>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ベントレー(Bentley) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

【今日の動画】ラッパーの乗るネオン仕様アヴェンタドール、ポルシェ935全開走行、GRヤリスの製造風景、ベントレーやメルセデスAMGのフル加速

更新日:

| やはり海外でも日本でも、一定の割合では「ネオン(LEDGER)カスタムが存在するようだ |

さて、ネットパトロールを行っている中で様々な動画に遭遇しますが、そんな中で「とくに独立した記事にするまでもないが、備忘録としても残しておきたい」という動画も存在します。

今回はそういった動画をざっとまとめて紹介したいと思います。

まずはスーパーカー系ユーチューバーeffspot氏がアップした、ラッパーQuavo(MIGOS=ミーゴスのメンバー)所有のランボルギーニ・アヴェンタドールS。

パープルベースの複雑な柄にラッピングされており、ダクトやアンダーフロアにネオンが仕込まれています。

なお、動画の前半はスーパーカーミーティングの様子を収めていて、ポルシェ918スパイダー/カレラGT、フェラーリ488ピスタ/モンツァSP2など様々なスーパーカー/ハイパーカーの姿も見られ、なかなか見ごたえのある内容に。

参照:effspot

ポルシェ935はサーキットでこそ本領を発揮できる

そしてこちらはポルシェの70周年記念としてサプライズ発表された、70台のみ限定となる「935」。

911GT2RSをベースとし、行動を走れないサーキット走行専用車ですが、そのぶんサーキットではまさに水を得た魚のようですね。

【動画】米富豪「納車されたポルシェ935を紹介する。俺は14歳で戦争から逃れてここに来て、今では37億円の豪邸、33億円のクルマに囲まれている。どうやったかを話そう」

この記事のもくじ1 | ここに至るまでは様々な事業で失敗してきたようだ |1.1 ポルシェ935の細部はこうなっている1.2 マニー・コシュビン氏はこうやって富豪にまで上り詰めた | ここに至るまでは ...

続きを見る

VIA:Auto Addiction

GRヤリスはこうやって作られる

こちらはトヨタ(Gazoo Racing)が製造される様子を収めた動画。

GRヤリスは、元町工場にて専用のラインを用意してG製造されることになりますが、ロボットと職人とがバランス良く作業を進めていることがわかります。

GRヤリスの納車時期は(1stエディションを除くと)現時点で確定していとされるものの、この工場の様子を見るに、一旦生産が軌道に乗ればバンバン量産することができそうです。

これは豊田章男社長からの挑戦状か?GRヤリスを見てきたぞ!本気で欲しくなってきた・・・。

この記事のもくじ1 | ヤバイ、すごく欲しくなってきた |1.1 GRヤリスのここが本気だ(エクステリア・エンジンルーム編)1.2 GRヤリスのここが本気だ(インテリア編) | ヤバイ、すごく欲しくな ...

続きを見る

参照:Toyota UK

さっそくC8コルベットのツインターボ化を行うショップが登場

発売されるやいなや大ヒットとなったC8世代のシボレー・コルベット。

現在はベースグレードのみのラインアップとなりますが、その自然吸気V8エンジンをツインターボ化するショップが登場。

今回、エクストリーム・ターボ・システムズは495HPから(ツインターボ化によって)736HPまで出力を向上させており、しかしおそらくは「まだまだこれから」。

C8世代のコルベットはミドシップ化された最初の世代であり、発熱に対する耐性や処理の方法がまだ確立されていないと思われ、この段階でいたずらにパワーを上げるのにはリスクを伴い、よって各ショップとも”様子を見ながら”対応してゆくことになりそうです。

参照:Extreme Turbo Systems

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDは続々配備中

そしてこちらは英国Autocarによる、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのし上レビュー動画。

11分にわたる内容で、その魅力を余すところ無く伝えてくれます。

【試乗:ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD】やはり後輪駆動モデルはボクにとってのベスト!軽く透明感のあるフィーリングにシビれてきた

この記事のもくじ1 | ただしウラカンEVO RWDは装備が省かれているのでオプションにお金がかかる |1.1 ウラカンEVO RWDはこんなクルマ1.2 ウラカンEVO RWDに乗ってみよう1.3 ...

続きを見る

参照:Autocar

”クーペスタイル”セダンのパフォーマンスは一気に別次元に

こちらはメルセデスAMG GT 63S、そしてアウディRS7スポーツバックというクーペスタイルを採用するセダン同氏のドラッグレース。

提供はもちろんcarwowで、いつもどおりの過激なテストを行っています。

アウディRS7スポーツバックは591HP、メルセデスAMG GT63 Sは630HP、そして駆動方式はともに4WD(ただし4WDシステムについては、AMG GT63Sではマグナシュタイヤー、RS7スポーツバックはハルデックス製だとされる)。

それにしても、このクラスのパフォーマンスはここ数年で一気に引き上げられたという印象ですね。

参照:carwow

ポルシェ・ボクスター/ケイマンの歴史はこうなっている

こちらはポルシェ・ボクスター/ケイマンの歴史を図解にて紹介する動画。

「986」世代から987、981、そして982(718)と続いていますが、その間には様々なバリエーションそして限定モデルを展開しながら進化していることがわかります。

VIA:Cars Evolution

ベントレー・フライングスパーはなかなかの俊足だ

ベントレーというと「鈍重」なイメージがあるものの、このフライングスパーは6.75リッターW12ツインターボエンジン(635馬力)を搭載し、0-100km/h加速3.8秒、最高速度333km/hという俊足ぶりを誇ります。

このクルマを(個人で)フル加速させるケースは少なく、しかし加速テストを行えるのはさすがカーメディアならでは、というところですね。

参照:AutoTrader

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アウディ(Audi), >シボレー(CHEVROLET), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ベントレー(Bentley), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5