>ロータス(Lotus) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

あのゴリラウォッチが新作腕時計を2本発表!ロータスをモチーフにした”エリーゼ”、初代の復刻版”スペクター”ともに即完売しそうだ

投稿日:2019/12/16 更新日:

| 今後も”アイコニックなクルマやブランド”をモチーフにした腕時計が登場しそう |

2018年に突如市場に登場したゴリラウォッチ。
この新生腕時計ブランドは、元オーデマピゲにて「ロイヤルオーク・オフショア」をヒットに導いたオクタヴィオ・ガルシア氏、ルーカス・ゴップ氏の2名が立ち上げたものですが、車好きに訴求するための「デザイン」「素材」にこだわり抜き、現在のところ破竹の快進撃を見せています。

デザインモチーフは「アメリカンマッスル」ほか「ポルシェ」にまで及び、チタンやカーボン、セラミック、アルミニウムといったスポーツカー/スーパーカーにはおなじみの素材が採用されています。

チタン、カーボン、セラミック、アルミetc。最新素材「全部入り」、スポーツカーをイメージした腕時計「ゴリラ」登場

ゴリラウォッチは今後価格を継続的に引き上げる?

そんなゴリラウォッチですが、先日の「メルセデス・ベンツ」とのコラボレーションに続き、新作が2本登場。

あのゴリラウォッチとメルセデス・ベンツがコラボ!「EQ by Mercedes-Benz × Gorilla」が120本限定、22.8万円で発売

ひとつは「FASTBACK GT SPECTRE(ファストバックGTスペクター)」。
これはゴリラウォッチ創業時のファーストモデル、そして即完売となった「ファストバック”オリジナル”」のカラーリングを再現した新シリーズで、(ファストバックに対して)ひとつ上の「ファストバック”GT”」シリーズからのリリース。

gorilla

なお、第一弾となる「ファストバック」と続く第二弾「ファストバックGT」との違いですが、上位シリーズのファストバックGTではインデックスがアプライド(立体)になったり、ムーブメントがちょっとアップグレードされたり、文字盤がスケルトンになったり、ケースバックもシースルーになったりという相違があります。

ちなみにファストバックGTの価格は「ファストバックの倍」ほどに設定され、これは新しいブランドを発足させるに当たり、まずは安価な製品を普及させ、その後徐々に価格を上げてゆくという戦略に基づいたものだと考えられます。
実際のところ、今回のファストバックGTスペクターは、以前のファストバック・オリジナルの後継的位置づけながらも、上級移行されることで価格が倍に。
よって今回のサンプル同様、今後ゴリラウォッチはどんどん価格を引き上げることも予想できます。

1213_Gorilla_12

今回のファストバックGTスペクターについては、ファストバック・オリジナルの「レッドとブラック」「チェッカー模様カーボンケース」を引き継ぎながらも、GTシリーズ特有のスケルトンダイヤル、裏スケ、アプライドインデックスを採用。
加えてゴリラウォッチでは「初」となるファブリックを使用したベルト(ハイブリッド・バイトン・ラバー)が採用されています。

ベゼルはマット仕上げのセラミック、インサートはアルマイト(アノダイズド)加工が施されたアルミ、ケースはカーボンファイバー、ケースバックはチタンで構成され、インデックスはロジウムコーティング、時針と分針にはレッドのスーパールミノヴァ塗装済み。

なお、風防そしてケースバックの透明部分はサファイアクリスタルガラスが採用されており、いかに高価になったといえど、コストパフォーマンスとしては「非常に高い」部類の腕時計だと断言できます。

ちなみにムーブメントは日本製の自動巻き、Miyota90S5。

FASTBACK GT DRIFT “ELISEのイメージは「ロータス」

そしてもう一本の新作、ファストバックGT ドリフト エリーゼ(FASTBACK GT DRIFT “ELISE)は見たとおりロータスを意識したデザインを持つことが大きな特徴。
なお、ゴリラウォッチは「それとわかる」デザインやカラーリングを採用しながらも、モロモロの事情からか直接的なブランド名を使用しないようですね。

1213_Gorilla_3

こちらの機会的な特徴は3枚のアワーディスクを搭載した「ワンダーリング・アワー」機構を搭載したこと。
これは複雑時計に分類されるもので、”ドリフト”シリーズの特徴でもあります。

今回「エリーゼ」の価格は発表されていないものの、ドリフト第一弾の価格は580,000円だったので、エリーゼもこれに近いものとなりそう。
なお、同じ機構を搭載したウルベルクの腕時計、UR-210Yの価格は1890万円に設定されており、やはりゴリラウォッチのコストパフォーマンスは驚異的だと言えます。

なお、このエリーゼは世界限定350本。
ドリフト初代モデルは限定250本でしたが、一瞬で完売して「抽選販売」状態となったことを鑑みるに、エリーゼも即完売することになりそうです。

VIA:Gorilla Watch

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロータス(Lotus), ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5