■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

一瞬公式かと思ったワ!本物っぽいBMW 4シリーズ・グランクーペのレンダリングが公開に

投稿日:2020/04/22 更新日:

| ここまでくると、巨大グリルを実際に見てみたいという好奇心しかない |

bmw-4series

インスタグラムアカウント、zero.o.wtがBMW 4シリーズ・グランクーペの予想レンダリングを公開。

一瞬「本当に4シリーズ・グランクーペが公開されたのか」と思ってしまうほどの秀逸なレンダリングですが、これまでに目撃された4シリーズのプロトタイプ等の特徴を取り入れたデザインを持っています。

そしてフロントにはすでに「おなじみ」となった巨大キドニーグリルが装着されていますが、これについてはもう避けようがない現実だと思われ、4シリーズ・クーペ、4シリーズ・カブリオレ、4シリーズ・グランクーペ揃ってこの顔つきを採用することになりそうです。

リアはこちら。

やはりよくできたレンダリングと言ってよく、ほぼこれに近い形で実際の4シリーズ・グランクーペが登場することになるのかもしれません。

xw

なぜBMWは「グランクーペ」を設定するのか

なお、BMWは2シリーズや4シリーズ、8シリーズに「グランクーペ」を設定していますが、これは「クーペスタイルのセダン」。

一見すると3シリーズ・グランツーリスモによく似ているように思えますが、グランツーリスモ(GT)と決定的に異なるのは、グランクーペは「3ボックス風(セダンをハッチバックにしたもの)」、「グランツーリスモは2ボックス(ワゴンをセダンにしたもの)」。

つまり、グランクーペはエンジンルーム、キャビン、ラゲッジスペースという明確に分けられたパッケージングを持つものの、グランツーリスモはエンジンルームと”キャビン+ラゲッジルーム”という2つのセクションで構成されます。

0f7c3a8e-2020-bmw-m8-gran-coupe-71

BMWがこういった「似たような」クルマを用意する(というかグランクーペをラインアップする)のには理由があるようで、その主なものは「中国対策」。

BMWいわく、中国ではセダンが好まれ、かつクーペ風セダンが人気とのこと。

そしてこの傾向にはちゃんとした理由があり、中国人がセダンを好むのは、ミニバンやハッチバック、SUVのように「荷物と同じ空間に乗るのを嫌がる」ため。

中国人はメンツを大事にすると言われますが、自分の重要性を誇示するために「貨物扱い」されることを嫌うのかもしれません。

よって、必然的にセダンのような「3ボックス」という選択となるようですね(地位の高い人ほどそういった傾向があるらしい)。

そして中国市場では「生活臭のするクルマ」が好まれず、よってあまりに実用的なデザインを持っていると、セダンといえども敬遠されるという、これまたややこしい嗜好を持つ模様。

よってBMWは、今後発売するセダンについて、優雅で生活臭がしない、クーペ風デザインを持つことになるだろうとも述べていて、実際に「i4」はそれを視覚的に実現したクルマだとも語っています(つまりi4のメインマーケットは中国ということになる)。

bmw-concept-i4  (1)

EVなのにフロントグリルはデカかった!BMW コンセプトi4の公式画像がこちら

同様の理由なのかどかはあわかりませんが、BMWは傘下にあるロールスロイスにおいても、次期ゴーストをクーペスタイルへと変化させるようで、目撃されたプロトタイプは「レイス」風のデザインが与えられていることもわかりますね。

新型ロールスロイス・ゴーストの試作車が目撃!ファントムの小型版ではなく「レイスの4ドア版」に?

余談ですが、新型M3の予想レンダリングはこちら。

やはりこれまでのリークやプロトタイプの特徴がよく反映されていて、なかなかにいい出来だと思います。

x

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5