■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

4本目のロレックス・デイトナ(116500LN)を買った!正規販売店で偶然に遭遇し定価での購入

投稿日:

| 最初見たときはプラチナモデルかと思った |

3K4A2281

さて、何を思ったかロレックス・コスモグラフ デイトナを購入。

本来このデイトナ(116500LN)を購入する予定はなかったのですが、たまたまロレックスの正規販売店を訪れたところ店頭に置いているのを発見し、思わず購入してしまったわけですね。

なお、最初に店頭で見た際は「ステンレススティールケースのデイトナ」だとは思わず、「またプラチナモデルだけが売れ残ってるのか・・・」と思ったものの、よく考えるとプラチナモデルにはブラックベゼルとブラックダイヤルはなく、「まさか」と思ってお店の人に尋ねるとステンレスモデルだった、という顛末です。

ぼくはデイトナを過去に3本購入していて、しかし今はすべて売り払い、デイトナ浪人の身。

ゴールドモデルの116518LNを買おうかとは考えていたものの、この機会を逃すことはないということですかさずゲットしています(よって116518LNは見送りに)。

今まではこんなデイトナを買ってきた

なお、ぼくは上述の通り過去に3本のデイトナを購入していますが、最初に購入したのは1989年。

当時はバブル経済真っ盛りで、最も人気のあったロレックスは「デイトジャストのコンビ」。

BMWが「六本木カローラ」などと不名誉な呼ばれ方をしていた時代で、とにかく日本中が「ゴージャス」というか変な派手さで盛り上がっていたわけですね。

そんな中でロレックスのスポーツモデルはサッパリ人気がなく、なんと驚きの48万円で購入しています(当時、GMTマスターII、サブマリーナも25万円くらい、チューダーのサブマリーナは15万円くらいだった)。

当時はそんなにロレックスブームでもなかったのでとくに品番などにこだわっていたわけではなく、記録は残っていないものの、たぶんRef.16520だったんじゃないかと思います。

日本では「ロレックスが最高級」

ちなみに日本の高級腕時計市場は「ロレックス一択」な傾向があり、ロレックスが一番いい、ロレックスが最高級と盲信する人多数。

昔からロレックスを購入している身としては、ロレックスの本当の素晴らしさを理解しないまま、”人気があるから”という理由だけでロレックスが買われる現状を悲しく思う部分もあって、もっと他の腕時計ブランドにも目を向ければいいのにと考えたりするのですが、この傾向は変わりそうになりません。

watch-rolex-1

なお、日本は世界的に見ても「ロレックスの在庫が最も多い国のひとつ」だと言われますが、なぜロレックスの人気がそこまで圧倒的なのかというと、やはり「バブルの頃のイメージ」。

ロレックスとメルセデス・ベンツは「バブルの象徴」でもありますが、そこで高級腕時計=ロレックス、高級車=メルセデス・ベンツという認識が日本社会に根付いたのだろう、とも考えています。

そして、そのあとにいかなるブランドが入ってこようとも、一度構築されたイメージは覆ることはない、ということですね。

2本目のデイトナはRef.16520

そして2本めとして購入したのは1995年。

すでにこの時期はデイトナが人気化していて、とくに欧州での過熱ぶりが凄まじかったと記憶しています。

そのちょっと前にはスウォッチブームがあり、主にイタリアンマフィアが資金源としてスウォッチやロレックスを買い漁っているという話が出てきたのもこの頃。

購入したのはおそらくRef.16520で、購入価格は98万円くらい。※売る時期が良く、買取価格がかなり高かった

コンビ(ロレゾール)の価値が低かったのは現在と同様ですが、コンビモデルのデイトナは70万円台で手に入ったように記憶しています。

3本目のデイトナは「ゴールド」

3本目のデイトナは2015年に購入していて、これは金無垢のRef.116518。

なぜゴールドを選んだのかというと、単に「みんながステンレスのデイトナを買っている風潮が嫌だったから」。

ただしロレックスのゴールドモデル(ステンレスもですが)はケース側面がポリッシュ加工になっていて、つまり「衣類の袖口と接触する部分が、もっとも傷つきやすい鏡面仕上げ」。

