>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

BMWがNYのセレクトショップ「KITH」とコラボ!E30 M3、M4をワンオフのカスタム仕様で製作

更新日:

| 今までBMWはこういったことを行う会社ではなかったが |

BMWがM3ロニー・フィグ(Ronnie Fieg)エディション、そしてM4デザインスタディ・バイ・キス(KITH)を発表。

KITHはニューヨークの人気セレクトショップ、そしてロニー・フィグはそのオーナーですが、BMWがセレクトショップとのコラボレーションを行うというかなり珍しい例となっています。

はじまりはM3のレストアから

このスペシャルモデル2台については、まずロニー・フィグが自身の1989年製M3をBMWへと送り、「BMW純正パーツを使用してフルレストアを行って欲しい」と依頼したところからスタートしており、BMWがその要望に応えることで「31年前のクルマが新車として」蘇ることとなったわけですね。

BMW-E30-M3-Ronnie-Fieg-Edition-and-M4-Design-Study-3

ただし画像を見ても分かる通り「ただレストアしただけ」ではなく、幾つのかのボディパーツやホイール、そしてインテリアについてもカスタムが施されているといい、よくBMWがこの注文を受けたな、という印象も。

BMW-E30-M3-Ronnie-Fieg-Edition-and-M4-Design-Study-2

E30 M3は一部を除くとオリジナルに近く、キドニーグリルやホホイール、ドアミラーをブラックにペイントしていないのはちょっと意外。

BMW-E30-M3-Ronnie-Fieg-Edition-and-M4-Design-Study-5

ただしロニー・フィグの要望が「全部純正パーツで」であったことを考えると、オリジナルを重視したのは当然なのかもしれませんね。

BMW-E30-M3-Ronnie-Fieg-Edition-and-M4-Design-Study-7

一方でM4のほうは思いっきり現代的で、ブラックを積極活用し、むしろクロームパーツを完全排除。

BMW-E30-M3-Ronnie-Fieg-Edition-and-M4-Design-Study-17

カーボンファイバーも積極的に取り入れているようですね。

BMW-E30-M3-Ronnie-Fieg-Edition-and-M4-Design-Study-18

まさかBMWがここまでやるとは

そして驚きなのがリアのエンブレム。

MバッジをKITHとのコラボバージョンへと変更しており、まさかBMWがこういった対応をするとは、という印象です。

ちなみにE30 M3のほうにはクロムーバージョンの「M+KITH」エンブレムが装着済み。

BMW-E30-M3-Ronnie-Fieg-Edition-and-M4-Design-Study-19

アームレスト、そしてシートのヘッドレスト(前後)にもKITHモノグラム、シートバックのバッジもKITHマークとなり(こちらは光る)、とにかく手が混んでいるのがこのKITH仕様。

BMW-E30-M3-Ronnie-Fieg-Edition-and-M4-Design-Study-21

そのオーナーの平均年齢が高齢化しつつあるBMWですが、KITHのようなセレクトショップとのコラボレーションは「顧客層の若返り」には非常に効果があるものと思われ、今後はこういった例が増えてくるかもしれませんね。

合わせて読みたい、関連投稿

参照:BMW Blog

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5