■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

またまた無駄なこだわりを発揮!カシオが新シリーズ「メタルカバードG-SHCOK」GM-6900発売。金属ケースは20以上の工程を経て完成する

投稿日:2020/01/28 更新日:

| やはりG-SHCOKの魅力は”過剰なまでのこだわり”に尽きる |

カシオがG-SHOCKに新製品「メタルカバードGショック」、GM-6900シリーズを発表(発売は2020年2月)。
これは文字通りケース表面をメタル(金属)でカバーした腕時計ではありますが、このメタルカバーについては「プレスでポン」と作ったのもではなく、鍛造・切削・研磨など約20工程を経て精密に仕上げたもの。

カシオは少し前にも「こだわりの緻密すぎる迷彩柄を手作業で刻印した」メタルカモフラージュシリーズ、GMW-B5000TCM-1JR/MTG-B1000DCM-1AJRを発売していて、こちらは「ベルトのコマを詰めたときでも迷彩柄に破綻が出ないよう」に考えられた超のつくほどのこだわりモデル。
こういった”愛すべき”無駄が詰まったのがG-SHOCKという腕時計だということを再認識させられます(どうりで、男にはウケるが女性にはウケないわけだ)。

G-SHOCKがまたやった!手作業にて迷彩柄をレーザー刻印した「メタルカモフラージュGショック」発売。チタン製スクエアモデルGMW-B5000TCM-1JRは期間限定生産?

単にメタルを被せただけのG-SHOCKではない

ちなみに本体構造はこんな感じ。
メタルカバーと本体(ガラス繊維強化樹脂ケース)との接合には「中空構造(わざと隙間ができるフローティング構造)」を採用し、耐衝撃性能を高めているようですね。

img1

そして問題のメタルカバーはこう。
金属の塊をまずはプレスにて「大まかな形をつくり」、そこから切削と研磨を行っています。

img2

そしてこちらがメタルカバードG-SHOCK、GM-6900G-9JF(26,000円/税抜き)。
フロントボタンもメタル、文字盤はミラー加工によってメタル風に、そして反転液晶の文字部分は「ゴールド」。
重量は約96g。

gallery1_l

今回発売されたメタルカバードG、”GM-6900”のラインアップは3種類。
ブラック×ゴールドのGM-6900G-9JFに加え、こちらはG-SHOCKのテーマカラー「ブラック×レッド」を表したGM-6900B-4JF。
ケースはメタルブラック、ベルトはハーフスケルトンのレッド。
価格は26,000円(税抜き)に設定されています。

GM-6900B-4_l

こちらはシルバー×ブラック、GM-6900-1JF。
ちょっと安めの23,000円(税抜き)。

GM-6900-1_l

なお、G-SHOCKでこういったメタルケースを持つものとしては「GMW-B5000」系がありますが、こちらの価格は樹脂バンドで50,000円(税抜)、メタルブレス採用モデルだと60,000円~68,000円(税抜き)なので今回のGM-6900系とはかなり価格差があります。
構造を見るとGMW-5000系も、樹脂製のコアに金属製のカバーを装着している(つまりGM-6900と同じ)ように見えますが、この価格差を見るに、GMW-5000系の「メタルカバー」はまた別の製造方法を採用しているのかもしれません。

g-shock2

G-SHOCK初号機、「5000」のフルメタルバージョンでた!限定にてゴールドも発売

VIA:CASIO

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5