>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

新型メルセデス・ベンツSクラス発表!「世界で最も空力が優れ」「世界で最も安全なクルマ」へ

投稿日:

| 大きなところよりも細部をすべてバージョンアップしてきた |

メルセデス・ベンツがフルモデルチェンジ版となる新型Sクラスを発表。

これまでにも数々のティーザー画像、リーク画像が流出していたものの、それでもいざ発表されてみると、これまで伝わってこなかったインパクトがあり、そこは「さすがSクラス」。

メルセデス・ベンツのフラッグシップだけあって、予想をずいぶん上回る機能そして装備を持って登場してきたようですね。

新型メルセデス・ベンツSクラスのデザインはこう変わった

なお、メルセデス・ベンツによれば新型Sクラスのハイライトは三つ。

ひとつは2つのハイブリッドパワーユニット、内装の巨大なセンタースクリーン、そして過去最高レベルのアクティブセーフティ。

それらについては後で述べるとして、まず外観を見てゆくと、長くなったフロントフード、シャープになったヘッドライト、ゆるやかに落ちてゆくルーフ、ここ3世代でははじめて採用された横長テールランプが大きな変更点。

2021-mercedes-benz-s-class-front

なお、フロントについてはバンパーと一体化したノーズが特徴的で、これがボンネットの延長のように見せることでさらにボディを大きく長く見せている模様。

これは近年のメルセデス・ベンツ、そしてマツダに顕著な手法でもありますね。

2021-mercedes-benz-s-class-side-profile

そしてリアだとバンパー下部が突出することで安定感を演出すると共に車体サイズを大きく見せることに。

これについても最近のメルセデス・ベンツが好んで用いる手法であり、新型Sクラスではさらにそれを発展させたデザインを持たせてきたということになりそう。

2021-mercedes-benz-s-class-rear (1)

タイヤとホイールはこれまでになく外に押し出されているように見え、さらにそのサイズが21インチに拡大されたことでどっしりと構えているという印象も。

2021-mercedes-benz-s-class-rear

テールランプはこれまでの「縦長」から「横長」となり、テールランプの間はクロームのストリップにて連結されることに。

なお、この横長クロームパーツはバンパーのアンダー部にも用いられ、ワイド感を演出しているようです。

全体的に滑らかな形状を持ち、これによってcd値は0.22となり、「もっともエアロダイナミクスに優れるクルマ」の一台に(テスラ・モデルSですらcd値は0.24)。

なお、全長、全幅、全高いずれもサイズアップしている、とのこと。

新型メルセデス・ベンツのディティールはこうなっている

そして細部を見てゆくと、ヘッドライト内部はよりシャープに。

デイタイムランニングランプの発光グラフィックはほかの最新メルセデス・ベンツと同じながらも、その構造は大きく変わっているようです。

2021-mercedes-benz-s-class-exterior

テールランプはメルセデス・ベンツにとって「初」の内部構造。

2021-mercedes-benz-s-class-exterior (3)

拡大すると、無数のモノリスのようなパーツがそびえ立っています。

2021-mercedes-benz-s-class-exterior (4)

そしてこちらも「初」の、格納式フラッシュドアハンドル。

2021-mercedes-benz-s-class-exterior (1)

上部にはクロームのトリムが装着され、オープンさせるとそこには「Mercedes-Benz」の文字。

2021-mercedes-benz-s-class-exterior (2)

新型メルセデス・ベンツSクラスの内装はこう変わった

そして新型メルセデス・ベンツSクラスのインテリアに目を移すと、センターコンソール上の12.8インチという巨大なサイズを誇るディスプレイが目を引きます。

これはOLEDとなっていて、従来のLEDよりも30%ほど消費電力が小さいとアナウンスされています。

もちろんこれは最新のインフォテイメントシステム(MBUX)によって操作され、例の「ハイ、メルセデス」で起動が可能。※27カ国語に対応

表示テーマは「ディスクリート」「スポーティー」「エクスクルーシブ」の3つから選ぶことができます。

そしてインテリアは全体的にシンプルに、そして先進的なデザインへと移行し、先代に比べると物理的なスイッチが27個も少ない、とのこと(そのぶんはタッチ式ディスプレイ、もしくは音声にてコントロールを行う)。

2021-mercedes-benz-s-class-interior

ダッシュボードやエアコンベンとは「ヴィジョンEQS」や「マイバッハ・アルティメイト・ラグジュアリー・コンセプト」にて採用された意匠がふんだんに盛り込まれ、これまでの「重厚な高級さ」から「シンプルモダンなラグジュアリー」へと見事に世代交代を果たしています。

ステアリングホイールも最新世代へと移行し、手元でコントロールできる部分がさらに増えているようですね。

2021-mercedes-benz-s-class-interior (1)

シート表皮はもちろんナッパレザーで、ヒーターやベンチレーションはもちろん、10を超えるマッサージパターンも内蔵。

なお、メルセデス・ベンツは「ヴィーガン対応」インテリアを準備しているとも言われたものの、新型Sクラスではとくにアナウンスはなく、その採用は見送られたのかもしれません。

2021-mercedes-benz-s-class-interior (2)

そして安全性においては「メルセデス・ベンツが提供しうるすべて」の機能を内包し、もちろんエマージェンシーブレーキやアクティブステアリングアシスト、アダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、クロストラフィックアラート、ブラインドスポットモニター等を装備。

乗用車として初めて後席エアバッグを装備した、とも公表されています。

2021-mercedes-benz-s-class-interior (3)

新型メルセデス・ベンツSクラスのパワートレーンはこうなっている

そして新型メルセデス・ベンツSクラスのパワートレーンについてですが、「S500」には3リッター直6+ISGによって429HPを発生。

「S580」にはV8ツインターボ+EQブーストにて469HPを発生する、とのこと。

現時点ではパフォーマンスに関する数値の発表はなく、追って発表されることになりそうです。

2021-mercedes-benz-s-class-rear (2)

参照:Mercedes-Benz

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5