>ポルシェ911関連 ■ニュース

テックアート製パーツでフルカスタムされたポルシェ911(992)!外装はモノトーン、内装は情熱的なレッド

更新日:

| 徹底して色味を排除したエクステリアは新しい |

TAGモータースポーツによる、テックアート”フルカスタム”ポルシェ911カレラSカブリオレが公開。

テックアートはかなり早い段階から992世代の911向けのカスタムパーツを発売していますが、この車両はそれらパーツを「もれなく」盛り込んだ仕様となっています。

なお、テックアートが公式にてリリースした911カレラSカブリオレの画像は「ボディカラーがブラック」でしたが、このシルバーの個体はまた違った雰囲気を持つようですね。

テックアート製ポルシェ911カレラ用パーツは日本でも発売中

画像を見る限りだと、この個体はテールランプ、ハイマウントストップランプから「レッド」を排除しており、リアバンパー下部からもリフレクターを取り外すなど、とにかく色味を排除した仕様が特徴的。

porsche-911-992-cabriolet-techart-1

これらエアロパーツについては既に日本でも発売が開始されており、たとえばフロントスポイラーだと210,000円、フロントエアフレイム125,000円、エアアウトレット65,000円、サイドスカート210,000円、リアディフューザー165,000円、リアバンパーインサート70,000円、リアスポイラー65,000円、リアウイング750,000円、といった価格設定を持っています。

そのほかローダウンスプリング(70,000円)やエキゾーストシステム(チタン製で114万円!)も装着済み、とのこと。

なお、ホイール(フォーミュラV)はフロント用が1本240,000円、リア用だと1本270,000円。

porsche-911-992-cabriolet-techart-2

リアの「PORSCHE」文字は「TECHART」へと入れ替え(ブラックとシルバーがあり、それぞれ65,000円)。

porsche-911-992-cabriolet-techart-4

この911カレラSカブリオレについて、外装は「シルバーとグレー」でまとめているのに対し、インテリアでは「レッド」を積極的に使用しているように見えるのが面白いところ。

なお、テックアートではインテリア関連のカスタムパーツも多数発売しており、スポーツステアリング(240,000円、純正下取り)、インテリアキットI~II(270,000円~320,000円)も用意されています。

porsche-911-992-cabriolet-techart-5

992用テックアート製パーツには無限の可能性が

992用テックアート製エアロパーツはかなり複雑な構成を持っていて、フロントだと「レイヤー」となっているパーツも。

そのため、レイヤーによってカラーを変更するなどのオリジナリティも出すことができ、同じパーツを装着しても、ボディカラーや組み合わせるカラー、その人のセンスによって全然違う仕様となるようですね(フロントスポイラーはなんと13ピース)。

8

リアだとこう。

7

テックアートのオフィシャルフォトを見る限りでは「塗り分け」を積極的に推奨しているようですね。

9

インテリアもエクステリア同様、パーツ単位でのペイントを押し出しています。

10

参照:TechART

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5