よって、長袖を着用しているときにはこのデイトナを身につけることができず、着用機会があまりに少なくなったために売却しています。

IMG_9569

参考までに、同じ「傷」という理由において、ぼくはステンレススティールモデルであっても長袖着用時にロレックスを身につけることはなく、よってロレックスを腕に巻くのは「半袖時のみ」。

しかしながら長袖を着ていても「ロレックスを身に着けたい」気分のときもあって、そういったときのために「内部は問題ないが、外側には傷があるために価格の安い」エクスプローラーの中古を購入して”常時着用”しようかとも検討中しているところです(しかしロレックスの中古は傷があっても割安感はなく、毎度のように、それなら新品を買うかという選択肢になる)。

ロレックス・デイトナ116518(金無垢、パンダ文字盤)を買った。これでしばらくタダ働き

今回購入した116500LNはこうなっている

そして4本目のデイトナ。

上述のように「予定外」の購入ではありますが、他に持っている腕時計について「ゴールド」「カーボン」「セラミック」が増えてきていて、ステンレススティールケース比率が下がってきているということもあり、ちょっと”流れ”を変えてみるのには最適な一本。

3K4A2312

なお、116500LNからベゼル素材がステンレスからセラミックになり、もっとも傷つきやすいベゼルについて対策がなされたものの、ケースサイドは相変わらず「ポリッシュ」。

よってこのデイトナも長袖着用時に身につけることはないと思われます。

3K4A2253

参考までに、オーデマピゲやジャガールクルト、カルティエなどの多くのモデルについては「ケースサイドがブラシ仕上げ」であり、そのため長袖の衣類を着ていてもケースが傷つきにくい構造となっていますね(よってこれらは冬場に出番が多い)。

3K4A0401

ケースサイドはデイトジャスト系と同じく「ラウンド」。

ロレックスのスポーツモデルの代表格たるサブマリーナはここが「平面」なのですが、デイトナは「曲面」が用いられており、そのためにスポーツモデルといえどラグジュアリーな雰囲気があるようにも思います。

L1210368

ちなみにヨットマスターもケースサイドはラウンド。

さらに細かいことを言うと、サブマリーナ、ヨットマスター、デイトナともケース径は40ミリですが、サブマリーナはラグが太く厚く、横から見てもラグが外側に向かって直線的に伸びています。

反面、ヨットマスターはラグが細く、横から見ると腕に沿うようにしてカーブしていて、デイトナもヨットマスターに近い形状を持つものの、横から見るとさほど「腕に沿っていない」形を持っています。

同じロレックスのスポーツモデル、そして40ミリケースでも「全部形が違う」のはちょっと面白いところでもありますね。

L1210367

ぼくが購入したデイトナの文字盤は「ブラック」ですが、面白いのは、先代のデイトナ(116520)ではブラック文字盤のほうが人気だったのに、現行デイトナではホワイト文字盤のほうが人気なこと。

これはおそらく「ベゼルがブラックのセラミックになった」ことに関係しているのだと思われ、要は「コントラスト」を重視する人が多いのでしょうね。

3K4A2246

ブレスレットは「オイスターブレス」。

ただしこちらもサブマリーナとは異なって中央列にポリッシュがかけられています。

この点を見ても、ロレックスはデイトナを「ラグジュアリースポーツ」と捉えているのかもしれません。

L1210795

参考までに、個体差なのか、仕様差なのかは不明ではあるものの、サブマリーナに採用されているブレスレットの方がコマとコマとの隙間が小さく、かつ遊びが少なく剛性感が高いように感じます。

バックルはオイスターロッククラスプつき、そして中板は116520では2015年から採用された「鏡面」。

L1210798

ちなみにそれ以前のモデルではこの部分が鏡面ではなく「サンドブラスト(梨地)」となっていますが、ロレックスがマイナーチェンジにて鏡面を採用したということは、それだけ「ロレックスは鏡面加工を重視している」と考えて良さそうですね。

L1210807

インデックスはもちろんロレックス独自の「クロマライト」(116520の2013年モデルから採用)。

3K4A2139

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■近況について, ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5