■近況について ●ポルシェ・マカン

注文したポルシェ・マカンSに装着するパーツ類を続々発注!ひとまず現時点ではこういったものを装着予定

投稿日:2020/09/18 更新日:

| いずれも実用品と小物の粋を出るものではないが |

さて、先日イキナリ注文してしまったポルシェ・マカンS。

中古車なので納車までのタイミングが早く、よって取り付けるものなどを急いで用意している状態です。

今回用意したのは「レーダー探知機」「ドライブレコーダー」「メーターリング」「ナンバープレートボルト」「カーボンキーカバー」の5つですが、前の二つは納車前に取り付けてもらうことになるのですでに(購入先の)ポルシェセンター中大阪さんに発送済み。

ここでそれらを紹介してみたいと思います。

レーダー探知機はユピテルを選択

まず、レーダー探知機にはユピテルのGS203。

これは移動式オービス(レーザー)に対応した製品で、実際にオートバックスの店頭にて同等の他社製品(セルスターやコムテック)と比較した結果、操作性や表示等の面で「ユピテルが一番」という結論に至っています。

なお、この「移動式オービス」への対応は急務だろうとも考えていて、同じものを718ケイマンにも装着していたのですが、非常に満足しているために納車待ちのウラカンEVO RWD用、そして今回のマカン用としても同じものを購入しています。

L1210658

ドラレコはケンウッド製

そしてドライブレコーダーについてはケンウッドDRV-MR745。

ユピテル、セルスター、パイオニア等と比較し悩んだものの、駐車後も一定時間録画が可能であること(他製品も録画できるが、ケンウッド製がっもっとも長い時間の記録が可能)、カメラ性能が高いこと、モニターのサイズが大きいこと、その割に本体サイズが小さいこと等が決定打となっています。

L1210659

ちなみにマカンのフロントウインドウには「グレーバンド」も「ドット」もなく、その状況でドラレコを両面テープで(ガラス内側に)貼り付けると、外から見たときに(カメラを取り付ける両面テープがモロ見えで)著しく美観を損なうことになり、そこでこういった「ドットステッカー」を別途購入しています。

これをまず先にフロントウインドウ内側に貼っておき、その上から両面テープでドライブレコーダーを貼り付けると(両面テープが)目立たないという寸法ですね。

L1210660

ドライブレコーダー最新モデル比較!ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着するのはケンウッドDRV-MR745に決定

メーターリングは718ケイマンでもおなじみの社外品

そして次は「メターリング」。

718ケイマンに装着していたものと同様の製品ですが、比較的気に入っていたということもあってマカン用も手配中(まだ届いていない)。

できればシルバーが欲しかったのですが在庫がなく、画像の「ブルー」を選んでいます(ボディカラーもブルーなのでちょうどいいかも)。

8

ナンバープレートボルトも「定番カスタム」

ぼくがクルマを購入すると必ず交換するのがナンバープレートボルト(納車時についてくるボルトは見た目があまりよろしくないから)。

今までにも様々な物を使用してきましたが、最近のお気に入りは「ネジのトミモリ」で購入した、フラットヘッドなアルミ製ボルト。

様々なカラーがあり、ボディカラー同色(ブルー)についても検討したものの、結果的に「ブラック」を選択しています(マカンはブラックの部分も比較的多いので)。※画像は718ケイマン

やはり純正のキーカバーでは色気が足りない

そしてやはりポルシェを購入したら交換しておきたいのが「キーカバー」。

純正のキーカバーは樹脂そのままのブラックであるためやや高級感に欠け、よってぼくはいつもキーカバーを交換しているわけですね。

今回は社外品の「カーボン製」を購入しています。

L1050092

そのほかにも買い足すものなどあるかと思われますが、その際は随時アップしてゆく予定。

加えて納車後にはなりますが、それぞれを装着した様子についても公開したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■近況について, ●ポルシェ・マカン
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5