>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

たぶん固すぎて乗れん!ブガッティ・シロンの限定モデル「ピュール・スポール」発表。軽量化に巨大ウイング、価格は3.9億円

投稿日:2020/03/04 更新日:

| おそらくこの性能を開放できる場所は世界のどこにもない |

ブガッティが、ウワサされていたシロンの新しいバリエーション、「シロン・プル(ピュール)・スポール(Chiron Pur Sport)」を発表。
こちらも本来はジュネーブ・モーターショーでの発表を予定していたものですが、ショーの開催中止にともない、オンラインでの発表となっています。

その性格としてはまさに「ドライバーズ・シロン」というべきもので、エアロダイナミクスとサスペンションの改良にてコーナリング性能を高め、さらには軽量化によってビークルダイナミクスも向上。
いわば、「シロンスポーツ」と同じ路線にて、しかしさらに上を目指したクルマだと言えそうですね。

なお、ブガッティには、「SUVやサルーン」などシロンに続く別モデル発売のウワサがあったものの、親会社であるフォルクスワーゲンからの承認が下りなかったと見え、最近では「シロンのバリエーションを拡大する」という方向に動いているようです。

ブガッティCEO「シロンにはもっとバリエーションが必要だ。ディーボの派生モデルも登場する」。SUV計画は撤回し、より投資が小さくて済む”派生モデル戦略”にシフトか

外観を見ると、「シロン・スーパースポーツ300+」に近いフロントバンパーそしてフロントフードを持っていますが、バンパー内左右のエアインテーク形状、ボトムの処理がやや異なる模様。

ブガッティ・シロン・プル・スポーツはこんなクルマ

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (6)

リアもまた独特のデザインを持っており、シロンが持つ可変式ウイングに代え、固定式の巨大なウイングを持っています。
このウイングのステーは「逆台形」、リアバンパーとディフューザーの形状は「台形」となり、テールパイプも独自形状を持つオーバル二本出し(3Dプリントされたチタン製)。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (7)

なお、シロン・プル・スポールに搭載されるエンジンはほかのシロンと共通の8リッターW16クワッドターボ、出力は1500馬力。
ただしその最高出力を発生する回転数は”通常の”シロンよりも200回転高くなっています。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (12)

これは主にギアレシオの変更によるもので、従来に比較して15%ギア比がクロス化。
これによって「途切れなくパワーを引き出せる」ようになっていますが、そこまでシロンのパワーが要求される状況はさほど多くないと思われ、かつシロンのパワーを有効に使えるドライバーも少ないかもしれません。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (9)

もちろんシャシーにも大幅に改良が施され、フロント・サスペンションのスプリングは65%、リアだと33%固められ、アダプティブダンパーの設定も「パフォーマンス寄り」に。
ちなみにシロンスポーツのサスペンションは「10%」の強化にとどまるので、いかにこのシロン・プル・スポールがハードであるかがわかります。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (5)

なお、装着されるホイールは標準よりも16キロ軽量だと公表されており、かつエアロダイナミクスを追求することでブレーキの熱を放出するベンチレーション効果を持たせた、とのこと。
最近はこういったエアロ形状ホイールを持つ車両が増えていて、これから一つの流行となるのかもしれません(ポルシェ・タイカン、新型メルセデスAMG E53も同様)。
装着されるタイヤはミシュランによってブガッティ専用に開発された「ブガッティ・スポーツカップ2R」。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (4)

かつてシロンは「タイヤが限界を迎えるため」にそのポテンシャルを十分に発揮できないとされていましたが、少し前にその問題を解決するタイヤが開発され、実際に500km/h近い速度を達成していますね(これでもう死角はなくなった)。

今まで全力で走れなかったブガッティ・シロン。ミシュランが「シロンのパワーに耐えられるタイヤ開発に成功」との報道

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (15)

参考までにタイヤサイズはフロントが285/30 R20、リアはこんな太さ見たことがないという355/25 R21。
ブレーキシステムも刷新され、パッドにはチタンベースの新素材、そしてローターは「軽量品」が使用されているようです(ブレーキシステムで3キロの軽量化)。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (13)

リアウイングは各国の法規を考慮してか、あまり後ろには出っ張っていないものの、代わりにディフューザーはけっこう「突き出して」いる模様。
タイヤハウスとタイヤとのクリアランスを見るに、かなり車高を落とされているようです。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (11)

なお、このシロン・プル・スポールは16台のみの限定生産にとどまる、とのこと(フロントのホースシューグリルの数字がシリアルナンバーとなるのかも)。
価格は約3億9000万円とアナウンスされていて、非常に高価ではありますが、もともとのシロンの価格が3億5000万円程度であることを考えるに、けっこう「お買い得」なのかもしれません。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (14)

新型ブガッティ・シロン・プル・スポールのインテリアはこうなっている

こちらはシロン・プル・スポールの内装。
マットカーボンにフレンチブルーのアクセントが見られます。
そのほか、通常のシロンだと「アルミニウムのポリッシュ仕上げ」となるところが「マットブラック仕上げ」となり、凄みを演出しているようですね。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (8)

そして全体的に見てもやはりブラック。
レザー、カーボン、アルカンターラがふんだんに使用され、スイッチやセンターマーク、シートのステッチなどにブルーが効果的に使用されているという印象です。

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (3)

パドルやペダルまでもがブラック仕上げとなっていて、これは少し前に発表されたシロンのスペシャルバージョン、「シロン・ノワール・スポルティブ」にて用いられた手法を転用したものだと思われます。

ブラックが加速する!ブガッティが「どこまでも真っ黒な」限定シロン、シロン・ノワール・エレガンス」「シロン・ノワール・スポルティブ」を発表。その価格3.7億円

Bugatti-Chiron-Pur-Sport (2)

VIA: Bugatti

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5