>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ(Lamborghini) ■ニュース

中国にて史上まれに見る高級車詐欺発生!「31歳の女がフェラーリなど1000台を借り、それを担保に16億円を借りてそのまま逃げた」

投稿日:2020/01/26 更新日:

| とうてい日本では考えられない犯罪だが |

さて、NEWSポストセブンによると、中国にて「フェラーリ、ランボルギーニなどの高級車約1,000台(!)をレンタルし、それを担保に”わかっているだけで”約16億円ものお金を借り、しかもそれを踏み倒した」という史上例を見ないスケールの犯罪が発生した、とのこと。

この報道によると、犯人は浙江省出身の31歳女性。
名字が「呉」ということだけしかわからず、現在逮捕に至っていないそうですが、これら高級車はレンタカー会社のほか、個人(富裕層)からも借りたものが含まれ、たとえば上海の個人オーナーからは約3360万円の価値があるポルシェ2台を一日約12,800円で借りたという例もあるようです(価格からすると911GT2RSが近いが、中国現地では関税等が入ってもっと高くなるので、911GT2RSではなく911GT3あたり、もしくはカイエン・ターボやパナメーラ・ターボかも)。

レンタカー会社だけではなく個人オーナーも容疑者にフェラーリを貸していた

そしてこの2台のポルシェについては、”レンタル代として”容疑者の女から定期的にオーナーの元へと振り込みがあったそうですが、その後支払いがなされなくなり、しまいには連絡が取れなくなることに。
そこでこのオーナーは車両に内蔵されたGPSにてその所在を特定したところ、浙江省は杭州に一台、台州に一台が存在していることが判明。
さらに別のオーナー(こちらはフェラーリを貸していた)も同様に支払いがなくなったために車両を探したところ、台州内の倉庫に保管されていることがわかったしたそうです。

ただしここからが問題で、その倉庫を所有するのはローン会社の代表で、容疑者の女がそれら倉庫内のクルマを担保にローン会社からお金を借りているわけですが、もちろんその女がローン会社にお金を返さない(というか最初から返す気がない)ために(ローン会社が)クルマを差し押さえているというのが現状です。

そしてそのローン会社としては「クルマの所有権が誰にあろうと、カネを返さなければクルマも返さない」としていて、こちらの言い分としてもまた「もっとも」。

そこで気になるのが「なんで他人のクルマを担保に入れてお金を借りることが出来たのか」。
普通に考えると、そのクルマの所有車以外はそれを担保としてお金を借りることは不可能なはずですが、どうやらこの容疑者の女は身分証明書、免許証、車検証などを偽造していて、「身分を偽ってクルマを借り、また自分がそのクルマの所有者だと偽ってお金を借りていた」と報じられています(これについて、ローン会社が「本来注意すべきところを、義務を怠った」と突っ込むことはできそうだが、落ち度がなければそれも無理)。

このほかにもロールスロイスなどの高額車両が「担保」に入れられていたとも報じられ、さらにこれらの犯罪に使用された高級車は中国全土で発見されており、しかし「大半は行方知れず(GPSを外されて発見できないクルマもあるようだ)」。
仮にこういった高級車を担保として差し押さえたとしても、正式な所有者は個人やレンタカー会社であり、それらを勝手に売り飛ばすことはできないと思われ、クルマを貸した個人やレンタカー会社、借金のカタに高級車を抑えたローン会社など全員が(容疑者の女を除いて)損するという自体に陥っていて、とんでもない犯罪が発生したものだ、という印象です。※そのうち、これら車両がブラックマーケットにドバっと出てきそうだな・・・

中国では「又貸し」も普通に行われる

この「1,000台」という規模、偽造書類、発見された地域にバラつきがあることなどからして組織的犯行なのは間違いないと思われますが、この背景として、「中国では貸し借りが日常的に行われる」ということも関係していそう。

簡単に言うと、自分が賃貸でワンルームマンションの一部屋を借りたとして、それを「又貸し」するのは日常茶飯事(現地では違法でも、道徳にも反しておらず、商売の一つとして普通に行われる)で、家をローンで買い、それを貸したりするのはもちろん、「ローン含めて」売却することも可能。

こういったところは「貸し借りを好まずシェアリングエコノミーが普及しない」日本と全く異なり、貸し借りに抵抗のない、そして「他人の褌で相撲を取る」のがビジネスの基本とされる中国の特異さが現れた部分なのかもしれません(極言すると、貸すことで利益を得るためにクルマやマンション、不動産、ブランド品を購入する人も多い)。

VIA:News Post Seven

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5