>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMWが新型4シリーズ向けのカスタムパーツ公開!けっこうヤル気なカナードほかカーボンパーツ多数

投稿日:2020/06/04 更新日:

| 新型4シリーズはレーシーなカスタムが似合うようだ |

さて、BMWは新型4シリーズを発表したところではありますが、間髪入れずにその新型4シリーズ向けのMパフォーマンスパーツも公開。※一部はM440iもしくはMスポーツパッケージ専用だと思われる

ここ最近のBMWはこういったオプションパーツの展開に力を入れていて、その種類もどんどん拡大しているところを見るに、「けっこう(パーツが)売れている」と考えて良さそうです。

あれ?なんだか格好いいぞ?BMWが新型4シリーズを発表。デカいのはグリルだけではなく、ライトやダクトも「大作り」

この記事のもくじ1 | 中国人はできるかぎり大きなフロントグリルを好む |1.1 新型BMW 4シリーズのエクステリアはこうなっている1.2 新型BMW 4シリーズのインテリアはこうなっている1.3 ...

続きを見る

4シリーズ向けMパフォーマンスパーツはこういった構成を持っている

そして今回発表されたMパフォーマンスパーツについて、外装パーツだとカーボン製フロントスプリッター、キドニーグリルフレーム、カナード、ダクトガーニッシュ、サイドステップガーニッシュ、デカール、ドアミラーカバー、トランクリッドスポイラー、そしてリアアンダーディフューザー。

bmw-4-series-m-performance-parts (2)

ちなみにこちらは従来型4シリーズ向けMパフォーマンスパーツ。

bmw-4-series-m-performance-parts (5)

こちらは新型4シリーズにMパフォーマンス製パーツを装着したところですが、フロントのカナード(エアロフリック)はなかなかに面白い形状を持っていて(多くのカナードは取り付けに加工が必要だが、これは貼り付けるだけでOKっぽい)、多くのアフターマーケットパーツメーカーが模倣してくるかもしれませんね。

こちらは先代4シリーズ+Mパフォーマンスパーツ。

装着車両が「前期型」ということもありますが、新型4シリーズとはかなり雰囲気が異なり、カスタムすればするほどその乖離が大きくなるのかもしれません。

bmw-4-series-m-performance-parts (4)

そして新型4シリーズに話を戻し、こちらはホイールとブレーキシステム。

ホイールはグロスブラック仕上げの「Yスポーク」、ブレーキシステムは形状から判断してブレンボ製の”新型”であるように見えますね(ローターはドリル+スリット)。

ボディサイドの「M PERFORMANCE」ロゴ入りステッカーはサイドギルから伸びるようなデザインを持ち、サイドステップ上にはカーボンファイバー製のパネルが貼られています。

bmw-4-series-m-performance-parts (7)

リアディフューザーもカーボンファイバー製。

そしてよく見ると、リアトランク状のBMWエンブレム内にバックカメラが仕込まれているようですね。

bmw-4-series-m-performance-parts (8)

テールパイプはグロスブラック仕上げ。

おそらく出口部分のみを入れ替える構造だと思われますが、今後はマフラーごと入れ替えるエキゾーストシステムが発売されるかもしれない、と考えています。

bmw-4-series-m-performance-parts (9)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5