>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >ポルシェ(Porsche) >ランボルギーニ(Lamborghini)

ロシアからとんでもないチューナー登場!レクサスのスピンドルグリルを更に強調した「五右衛門」ほか、ランクル、ポルシェ、ランボルギーニも過激に変身

投稿日:2020/05/12 更新日:

| 独特のデザインセンスを持っていて意外とカッコいいかも |

lexus-scl

さて、ロシアのSCLグローバルなるチューナー(デザインカンパニー?)より、メルセデス・ベンツやランボルギーニ、日産やトヨタ/レクサスのチューニングカーが登場。

そしてちょっと面白いのはそのネーミングで、日本車のチューンに対して「ゴジラ」はもちろん、「HAKAMA(袴)」や「GOEMON(五右衛門)」といった日本っぽい名称が与えられています。

_dsc6889_0

なお、上の画像はトヨタ・ランドクルーザー200「HAKAMA(袴)」。

ボンネット、フロントバンパー、リアバンパー、オーバーフェンダー、サイドスカート、ルーフスポイラーにトランクリッドスポイラー、フロントグリルによって構成されています。

レクサスRX「GOEMON」

こちらはレクサスRX「GOEMON(五右衛門)」。

kこちらの構成パーツもランクルと同じくボンネット、フロントバンパー、リアバンパー、オーバーフェンダー、サイドスカート、ルーフスポイラーにトランクリッドスポイラー、フロントグリルとなりますが、なんといってもこのスピンドルグリルが「とんでもなく目立つ」形状に。

レクサスのスピンドルグリルは何かと議論の的ですが、ここに手を付け、さらに前面に押し出すチューナーは他になく、その意味でもSCLグローバルは”只者ではない”のかも。

_dsc6666

オーバーフェンダー形状、スポイラーやリアディフューザー形状もアグレッシブですね。

パーツの一部に「グレー」を使用したところはけっこうナイス。

_dsc6686

レクサスNX 「KOTARO」

そしてこちらはレクサスNXのカスタムカー、KOTARO(小太郎?)。

フロントバンパー下部やフロントフェンダーの造形はなかなかに秀逸で、コンセプトカーっぽい印象すらありますね。

_dsc6955

パーツ構成はレクサスRXと同じとなり、いずれのパーツも加工無しで「ポン付け」できるそうです(それにしてもスゴいなこのフロントグリル・・・)。

_dsc6976

日産GT-R「GOJIRA」

こちらは日産GT-R「GOJIRA(ゴジラ)」。

「GODZILLA」ではなく「GOJIRA」と表記されていますが、これは商標権を回避するためなのかもしれません。

ボディパーツは18ピース構成となり、SCLグローバルによると「90%ものボディパーツを入れ替えた」。

構成内容はボンネット、ルーフカバー、トランクリッド、フロント/リアバンパー、リアウイング、前後オーバーフェンダー(+6cm)等となり、FRP製もしくはカーボン製を選択可能(価格は”ASK”)。

_dsc6697

フロントやサイドのウイングレットつきパーツのデザインは独特で、ボンネットやリアウイング、リアフェンダーも斬新な形状を持っていますね。

_dsc6725

ポルシェ911「VENOM」

さらにSCLグローバルでは911のエアロパーツもリリースしており、こちらは「33ピース」というさらに複雑な構成を持っています。

フロントバンパーがまるごと入れ替えられていて、これは一見すると「未来派レンダリング」のようなデザイン。

そこからワイド化されたフロントフェンダーへと連続し、911GT3 RS風のルーバーも見えますね。

フェンダー下部にはウイングレットつきサイドステップが装着され、そのままリアフェンダーへ連続します(リアフェンダーも交換されている)。

2020-02-25_01.31.23

リアもバンパーまるごと入れ替えられてディフューザーは巨大化し、リアウイングもそれにシンクロするかのように大型の「2階建て」へと変更済み。

ルーフとドア以外はすべて入れ替えられているように見え、ホイールやタイヤレターを見てもなかなかのカスタムセンスを持っている、と言えそうです(イメージは911ターボSエクスクルーシブなのかもしれない)。

2020-02-25_09.56.42

ランボルギーニ・ウルス

こちらはとくにペットネームが与えられてない、ランボルギーニ・ウルスのカスタム。

ただしその内容はほかモデル同様に過激のひとことで、ウイングレットを活かしたシャープなデザインが特徴。

なお、このエアロキットは42ものパーツで構成されており、ボンネットやフロントバンパー、フロントスプリッター、サイドステップ、ルーフスポイラー、リアバンパー等が交換対象に。

2020-02-25_10.08.27

ホイールはこれもまた「未来派レンダリング」でよく見られるようなデザインを持っていて、なかなかに斬新なルックスを持つようです。

現段階ではほぼ知名度のないチューナーではありますが、他のチューナーとは異なる傾向を持っていて、プロモーション次第では人気が出るかもしれませんね。

2020-02-25_01.43.27

VIA:SCL Global

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5