーにウッド、ターコイズっぽいブルーの千鳥格子にヴィンテージ調のレザー。
なお、千鳥格子部分には天然素材が用いられ、ウッドももちろん天然、そして皮革は「エコレザー」を使用していると紹介されており、つまりは「エコ内装」を持っているということになりますね(この部分は”EV”としっかりマッチ)。

ヴィルナーによる”カスタム”モデル3はこんな仕様を持っている

ここでヴィルナーのカスタムしたテスラ・モデル3の内装を見てみたいと思いますが、まずは全景。
ダッシュボードに設置された大型タッチ式液晶ディスプレイとの対比がユニークです。

tesla-model-3-by-vilner (5)

フロントシートはこう。
この千鳥格子の「柄の大きさ」がなんともオシャレですね。

tesla-model-3-by-vilner (3)

こちらはリアシート。
シートベルトにもブラウンが採用されており、このあたりのカラーコーディネートは「さすが」と唸らされます。

tesla-model-3-by-vilner (6)

サンバイザーはヴィンテージレザー、ルーフ、そしてピラー内張りはターコイズ。

tesla-model-3-by-vilner (4)

そしてターコイズ部分はざっくりしたレトロな質感。

tesla-model-3-by-vilner

ウッドパネルはマットな仕上げを持ち、木材の凹凸を生かしたフィニッシュ。
最近は「ニスでピカピカ」に仕上げたものではなく、天然木の風合いを生かした「ちょっとデコボコな」パネルが使用されるケースが増えているようです。
ぼくはこういった風合いが大好きで、機会があればこういったトリムを選んでみようと思います(ポルシェは911でもこういったオプションが用意されている)。

tesla-model-3-by-vilner (7)

ヴィルナーはほかにもこんなカスタムを手掛けている

なお、リマックの市販車第一号、「コンセプト・ワン」の内装はヴィルナーが手掛けている、とのこと。
第二号となるC_Twoについてはヴィルナーが関与するのかどうか不明です(C_Twoは”量産”モデルなのでヴィルナーでは対応できないのかも)。

rimac7

内装スペシャリスト、Vilnerはこんなレアなクルマもカスタムしていた!リマック・コンセプト・ワンetc.

こちらはレトロなBMW M3。

1990-bmw-m3-by-vilner (3)

内装チューナーがBMW M3をカスタム。非レザーを使用した新感覚インテリアに

そして「レトロ」以外にも、こんなレーシーなカスタムも得意ワザ。

え?これが日産GT-R?GT-Rの地味なインテリアを一気にスポーティー&ゴージャスに進化させたチューナーが登場

VIA: Vilner

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA), ■その車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5