>ポルシェ911関連 ■ニュース

過去最高のこだわりと完成度を持つポルシェ911”サファリ”登場!内外装ともブラックとイエローで統一し、販売価格は約4000万円

投稿日:2020/07/12 更新日:

| たしかにここまでこだわって作られたポルシェ911サファリは他にない |

これまでにも数々のポルシェ911「サファリ」が製作されているものの、それらの中でもベストと思える911のオフロード仕様が登場。

これはケリー・モス・アンド・レース(KMR)によってカスタムされた911で、”ウィリー(Willy)”と名付けられた一台です。

もともとは1984年製の911カレラとして生を受けた個体だそうですが、ケリー・モス・アンド・レースの代表であるアンディ・キルコイン氏が2018年にこの911を購入し、その後カスタムしているうちに「結果的にこうなった」のだそう。

カスタムは「車体を全部分解してから」

この「ウィリー」のカスタムには10ヶ月を要し、同社にとって「もっとも手をかけた」カスタムカーとなったそうですが、いったん全てのパーツを分解してカスタムしながら組み上げたと紹介されており、それを考えると「けっこう早く作り上げた」とも言えそう。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-13

見ての通りボディはマットブラックにペイントされており、「ブラックとイエロー」に統一されているのが印象的。

フロントには30インチ、ルーフには40インチのLEDライトバーが装着され、ヘッドライトも現代っぽく改められて(インナーはブラック)フロントフード上のポルシェエンブレムはブラック、そしてルーフにはスペアタイヤが搭載されています。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-22

ホイールは17インチサイズの「フックス」レプリカ、タイヤは245/65サイズのBFグッドリッチ・オールテレーンKO2。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-20

テールには911カレラRS2.7ばりのダックテールスポイラー。

搭載されるエンジンはケリー・モス・アンド・レースによってチューンされた3.4リッター・フラットシックス(インジェクション化済み)、出力は340馬力。

ピストン、シリンダー、クランクシャフトに手が入り、制御はモーテックにて行うようですね。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-21

ブレーキシステムはブレンボ製のレーススペック、ダンパーはExe-TC製ツインチューブ、スプリングはアイバッハ製。

もちろんコントロールアームやブッシュ類も強化されている、とのこと。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-10

ケリー・モス・アンド・レース製911サファリのインテリアはこうなっている

そしてこちらはこの911サファリのインテリア。

エクステリア同様にブラックとイエローでまとめられていますが、アルミ製のペダルなど金属パーツもブラック仕上げに。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-9

シートはレカロ製だそうですが、ロゴはMOMO。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-8

シートベルトの金属部分も全てブラックに。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-23

ドアインナーパネルはパンチング仕様ですが、断面がイエローとなるように加工されており、スピーカーは「フォーカル」製。

ちなみにフォーカル製セスピーカーはコーンに「イエロー」を使用していることが特徴ですが、もちろん「イエロー繋がり」にて選ばれたのだと思われます。

そのほかプルタブにもイエローが採用され、とことんこだわった仕様を持っていますね。

Kelly-Moss-Porsche-911-Safari-5

なお、現在この911サファリ「ウィリー」は売りに出されているものの、さすがにこれだけのこだわりを持つだけあって、その価格は「邦貨換算で約4000万円」というプライスタグを掲げます。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5