>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

レクサスNXに小変更!あわせて”大人の色気ムンムン”な特別仕様車、”Spice & Chic” “Cool & Bright”が設定

投稿日:

| ここしばらくのレクサスは「和」をモチーフにした特別仕様車を連発している |

さて、レクサスが人気のSUV「NX」に一部改良を施し、同時に特別仕様車”Spice & Chic” “Cool & Bright”の2種を設定。

改良の内容そのものは些少にとどまり、全車にNX全車にパーキングサポートブレーキ(静止物)を設定し、マルチメディアシステムをSmartDeviceLink、Apple CarPlay、Android Autoに対応させた、とアナウンスされています。

特別仕様車レクサスNX300h/NX300“Spice & Chic”はこんなクルマ

まずは特別仕様車の片方「Spice & Chic(スパイス&シック)」について、ベースとなるのはNX300h“I package”、NX300“I package”。

エクステリアだと高輝度シルバー塗装を採用したフロントバンパーモール、ボディカラー同色フェンダーアーチモールを装備しているのが特徴です。

20200716_01_09

なお、アルミホイールは「ダークメタリックとブロンズ」とのコンビで、ここ最近レクサスは「ブロンズ」を推しているということが改めてわかりますね。

20200716_01_11

インテリアについてはクリムゾンカラーベース、もしくはブロンズカラーベースの専用カラーコーディネートを採用。

クリムゾンカラーベースの場合は「クリムゾンステッチにシルバーのオーナメント」が組み合わせられています。

20200716_01_02_s

一方の「ブロンズカラーベース」だとブラック内装にブロンズテッチとブロンズオーナメントという組み合わせ。

20200716_01_04_s

価格についてはNX300h”Spice & Chic”が5,523,000円(FF)と5,788,000円(AWD)、NX300”Spice & Chic”だと4,879,000円(FF)と5,144,000円(AWD)に設定されています。

特別仕様車レクサスNX300h/NX300”Cool & Bright”はこんなクルマ

もう一方の限定モデル、”Cool & Bright”のベースはNX300h“F SPORT”/NX300“F SPORT”。

20200716_01_14_s

エクステリアについては「ブラックスパッタリングアルミホイール」「ボディカラー同色フェンダーアーチモール」採用がこのモデルならではの特徴。

20200716_01_21_s

なお、このアルミホイールは”茶道の茶筅をモチーフ”。

数年前よりレクサスは「和」を意識したクルマづくりを行っており、やはり和をイメージした特別仕様車を展開してきましたが、今回の”Cool & Bright”もその流れを汲んでいる、ということですね。

20200716_01_23_s

インテリアについてはブラックをベースにブルーステッチ(インストルメントパネル・ステアリング・シフトブーツ・センターコンソール・ドアトリム、スポーツシート)を用いています。

20200716_01_15_s

価格についてはNX300h”Cool & Bright”が6,062,000円(FF)と6,327,000円(AWD)、NX300”Cool & Bright”が5,418,000円(FF)と5,683,000円(AWD)。

ともに特別サイトが公開済みで、NXのチーフエンジニアを務める加藤武明氏は、今回の特別仕様車について、下記の通り紹介しています。

NXは、都市を駆け抜けるPremium Urban Sports Gearとして誕生し、従来から「スポーティで若々しい」というイメージをお持ちの方も多いと
思いますが、今回の特別仕様車では、そこに新たな魅力と特別装備を加えた”Spice&Chic“と”Cool&Bright“の2つの異なるコンセプトで開発を進めました。
エクステリア、インテリア、そして機能においても、これまでのNXとは一味違った新しい魅力を感じていただけると思います。

LEXUS

参照:Lexus

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5