>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ・ヤリスクロス用のオプション、「GRパーツ」がカッコいい!まさかのオフロード風で展開してきた

投稿日:

| たしかにヤリスクロスは「クロスオーバー」だ |

さて、トヨタが「ヤリスクロス」を正式に発売し、その価格や詳細を公開。

価格については、もっとも安価な「X Bパッケージ」が1,798,000円、最も高価な「HYBRID Z」が2,815,000円。

月販販売目標は4,100台(直近のニューモデル、ヤリスやライズの販売台数からすると少ないように思われ、おそらくはまた”予定販売台数の5倍の受注”といった報道がなされるものと思われる)、概要としては下記の通りに紹介されています。

なお、すでにKINTOにも登場しており、月額21,010円から乗れるようですね。

  • SUVならではの力強さ、存在感を表現したバランスのよい洗練されたプロポーション
  • ユーティリティ性にこだわり抜いた荷室空間でアクティブライフをサポート
  • 様々な路面状況に対応できる4WDシステムを、ガソリン車およびハイブリッド車双方に採用
  • ハイブリッド車は、SUVの常識を超えたクラス世界トップレベルの低燃費を実現
  • 多くの方が乗るコンパクトクラスだからこそ、「安全・安心」「快適・便利」な先進装備を多数搭載

ヤリスクロスの初期デザインはこうだった

なお、機能や詳細については多くのサイトが解説しているので、ぼくとしては気になった部分のみをピックアップしたいと思います。

まず、ヤリスの初期デザインはこんな感じだったと紹介されていますが・・・。

002

これがこういった「製品」となるのにはちょっと驚き。

001

なお、デザインについては「Robust & Minimalist」思想を採用し、デザインキーワードは「ENERGETIC SMART」。

トヨタとしては「アクティブで洗練された、バランスの良いプロポーション」「フロントからリヤコンビネーションランプまで高い位置で通り抜ける水平貴重」「張り出したフェンダーにて力強さを表現」「フロントの精悍な立体構成」をアピールしています。

ヤリスクロスの純正カスタムパーツはこうなっている

なお、新型車発表と同時に大量のカスタムパーツが発表されるのがトヨタの習わし。

今回のヤリスクロスにも多数の魅力的なカスタムパーツが用意されています。

まずはGRパーツ(TRD)を見てみようと思いますが、こちらは珍しい「オフロードテイスト」。

フロントガーニッシュ(33,000円)、サイドドアガーニッシュ(30,800円)、マッドフラップ(35,200円)、スポーツマフラー(82,500円)、18インチアルミホール&ナットセット(172,150円)等が揃います。

carlineup_yariscross_option_grparts_cover

次いで「モデリスタ・アドバンス・ロブスト・スタイル(MODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLE)」。

ちょっとメカメカしい、そして近未来的な印象を与えるデザインを持ち、フロントスポイラー(94,600円)、サイドスカート(66,000円)、リアスカート(59,400円)、カラードフェンダー(104,500円)、ルーフスポイラー(44,000円)、19インチアルミホイール&タイヤセット(313,500円)がラインアップ。

全体的には「ちょっとりすぎ」な気がしないでもなく、しかし個別のパーツだと魅力的なものもあり、気に入ったパーツ単体を選択してほかオプションと組み合わせ、「ブランドミックス」にて自分なりのヤリスクロスを作り上げるのも面白そうです。

carlineup_yariscross_option_modellista1_cover

もうひとつモデリスタからは「MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE(モデリスタ・エレガント・アイス・スタイル)」。

こちらもなかなかに凝った造形を持っており、フロントスポイラー(58,300円)、サイドスカート(66,000円)、リヤスパッツ(40,700円)、カラードフェンダー(104,500円)、フロントグリルガーニッシュ(38,500円)、ミラーガーニッシュ(16,500円)、ドアハンドルガーニッシュ(13,200円)リヤガーニッシュ(29,700円)、16インチアルミホイールセット(74,800円)が揃います。

carlineup_yariscross_option_modellista2_cover

そのほかにも内装パーツ、便利グッズなど、多数のオプションが用意されているようですね。

価格、その他の情報はこうなっている

ヤリスクロスの価格については下記の通り。

7

そのほか、モータージャーナリストによるインプレッション(ダイジェスト版)はこちら。

こちらはヤリスクロスのチーフエンジニア、開発陣の語る開発の裏側や熱い想い。

こちらはヤリスクロスを製造する「トヨタ自動車東日本」からのメッセージ。

参照:TOYOTA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5