>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

【試乗:メルセデスAMG CLA45 S】世界一パワフルな4気筒エンジンはダテじゃない!シャープでソリッドな新世代ハイパフォーマンスカー

更新日:

| ある意味ではもっともコストパフォーマンスの高いメルセデスAMGか |

さて、メルセデスAMG CLA45 4MATIC+に試乗。
CLA45 4MATIC+は「4気筒エンジン史上最高の」出力である421馬力を発生するM139型エンジンを搭載したクルマ。
このエンジンはもちろんAMG伝統の「ワン・マン、ワン・エンジン」という思想に則り、一人の熟練した職人が責任を持ってそのエンジンを組み立てられています。

加えて駆動方式にはトルクベクタリング4WD「4MATIC」を採用し、前後駆動力配分は100:0〜50:50。
ただしオプションの「AMGダイナミック・プラス・パッケージ」を装着することで駆動力を後輪のみに切り替える「ドリフトモード」の使用が可能となります(ドライブモードを”Race”に入れる必要がある)。

トランスミッションに8速デュアルクラッチ(8速AMGスピードシフト)を採用して0−100km/h加速は3.9秒を誇りますが、これはランボルギーニ・ディアブロVTやフェラーリF430、先代アウディR8 V10、ポルシェ911カレラ4GTS(997)といった、少し前のスーパーカー/スポーツカーと同等のタイムです。

基本的にCLA45は(ハッチバックの)A45と多くを共有しますが、ボディ形状は4ドアクーペを採用し、ボディサイズは4,693ミリ(A45に比較して25センチ位長い)、車幅は1830ミリ(A45と同じ)、全高は1439ミリ(A45より1センチ低い)そして重量は1,675kg(A45よりも50kg重い)。

面白いのはタイヤ幅がA45に比べて1センチ太い255幅となることで、これによってホイール幅も8.5Jから9Jへと拡大しており、数値から推測するに、CLA45はA45に比較して安定志向だということになりそうです。

なお価格は856万円なので、A45の760万円に比較するとけっこう高くなっていますね。

L1012535

メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+の外観はこんな感じ

メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+のエクステリアはまさに「AMG」。
専用デザインを持つフロントバンパーに加え、おなじCLAのAMGモデルであっても「CLA35」には採用が許されないパナメリカーナ・グリルを持ち、最新のメルセデス・ベンツに採用される「シャークノーズ」を採用しています。

L1012532

このシャークノーズの採用によるデザイン上のメリットはけっこう大きいと考えていて、ノーズが「延長」されることにより、コンパクトカーであるにもかかわらずフロントが長く優雅に見えるため(コンパクトカーを無理やり4ドアにしたという印象が薄れる)。

そのほか、ホイールやブレーキキャリパー、2本のパワードームが設けられるボンネットなど、全身全霊で「AMG」をアピールしています。
ちなみにホイールは「メルセデスAMG史上はじめて」エアロ形状が採用されたという新デザインで、ブレーキキャリパーもパフォーマンスにあわせた「6ポット」。

L1012537

リアは全長ギリギリ、「端の端まで」がボディの有効容積で占められていて(つまりリアバンパーの出っ張りがない)、これも数字以上にボディを大きく見せ、かつ車格を上に見せてくれる手法の一つなのだと思われます。

L1012543

メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+の内装はこんな感じ

試乗車のメルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+にはAMGパフォーマンスパッケージが装着されていて、これはAMGパフォーマンスシート(ベンチレーター/マルチコントロールシートバック付き)やAMGパフォーマンスステアリング(AMGドライブコントロールスイッチつき)が装着され、機能面ではAMGパフォーマンスエグゾーストシステム、AMG RIDE CONTROLサスペンションも追加される有償オプション。

さらに「AMGアドバンストパッケージ」として360°カメラシステム、ヘッドアップディスプレイ、アドバンスドサウンドシステム、エナジャイジングパッケージプラス、ツートーン本革シートもプラスされています。

2020-Mercedes-AMG-CLA-45-S-4MATIC+-Shooting-Brake-Interior-Wallpaper-2

なお、ジェット戦闘機のアフターバーナーをイメージしたエアコン吹出口、丸みを帯びた金属調の加飾、アンビエントランプはメルセデス・ベンツ特有の優雅さと重厚さ、高級さを醸し出しているように思われ、他の車ではとうてい体験できないものですね。

