>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタが70/80スープラのパーツ復刻を開始すると発表!供給は2020年春から、これで流用カスタムも捗りそうだ

更新日:

| ただし復刻第一弾パーツはまだまだ少ない。これからに期待 |

トヨタがA70、A80スープラ向けのパーツ供給を再開する、と発表。
これは以前から計画としてアナウンスされていたものの、今回正式に「GRパーツを通じ、日本国内、海外共にパーツを供給する」と発表されています。※GRパーツは「GR」ブランドのチューニングパーツ等の販売を行うブランド

なお、日本では法規的として、パーツの保管期限は”生産終了を迎えた車につき、部品保有期間は「走行に必要なパーツのみ生産終了から10年”と定めており、メーカーとしてはそれ以上の保管「義務」はない状態。
にもかかわらずトヨタがこういった展開を行う背景には「スープラを一つの資産として認識し、今後とも大事に育ててゆきたい」ということなのかもしれません。

パーツ供給開始は2020年から

なお、A70スープラは1986年〜1993年、A80スープラの販売期間は1993年〜2002年なので、両方ともすでに販売終了しているのはもちろん、トヨタとしてはパーツの保管義務もない、という状況。

よってすでにパーツの供給もストップしているわけですが、これら「絶版「パーツを復刻・再生産するのが今回のプロジェクトということになり、実際のパーツ供給開始は2020年春ごろからだとされています。

準備が整い次第、順次TOYOTA GAZOO Racing Webサイトにてその内容が公開されると公表されており、嬉しいのはトヨタディーラーで普通にこれら部品が購入できるようになるところ。

なお、現在のところ復刻を予定しているパーツは下記の通りです。

A70スープラプロペラシャフト、ドアハンドル、フューエルセンダーゲージ、ウェザーストリップ、フロントエンブレム
A80スープラヘッドランプ、ドアハンドル、ブレーキブースター
Toyota-Supra-A70-A80-Parts-3

ほかにはこんな「復刻」パーツも

そして現在各自動車メーカーが力を入れているのが「復刻」パーツの供給。
過去の車の価値を維持向上させることは、遠因としてブランド価値を高めることになり、これによってより高くクルマを販売することが可能に。
これまで日本の自動車メーカーはこういったことには無関心であったものの、フェラーリやジャガー、アストンマーティンのように「過去を大事にすることは未来につながる」と認識し、こういった方向に向けて動き始めたのかもしれません。

日産がR32/R33/R34世代のGT-R向け復刻パーツをさらに追加!今回はエンジンブロック、シリンダーヘッドも登場

そしてホンダは「ビート」の復刻パーツも供給開始。

ホンダがビートのパーツ供給を拡大し25部品が追加に。いかに過去の車の価値を維持するかが今後は重要

日本でこういった「パーツ復刻」「復刻」を始めたのはマツダが最初ですが、マツダは「ロードスターは、クルマという枠を超えた文化である」とも述べていますね。

初代NAマツダ・ロードスターの復刻プロジェクト。4台目のレストアはワイヤスポークホイールにNBロードスターのグレー幌

VIA:Toyota

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5