>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

新型メルセデス・ベンツGLAを見てきた!2代目は使い勝手が良いスタイリッシュなアーバンSUVへ

投稿日:

| メルセデス・ベンツはコンパクトクラスにも上位モデルと同等の装備を与えている |

さて、6月25日に発表されたばかりの新型メルセデス・ベンツGLA。

今回のGLAはフルモデルチェンジ版の2代目となりますが、先代の「ワゴン」から、新型では「SUV」らしい、箱型に近いスタイルへと変更されています。

現在展開されているのはGLA200d 4MATICのシングルグレードで、搭載されるエンジンは2リッター直4ディーゼル(150馬力)のみ、トランスミッションは新開発の8速DCT、駆動方式は4WD(4MATIC)、価格は502万円から。

展示車にはAMGラインが装着され、スポーティーなルックスを持っています。

新型メルセデス・ベンツGLA発表!初代とはイメージを一新し、完全にSUVルックへ。より広い室内、より高い実用性を手に入れてメインストリームへ

| メルセデス・ベンツは新型GLAに高い期待を寄せている | メルセデス・ベンツがモデルチェンジ版となる「新型GLA」を発表。GLAは2013年に発売されて以来、約100万台を販売した人気モデルですが ...

続きを見る

新型メルセデス・ベンツGLAはこんな外観を持っている

なお、今回の新型GLAについて、その概要は下記の通り。

全般的に「実用性を大きく向上させた」フルモデルチェンジだと言えそうです。

・先代よりも10センチ以上背が高く、短いボディ
・ヘッドスペースが拡大し、リアのレッグルームもより広く
・ドライバーに代わって緊急ブレーキ操作を行うアクティブブレーキサポート装備
・ドライビングアシスタンスパッケージの内容を充実
・空気抵抗を削減(Cd値は0.28)
・最新仕様のインフォテイメントシステム(MBUX)装備

全体的にはカドが取れて丸いデザインとなり、これは現在のメルセデス・ベンツが採用しているデザイン言語「官能的純粋」を反映させたため。

可能な限り段差や継ぎ目が廃止されています。

L1230792

フロントはシャークノーズというよりは、垂直にストンと切り落とされたようなイメージ。

L1230800

サイドにもエッジの立ったプレスラインはナシ。

L1230791

リヤもやはり丸くなっていますね。

L1230781

ルーフは後端に向けてスロープした「クーペ風」。

L1230776

ドアミラー形状もリニューアル。

L1230810

フロントグリルはメルセデス・ベンツがSUVラインナップに採用する太いウイング型+ダイヤモンドデザイン。

L1230808

デイタイムランニングランプの発光グラフィックも新しくなっています。

L1230804

新型メルセデス・ベンツGLAは全長4415ミリ、全幅1835ミリ、全高1620ミリというボディサイズを持ち、これは先代GLAと比較して全長で-15ミリ、全幅+30ミリ、全高+115mmという数字ですが、最小回転半径は先代と同じ5.3メートル。

今回、同時発表されたGLBと一緒に展示されていたのですが、GLAはアーバンSUV、GLBはアウトドア派という印象で、うまくデザイン的棲み分けを行なっているようです。

L1230788

最近のメルセデスAMGが好んで採用する「エアロホイール」。

重量増加を嫌い、内側をえぐるなど軽量化に配慮されているようですね。

L1240005

新型メルセデス・ベンツGLAはこんな内装を持っている

そしてこちらは新型メルセデス・ベンツGLAのインテリア。

エクステリア同様、GLBとは差があり、シートがよりオシャレに、そしてメタル調加飾が増えてキラキラ感が強くなっています。

ちなみにシートの着座位置はGLBよりも5センチ高く、GLAよりも14センチ高い、とのこと。

L1230774

ただしメーターやセンターコンソール、ドアインナーパネルなどは基本的にGLBと一緒。

しかしながら「パネル表面の凹凸」など、そのクルマのキャラクターに合わせた加工が用いられています(GLAは静的、GLBは動的といった印象)。※GLAでは平滑な表面が用いられている部分でも、GLBではリブが設けられている

L1230766

シート座面はシボ(凹凸)つきレザー。

これは、同じメルセデス・ベンツであってもサルーンとは異なる仕上げということになり、おそらく「GLAはSUVなので、傷や汚れを想定して」こういった仕様になっているのだと思われます。

見る限り、SUVラインアップはすべてこの仕様を持つようなので、メルセデス・ベンツはやはり「真面目」にクルマのことを考えている、という印象ですね。

L1230772

もちろん最新のMBUX、そして12.3インチタッチ式インフォテイメントディスプレイ、さらにデジタル式メーターも。

見慣れるまでは違和感があったものの、慣れてしまうと非常に使いやすく見やすい配置だと思います。

L1230769

かつてメルセデス・ベンツは「上位クラスとエントリークラス」とで装備や仕様を明確に分けていたものの、現行世代あたりからそういった垣根をなくし、たとえコンパクトクラスやエントリークラスであっても、最新のモデルに最新かつ最高レベルの装備を与える、という方針に変化しています。

よって、この新型GLAも「Sクラスと同等の」安全性やインフォテイメントシステムを持つに至っていますが、かなり魅力的なクルマであるのは間違いなさそう。

メルセデス・ベンツは「若い客層を取り入れ、ブランドの若返りを図りたい」と考えていると報じられていて、コンパクトクラスに対する力の入れようが尋常ではないというイメージもあり、実際に新型GLAでは「他社のシェアを獲得する、そしてビタイチ譲らん」という強いメッセージを感じ、「これは売れそうだ」というのが偽らざる心境です。

ほかの画像はFacebookのアルバム「メルセデス・ベンツGLA」に保存中(63枚)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5