>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリが自社にてカスタムしたポルトフィーノを公開!内外装グリーン、アイボリーのラインを持つシックなカラーリング

投稿日:2020/04/03 更新日:

| フェラーリらしくない、だがそこがイイ |

フェラーリが自社にて展開するパーソナリゼーションプログラム、「テーラーメイド」にてカスタムしたポルトフィーノを公開。

ボディカラーはダークグリーン、そしてボンネットにはアイボリーのストライプ、Aピラーとルーフもアイボリーにペイントされ、これまでのフェラーリが持つ(ステレオタイプな)イメージとはまた異なる仕上がりとなっています。

なお、現在「ダークグリーン」はあまり人気のあるボディカラーではなく、多くのメーカーがカタログからドロップさせることに。

ただ、「ブリティッシュレーシンググリーン」が示すようにスポーツカーとの相性が良いカラーであることも間違いなく、一部には熱烈なファンを抱えるボディカラーでもありますね。

ポルシェだと「オークグリーン」「アイリッシュグリーン」といったボディカラーがよく知られるところですが、現在これらは「標準」ボディカラーには含まれず、残念ながら選択不可(992にはよく似合うと思うのですが)。

ダークグリーンのフェラーリ・ポルトフィーノはこういった仕様を持っている

そして話をこのフェラーリ・ポルトフィーノへ戻すと、グリーンのボディカラーに組みあわせられるのはシルバーのホイール。

ブレーキキャリパーはブラック、そしてホイールセンターキャップもシルバーというシックなカラーコンビネーションを持っています。

Ferrari-Portofino-Tailor-Made-3-1

インテリアも「ダークグリーン」

このポルトフィーノのインテリアも「ダークグリーン」。

ダッシュボード上部とステアリングホイールにはブラックレザーが用いられるものの、ダッシュ下部やシートにはダークグリーンのレザーが使用されています。

Ferrari-Portofino-Tailor-Made-2

そしてシートのセンターにもアイボリー、パイピングやプランシングホースの刺繍もアイボリー。

なかなかこういった仕様のフェラーリを見ることはないものの、レッドやイエロー、ブラックやホワイトといったポピュラーなカラーとはまた違う魅力があると思います。

Ferrari-Portofino-Tailor-Made-4-1

フェラーリはほかにもこんなカスタムを公開している

なお、フェラーリはこれまでにも何度かテーラーメイドにてカスタムした個体を公開しています。

こちらは専用にボディカラーを調合したオーナーの個体ですが、オリジナルカラーを作ると、自身の名前など好きなネーミングを行えるようですね。

そしてこちらは「左右で異なる」ボディカラーを持つ珍しいカラーリングを持つ812スーパーファスト。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5