■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

無駄にこだわるカシオ!今回は”鍛造”ステンレスベゼルとMIP液晶を持つ「GBX-100」が登場

投稿日:2020/06/12 更新日:

| このMIP液晶は今後のG-SHOCKに拡大採用されそうだ |

さて、カシオが3月に発売を予告した新型G-SHOCK、「GBX-100」がついに発売開始。

これはサーファー向けラインという位置づけの「G-LIDE」モデルの最新作となり、MIP液晶とモバイルリンク機能を備えたことが特徴です。

このMIP液晶はすでに発売済みのレンジマン(DPR-B1000)、G-SQUAD最新モデル「GBD-H1000」にも使用されており、今後さらなる拡大採用も期待されています。

G-SHOCK最大級のサイズを誇る”レンジマン”DPR-B1000を購入した!やはりカシオはよくわかっている

この記事のもくじ1 | カシオはどこをどうすれば腕時計が「高く見えるか」を知っている |1.1 レンジマンはG-SHOCK最大クラス1.2 レンジマンはやっぱりデカかった1.3 レンジマンにはこんなこ ...

続きを見る

GBX100はこんなG-SHOCK

そこでこのGBX-100ですが、外観は「オリジナル」Gショック、5600系を踏襲したもの。

ただし最近G-SHOCKが推している「メタル」素材がベゼルに採用されたことが外観上の特徴となっています。

EZfp7UoUwAEHCVq

なお、このベゼル素材はステンレス、そして「鍛造」による成型となり、無意味にこだわるところがさすがカシオですね(フェイスはブラシ仕上げ、エッジはホーニング加工)。

img3

そして機能面での目玉は専用アプリG-SHOCK MOVEとのリンク機能。

これによって潮汐情報(タイドグラフ)の表示が容易になり、世界3,300もの地域データを収録している、とのこと。

app

そのほかムーンデータや日の出/日の入り、G-SQADにも搭載されたトレーニング機能(距離・速度・ペース・ラップ・ピッチ)も内蔵しており、サーファー意外にも活用できる機能が盛りだくさんとなっています。

img2

なお、この専用アプリは非常に便利で、実際に使ってみると各モデルに対応した機能を直感的に操作することができ、腕時計側で小さいボタンをピコピコ操作しなくてもいいので、一度これに慣れてしまうと「もう元には戻れない」という印象です(複数のG-SHOCKをひとつのアプリで使い分けることもできる)。

GBX-100_theme_1-1024x576

ケースサイズは509ミリ×46ミリ、厚さは14.7ミリ、重量は66グラム、希望小売価格は24,200円。

ちょっと残念なのは、ぼくの大好きなタフソーラーと電波機能を内蔵していないことですが、電池寿命は「2年」、時刻合わせもアプリ経由でかんたんに行えるため、問題となることはなさそうですね。

EZfp7VcUYAEasBB

VIA:CASIO

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5