>テスラ(TESLA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

ポルシェが「2WDでバッテリーが小さく、安価な」タイカンを世界に先駆け中国で発売するとの報道。中国のテスラオーナーを取り込みたい?

投稿日:2020/04/26 更新日:

| EV戦略において、中国は絶対に外せない |

L1180468

さて、ポルシェは「初」のEVとなるタイカンを発売し、現在ラインアップされるのは「タイカン・ターボS」「タイカン・ターボ」と「タイカン4S」の三種。

そして今回報道がなされたところでは、近日中に”ベースモデル”となる「タイカン」が登場する、とのこと。

現在発売されている(日本では未発売)タイカンはいずれも4WDレイアウトを採用しますが、ベースモデルは後輪駆動(2WD)となり、かつバッテリーサイズも縮小されることで”お求めやすい”価格になると報じられています。

なお、これについて語ったのはポルシェの重役でもあるミハエル・スタイナー氏であり、「居住地によって、必ずしも4WDが必要とはならない」とも。

現在のところタイカン4Sの米国価格は103,800ドル(邦貨換算で1115万円)、タイカン・ターボが153,310ドル(1650万円)、タイカン・ターボSの187,610ドル(2014万円)に設定され、しかしもちろんベースモデルの「タイカン」は、これらよりもずっと安価ということに。

ポルシェ初のEV「タイカン」発表!トップレンジ「ターボS」は0-100km/h加速2.8秒、ブレーキは10ポッド、価格2000万円

ポルシェもやはり中国重視

そしてこの報道によれば、最初にベースグレードのタイカンが投入されるのは中国となり(となると発表も中国か)、納車開始は1年以内、とも。

現時点でベースモデルのタイカンの価格設定がどれくらいになるのかは不明ですが、タイカン4Sとのバランスを鑑みるに「800万円くらい」になるのではと考えられ、そうなると現在のボトム価格が1000万円程度であるテスラ・モデルSに比較してぐっと割安感が出ることに。(ただしテスラ・モデルSのボトムである”ロングレンジ”でもデュアルモーター4WD搭載、航続可能距離610kmなので、性能面ではタイカンを上回る)。※タイカン・ターボで450km、タイカン4Sで405km

L1180501

ポルシェが「タイカン4S」発表!「タイカン・ターボ」の2/3の価格、しかし走行距離はほぼ同じ、パワーは140馬力ダウン

なお、今回のベースモデルについてはタイカン発表前からアナウンスされていたため、「発売したタイカンシリーズが売れないので廉価版を追加」ということではなさそうで、しかしポルシェとしては、テスラが本格的に中国を攻略してくる前に、なんとしても市場を制圧しておきたいと考えているのかも。

ちなみにテスラは現在、上海にギガファクトリーを建設してモデル3を生産中ですが、モデルSについてはアメリカ生産の車体を中国へと輸出しています。

L1180478

そしてもし、将来的にテスラが中国にてモデルSを生産するようになると、中国内での関税が免除となり、ポルシェにとっては著しく不利になってしまうため(タイカンも輸入車なので関税がかかる。そしてポルシェは中国で生産を行う予定はない)、その前に中国内でのプレゼンスを高めたいのだろうということですね。

現時点でタイカンの予約台数は一部地域のみでも3万件を集めたとしており、これはけっこうな数字(それでも、テスラ・サイバートラックの”60万件”寄りはずっと少ないが、テスラの数字が異常でもある)。

そして、タイカンを注文している人の多くがテスラオーナーだとされ、ポルシェは中国市場においても、「現在のテスラオーナー」を取り込みたいと考えているのは間違いなさそうです。

ポルシェ・タイカンの予約が欧州のみで3万件突破!生産能力を考えると、今予約しても納車までは2年以上待つことになりそうだ

VIA: Car Magazine

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5