2020-Mercedes-AMG-CLA-45-S-4MATIC+-Shooting-Brake-Interior-Wallpaper

メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+で走ってみよう

まずはメルセデスミーのスタッフによる運転で駐車場内を移動し、そこからは運転を交代して自分でステアリングホイールを握ることに。
公道での試乗ということもあり、また安全面の制約もあって多くを試すことは出来ないものの、最近のクルマらしく「低速域や、法定速度内でも楽しめる(スポーツカーが感じられる)」ように味付けがなされているというのが全体的な印象です。

なお、ドライブモードは「Slippery」、「Comfort」、「Sport」、「Sport+」、ドリフトモードが可能となる「RACE」、そして「Individual」。
サスペンションにはAMG RIDE CONTROL(電子制御可変ダンパー)が装着されており、各モードに応じてサスペンションのセッティングが変更されます。

L1012538

実際に走り出して「おっ」と思うのが出だしの良さ。
トランスミッションが8速ということで低速域(低いギア)での加速を強調しているのだと思われますが、これは街なかでは非常に乗りやすいと感じる部分でもあり、停車状態からの車線変更などには非常に頼もしく思えるところです。

次いで気付かされるのはサウンドの勇ましさ。
SLやCLSでは「電子的に作ったサウンド」をスピーカーから流しているものの、AMG CLA45S 4MATIC+では実際にエキゾーストシステムから発生するサウンドを聞かせているそうで、「一切フェイクなし」。

ここはやはりAMGの良心が感じられるところではありますが、ひと世代前のAMGに比較するとサウンドはちょっと小さめです。
これはおそらく欧州の「騒音規制」に対応したものだと思われ、「仕方がない」ところなのでしょうね。
ちなみにエキゾーストサウンドは、ステアリングホイールのスポークに取り付けられたスイッチひとつでフラップを開くことができ、ドライブモードによらずそのボリュームを大きくすることが可能です。

L1012542

そのほか、先代メルセデスAMG CLA45に比較すると乗り心地がすいぶん向上したように思われ、これはリヤサスペンションがCクラスと同じ4リンクに進化したことが大きそう。

にもかかわらずロールやピッチが少なく、これは先代CLA45はもちろん、AMG E63に対しても優れていると感じられる部分であり、スタビリティが大きく向上しているようですね。
ちなみアダプティブサスペンションの硬さはドライブモードにかかわらず単独でも調整でき、「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の3つから選択可能。

とくに「コンフォート」と「スポーツ」との差はかなり大きく、スポーツにスイッチすると「ぐっと足回りが引き締まる」印象です。
さらに上のスポーツ+だと、マンホールのフタに刻まれた凸凹すらも感じ取ることができるほどの硬さ、そして繊細さを体感できますが、こういった「細かいフィードバック」が感じられるのものこれまでのAMGにはない部分であり(これまでは単に”硬いだけ”という印象もあった)、このあたりは「単にパワフルになっただけではなく、本物のドライバーズカーになったな」と感じさせられるところ。

L1012536

全体的な印象としてはとにかく「ガッチリとしたソリッドなクルマ」というもので、これは足回りの硬さやドアハンドルやペダル、各スイッチを操作した印象から感じられるもの。

全体的に各操作系の「遊び」も少なく、とにかくダイレクトかつリニアに反応するという印象もあり、その反応速度は電光石火、そしてフィードバックは正確無比。
ソリッドでシャープと言いかえてもいいかもしれません。

反面、ポルシェは操作に対する反応や路面からのフィードバックは「かなりマイルドでしっとり(しかし正確)」という印象があり、尖ったところはありませんが、CLA45 Sと基本を同じくするメルセデスAMG A45 S 4MATIC+がニュルブルクリンクで記録したラップタイムはポルシェ718ケイマンとほぼ同じ。

その性質やドライバーに与える印象が真逆であるのに「結果」がほぼ同じというのは面白い事実ではありますが、これもテクノロジーの進化によって、エンジンやパッケージング、重量という「これまでの常識でもあった、速く走るための要素」がさほど重要ではなくなり、逆にトラクションマネジメントや電子制御サスペンションの重要性が相対的に大きな要因となっているからなのかもしれません。

そう考えるに、メルセデスAMG CLA45 S 4MATICは、これまでの常識にとらわれない”新世代のハイパフォーマンスカー”だと言えそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5