>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

300万円のコニャックつき!世界に一台、マクラーレンによってカスタムされた600LT”ブルードラゴン”はこんなクルマ

投稿日:2020/03/24 更新日:

| 納車先はカナダ、そしてカナダ向け600Lとしては最後の一台 |

さて、Autogespotにて、レアなマクラーレンが2台登場。
まずは上の画像、「マクラーレン600LT ブルードラゴン」。

これはマクラーレンのパーソナリゼーション部門、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)によってカスタムされたワンオフモデルで、フロントに「マクラーレン620R」公開時のオフィシャルフォトにて見られたグラフィックが再現されています。

なお、ボディカラーも620Rのために用意された「Ludus Blue」にペイントされ、ボディ下部やボディ上部の「ブラックに見える」部分について、実はネイビーだそう。
さらにドアミラーやルーフ上のエアスクープにはオレンジのラインが追加されていることがわかります。

唯一の「インテークがペイントされた600LT」

ちなみにこの600LTは「カナダ向けとしては最後に生産された一台」。
エンジンカバーやインテークもLudus Blueにペイントされており、インテークがペイントされた600LTは「この一台のみ」だとされています。

さらにブレーキキャリパーはシルバーではなく「ポリッシュ仕上げ」という非常に珍しいフィニッシュを持っているようですね。

もちろんインテリアも特別製で、運転席側のシートはライトブルー、助手席側はブラック(ヘッドレストにはオレンジで”MSO”の刺繍入り。
室内にはマクラーレン創業者、ブルース・マクラーレンの娘であるアマンダさんのサインも入っている、とのこと。

これがマクラーレンの本社だ!マクラーレン創始者の娘が案内するファクトリーツアー

mclaren-600lt (3)

こちらはキー、そしてマクラーレンがオーナーに贈ったコニャック、「レミーマルタン ルイ13世」。
キーももちろんLudus Blueに塗装され、そしてオレンジとホワイトのライン、さらに「MSO」文字入り。
ちなみにこのレミーマルタン ルイ13世は「普通のルイ13世(30万円くらい)」ではなく、最高傑作とされるLe Jeroboam。
1,200種ものオー・ド・ヴィー(原酒)がブレンドされた上で40~100年間の熟成を受けたものだそうで、相場はおおよそ300万円超となる超高級品です。

これだけのコニャックを、しかも文字入りにて贈るところを見ると、このオーナーさんはマクラーレンにとってよほど「特別」な人なのでしょうね。

mclaren-600lt (2)

なお、こちらはマクラーレン620R。
マクラーレンからの招待が無いと買えないとされる350台のみの限定モデルで、実際の中身は「レーシングカー同様」というスパルタンモデルです。

2020-McLaren-620R-6

マクラーレンが”スポーツシリーズ上最もパワフルな”620R発表!レーシングカー「570S GT4」の公道走行版、限定350台、価格は3750万円

欧州ではマクラーレン620Rの目撃例も

そんなレアなマクラーレン620Rですが、欧州ではいくつかの目撃例も。
出力620馬力、レース用のトランスミッションやフライホイールを持ち、1,282kgまで軽量化されたハードコアモデルですが、意外や普通に乗っている人もいるようですね。

mclaren-600lt (5)

なお、この個体はフランスやスペインなど複数の国で目撃されていて、けっこう日常的に乗っているのかもしれません。

mclaren-600lt (4)

VIA:Autogespot

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5