>ポルシェ(Porsche)

え?これがポルシェ?センターシート採用のポルシェ製ミニバン「ヴィジョンRenndienst」が公開

投稿日:2020/11/13 更新日:

ポルシェのミニバン?ヴィジョンRenndienst

| ヴィジョンRenndienstのパワートレーンはフルエレクトリック、ドアミラーは「カメラ」 |

さて、ポルシェの公開する「実現しなかったコンセプトカーシリーズ」、今回は「ヴィジョンRenndienst」。

これは見ての通り「ミニバン」という、ポルシェのイメージから程遠いところにあるクルマです。

ただしこのヴィジョンRenndienstにはちゃんとルーツがあるそうで、どうやらポルシェがかつて使用していたフォルクスワーゲン・バスをモチーフにしている、とのこと。

Porsche-Vision-Renndienst-3

2018年に製造されたのち、一度も公開されたことはない

なお、このポルシェ・ヴィジョンRenndienstが製造されたのは2018年。

つまり比較的最近ということになりますが、今に至るまで公開されたことはなく、今回はじめて陽の目を見ることとなっています。

Porsche-Vision-Renndienst-4

ボディ表面は滑らかなラインを持ち、ヘッドライトやテールランプはボディにインテグレート。

なお、テールランプはLEDライトバーを採用していて、これはポルシェの各現行モデルと同様ですね。

ちなみにホイールはポルシェらしくないデザインだと思います。

Porsche-Vision-Renndienst-5

ポルシェ・ヴィジョンRenndienstはセンターシートを採用

ポルシェはこのヴィジョンRenndienstのインテリアを公開していないものの、フロントにはセンターシートを持つ「3座」、リアには2つのシートを持つ5人乗り。

センターシートというとマクラーレンF1やゴードンマレーT.50を連想しますが、もちろんこれらの「ロールセンターを適正化する」という理由とはまた別の(室内空間を有効活用するという)思惑があるのだと思われます。

なお、パワートレーンは「ピュアエレクトリック」、そしてそのコンポーネントはすべてフロア下に収められているようですね。

Porsche-Vision-Renndienst-6

ポルシェとしてはそうとうに珍しいクルマではありますが、もし発売に至るとなると、意外や売れそうな気も(少なくとも、ぼくはけっこう欲しいと思う)。

Porsche-Vision-Renndienst-1

なお、ポルシェはスポーツカーメーカーとして有名ではありますが、かつて中国向けにコンパクトカーの設計を行ったことがあり、決してその歴史は「スポーツカー一点張り」ではないこともわかりますね。

【動画】え?ポルシェが中国向けに1.1リッター、FFの大衆車を提案したことが?「ポルシェC88」はこんなクルマ

| ポルシェが中国政府からの要望を受け、試作車を製作するもその後プロジェクトはキャンセルに | 「え?ポルシェがこんなコンセプトカーを?」思わずそう言いたくなるほど奇妙なデザインを持つのが「ポルシェC ...

続きを見る

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェヴィジョン920
ポルシェが「お蔵入りデザイン集」を順次公開!まずはル・マン参戦を継続していたらというIF設定の"ヴィジョン920"

この記事のもくじ1 | ポルシェが公式にて”市販されない”クルマのデザイン案を公開するのは珍しい |1.1 もしもポルシェが耐久レースを続けていたら2 ポルシェ・ヴィジョン920はこんなレーシングカー ...

続きを見る

ポルシェ934/5、同じマルティニカラーのVWバスが一緒に競売へ。VWバスはポルシェエンジン搭載

ポルシェ934/5(1976年)と1977年製VW T2トランスポーターが同時にオークションへと出品されることに。 両車とも同じマルティニカラーに彩られ、相当にコレクション価値は高そうです。 ポルシェ ...

続きを見る

まさかの公式!VWがかつての「ワーゲンバス」をEVにコンバートし公開。サスペンションはポルシェとの共同開発

| ホイールなどのデザインは「ボタニカル」 | フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン・タイプ2をレストア。これは、フォルクスワーゲンの「エレクトロニクス・リサーチ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f