>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

ターゲットは「リッチなシニア」向け!若い心を忘れないシニアに向けた2028年のアストンマーティン、「DBE1コンバーチブル」

投稿日:

| けっこう割り切った、面白いコンセプトを打ち出してきた |

さて、グラフィックデザイナー、Shijie Yu氏が2028年のアストンマーティン、「DBE1コンバーチブル」を公開。

名称から分かる通り2028年モデルそしてフルエレクトリックという想定ですが、面白いのは「シニア向け」というコンセプトです。

ターゲットは1960-1970年代始めに生まれた、そして比較的裕福な人々で、「クラシックなフィーリングと最新テクノロジー」との融合を目指した、とのこと。

ただ、「乗って欲しい」人々は”裕福なシニア”というだけではなく、ヤングアットハートな人、そしてドライビングを通じて若かりし日の情熱を呼び覚ましたい人たちだとしています。

ここまでドライバーに配慮されたスポーツカーは今までになかった

イメージとしてのインスパイア元は当然ながらアストンマーティンDBR1(左)。

DBR1とDBE1とを並べてみると、そのイメージをうまく現代(未来?)風に表現しているということがわかります。

なお、DBE1に採用されるホイールは「ワイヤースポーク風」。

8a4c6797351257.5ec325dcca831

クラシック・アストンマーティンの落札記録塗替えか。1956年製DBR1が競売に登場予定

| アストンマーティンのクラシックカーは非常に価値が高い | ここ最近クラシック・アストンマーティンの価格がうなぎのぼりですが、また「最高落札価格を更新しそうな」ジャガーが登場。今回オークションに登場 ...

続きを見る

そして同氏の考える問題がこちら。

シニアが乗り降りするにはサイドシルが幅広すぎ、そしてシートポジションが低すぎる、ということですね。

そこで、変形する家具にヒントを得て、「シートを(乗降時に)変形させれば乗り降りが楽になるんじゃないか」と考えたそうです。

67be1897351257.5ec325dccb5b7

具体的にはこんな感じ。

運転中は低いシートポジションを持つものの、乗降樹にはシートバックの角度が立ち上がり、座面が持ち上がることで乗り降りしやすく。

同時にステアリングホイールも前方に格納されることで、膝を動かしやすくなっているようですね。

cde9dc97351257.5ec325dccbcb9

加えて「エレクトリックカー」なのでフロントにエンジンはなく(モーターの位置は明記されていないが、おそらくは前後アクスル)、バッテリーはフロア下に。

そのため前後にはラゲッジスペースを設けることができて日常遣いにも対応しています。

スポーツカーとしてはリアオーバーハングが長い部類ですが、これはDBR1へのオマージュ、そして「本気でタイムを削る類のスポーツカーではない」ということなのでしょうね。

28414e97351257.5ec325dcc9aeb

そしてBDBE1のコクピットはこんな感じ。

シンプルで優雅、そしてテクノロジーよりも懐かしさを感じさせるデザインです。

ce06fb97351257.5ec326fa6b26b

ダッシュボード、メーターあたりの造形もエレガント。

43b84997351257.5ec325dcc6155

ダッシュボード、ドアパネル、トノカバーの一部は「ウール」のようなテクスチャですね。

8f125697351257.5ec325dccc31b

セクシーそして優雅、なによる美しいスポーツカーですが、ターゲットを「シニア」と割り切ったことで実現できたコンセプトカーだと言えそう。

22ac7e97351257.5ec325dcc9494

加えてアストンマーティンの雰囲気もよく捉えており、非常に秀逸なレンダリングです。

356b5f97351257.5ec325dcc87df

ちなみにアストンマーティンは「超高級エレクトリックブランド」として”ラゴンダ”ブランドの再起を予定していましたが(ローレンス・ストロール氏が経営権を握ったことでボツになった)、このDBR1こそ、「ラゴンダ」ブランドから登場させるべきクルマなのかもしれませんね。

6b798497351257.5ec325dcc8ddd

アストンマーティン「ラゴンダは超高級ブランドにシフト。ロールス、ベントレーに対抗する」

| アストンマーティンはラゴンダを超高級ブランドとして復活 | アストンマーティンはラゴンダ(Lagonda)を超高級エレクトリックブランドとして復活させると公表し、「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト ...

続きを見る

VIA:Shijie Yu

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5