>フェラーリ(Ferrari) ■近況について ■ニュース

フェラーリを購入するとこんな「豪華プレゼンテーションボックス」が送られてくる!その中身を見てみよう

投稿日:

| ボクの知る限り、ここまで手厚くオーナーを囲い込む自動車メーカーは他にない |

さて、今日はフェラーリを購入した際に届けられるプレゼンテーションボックスを紹介したいと思います。

フェラーリはクルマを注文したのちに様々なアイテムがそのオーナーへと届けられることが有名ですが、まず最初にプレゼンテーションボックスが届き、その後に生産過程を収めた画像や、デザイナーによって作成されたイラスト、そして自分が注文した仕様と同じミニカーが届く模様。※ギフトの内容はチョコチョコ変更されるようだ

今回紹介するプレゼンテーションボックスについてはフェラーリ本社から届けられるもので、内容としては二つのボックスに分けられています。

L1240408

これがフェラーリの注文から納車までだ!リトグラフ、特製キーケース、ミニカーなど様々な特典がある

| フェラーリをオーダーするということはやはり特別だ | さて、GQジャパンに連載中の「自動車評論家、西川淳氏がフェラーリ488スパイダーをオーダーし、納車されるまで」。 今回は第三回が掲載され、オー ...

続きを見る

プレゼンテーションボックスの内容はこうなっている

まずは2つあるうちの小さい方には、購入したフェラーリ(812スーパーファスト)と同じ1/43サイズのモデルカーが入っています。

金属の鋳造ですが、かなり細部まで作り込まれており、ずっしりとした重みがあるのが特徴。

L1240409

そしてもうひとつの大きい方の箱。

こちらの中身はこんな感じのマット仕上げカーボン製ケースです。

L1240415

底の方にはレッドのライン(底面はスウェードっぽい素材が貼られている)。

L1240418

フェラーリのエンブレムは単なる貼り付けではなく、表面とツライチ。

フェラーリは車両に入れるストライプについても、ペイントした際の段差が出ないように美しく塗装を行うことで知られますが(ランボルギーニも同じ)、こういったギフトにもその美意識が徹底されているということになりそうですね。

なお、ボックスの下部分と蓋部分との接合部にも段差や隙間などはなく、ヒンジについてもかなりしっかりとした作りを持っている模様。

L1240416

蓋を開けるとまずはスポンジ。

L1240420

蓋の裏面にはフェラーリのロゴ入りプレート。

ボックス本体は木製であり、表面にマット仕上げのカーボンファイバーを貼ったということになりますが、表面から見るとその継ぎ目はまったく見えず、このあたりも「さすがフェラーリ」。

ギフトといえど車両とおなじクオリティで作られていると考えて良さそうですね。

L1240419

スポンジを外すとこんな感じ。

カーボン製の台座に「My Ferrari Key」と書かれた楕円型のアクリル板、その横には「My New Ferrari」という文字とシルエットとが刻印された四角いアクリル版がはめこまれています。

L1240421

この台座もカーボン製で、ケース同様にレッドのライン入り。

L1240427

裏面はスウェード調素材が貼られ、「Ferrari」「Made in Italy」の文字。

L1240428

「812 Superfast」の文字が入ったプレートも。

L1240426

アクリル板は見ての通り相当な厚みがあります。

L1240425

なお、上述のように、後ほど「自分仕様」の1/43サイズミニカーが贈られてくるのだと思われ、それまではこうやってメタル製ミニカーを嵌め込み、楽しみに待てということなのでしょうね。

L1240429

試しにキーを置いてみるとこう。

L1240431

このセットだけでもそうとうなコストがかかっていると思われ、しかしフェラーリはそれでも顧客を手厚くもてなそうとしていることがわかりますね(もちろんそのコストは車両代金に含まれていると思われる)。

L1240445

フェラーリは現在ブランド価値No.1企業という評価が下されていますが、それは速いクルマを作ったり、限定車を著しく(販売台数、販売対象とも)制限しているからという理由だけではなく、こういったファンの囲い込み、そしていったん購入したユーザーの心を捉えて離さないマーケティングも大きく関係していそう。

全世界のブランド/企業中、フェラーリは「最も強力なブランド」No.1に。「最も優れた経営者」第二位は豊田章男社長!

フェラーリは全業種において圧倒的な知名度と収益性を誇っている ブランド価値調査会社「Brandfinace」が、ダボスにて行われた世界経済フォーラムにて発表したブランド価値調査によると、全業種にてフェ ...

続きを見る

スーパーカーは現代において「速く走るためのクルマ」というよりは所有意欲や自己満足を満たすためのひとつの道具であり、そういった商品を購入するオーナーに対してさらなる満足感を与える方法として、こういったプレゼンテーションボックスは非常に効果的なのだと思われます(スーパーカーそのものが、コレクターにとってはミニカーのようなものでもある)。

実際のところ、ランボルギーニも「購入者には、注文した車両と同じ1/18サイズのモデルカーをワンオフで製作してプレゼントする」というサービスを開始しており、スーパーカーの販売手法も時代、そしてスーパーカーのありかたとともに変わりつつあるということなのでしょうね。

ランボルギーニを注文すると「自分仕様の」1/18サイズミニカーがついてくる!加えて本社での納車式を検討してみる

この記事のもくじ1 | 最近のランボルギーニは色々と変わってきているようだ |1.1 ミニカーの製造を担当するのはMRコレクション1.2 ランボルギーニ本社での納車式「ラ・プリマ」を検討する1.3 こ ...

続きを見る

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5