>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各社業績/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >フォード(FORD) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >スバル(SUBARU) ■ニュース

「もっとも信頼できる車」「買ってはいけない車」10選!さらに「お勧めを取り消した」16台(米コンシューマーレポート)

投稿日:

| やはり品質面評価では日本車の独壇場 |

さて、米国コンシューマーレポートは「自動車メーカーごとに信頼性調査結果」を発表したところですが、今回は「車種ごとの信頼性」ランキング。

「最も信頼できるクルマ」「もっとも信頼できないクルマ」、そして「最新の調査にて信頼を失ったクルマ」を紹介したいと思います。

マツダMX30
参考マツダが初の首位を獲得!自動車メーカー信頼性調査最新版。上位常連のレクサスとポルシェがダウン、一方で米国勢の品質が向上

この記事のもくじ1 | マツダはこれまで「コツコツと」信頼性調査の順位を上げてきた |2 マツダが初の「信頼性」首位を獲得2.1 コンシューマーレポート「自動車信頼性ランキング」最新版3 大きくランキ ...

続きを見る

「信頼性」調査項目、調査方法は?

まず、この調査については、コンシューマーレポートが329,000台におよぶ車両とその所有者を対象に行われたもの。

項目は17箇所あり、エンジンや駆動系、エアコンなど車の基本的な部分からブレーキの鳴きや内装パネルの浮きなどなど。

これらに加えて顧客満足度や、コンシューマーレポート自身が試買テストを行った内容が加味され、100点満点中何点を取得したか、という採点がなされます。

最も信頼できるのはこのクルマ

そしてまずは最も信頼できる、つまりコンシューマーレポートが「買って間違いない」と考えるクルマ「TOP10」。

このランキングを見ると、10位中6台が日本車、そしてアメ車と韓国車が1台づつ、そしてドイツ勢はアウディのみのランクインとなっています。

買うべきクルマ TOP10

  1. トヨタ・プリウス・・・93ポイント
  2. レクサスNX・・・91ポイント
  3. ビュイック・アンコール・・・91ポイント
  4. レクサスGX・・・90ポイント
  5. ホンダHR-V・・・89ポイント
  6. トヨタ・プリウス・プライム(PHV)・・・88ポイント
  7. ヒュンダイ・コナ・・・87ポイント
  8. アウディA5・・・86ポイント
  9. アウディA6・・・86ポイント
  10. マツダCX-5・・・85ポイント

買ってはいけないのはこのクルマ

そして次はコンシューマーレポートが「もっとも信頼性が低い」つまり買ってはいけないと考えるクルマたち。

ワースト1のシボレー・シルバラードはなんと「13」という低い数字であり、トヨタ・プリウスの「93」とは大きな隔たりがあるようですね。

ちなみにテスラは車種単体そしてブランドとしての評価もかなり低く、しかし実際には多くの消費者の支持を得ており、一部で「評価と現実とは異なる」傾向もみられます。

買ってはいけないクルマ TOP10

  1. シボレー・シルバラード・・・13ポイント
  2. スバル・アセント・・・18ポイント
  3. フォルクスワーゲン・アトラス・・・19ポイント
  4. ジープ・コンパス・・・21ポイント
  5. ボルボCX90・・・26ポイント
  6. シボレー・コロラド・・・26ポイント
  7. テスラ・モデルS・・・26ポイント
  8. ジープ・ラングラー・・・27ポイント
  9. フォード・エコスポーツ・・・28ポイント
  10. ボルボXC60・・・28ポイント

なお、スバル・アセントはこの一台でスバル全体の信頼性を大きく落としていますが、過去に何度か重大リコールを出したことも(ただしよく売れている車種でもある)。

そして以前のように「ワースト10はアメ車一色」でなくなってきているのも見逃せません。

スバルの2019年北米販売は2.9%増。とくにアセントが129%増を記録し、もはや成長は”SUV頼み”。一方でBRZは39.1%のマイナスに

| この状況でスポーツカー開発が許されないのは仕方がない | とにかくアメリカでは「SUVしか売れない」状況のようですが、それ以上に明白なのが「スポーツカーが売れない」。これはいずれのメーカーも例外で ...

続きを見る

もはや「お勧めできなくなった」クルマは?

そしてこちらは「もはやお勧めできなくなった」クルマ。

最新の調査の結果や試買テストによって「お勧め」評価を取り消したクルマということになります。

ここで「お勧め取り消し」となった16台を見てみましょう。

もうオススメできないクルマ 16選

  1. アウディe-tron
  2. アウディQ3
  3. BMW X3
  4. フォード・レンジャー
  5. ジェネシスG70
  6. インフィニティQX50
  7. キア・フォルテ
  8. キア NIRO EV
  9. キア・ソウル
  10. ミニクーパー
  11. 日産ローグスポーツ
  12. ポルシェ・タイカン
  13. スバル・アセント
  14. テスラ・モデルS
  15. フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
  16. ボルボXC60

これらの「お勧めできない」ラインアップを見るに、EVがけっこう多くランクイン。

そしてキア、ミニクーパーはコンシューマーレポートの「お勧めできない」常連でもあるようですね。

合わせて読みたい、関連投稿

米国品質調査においてヒュンダイ「ジェネシス」がレクサスに大差をつけて”もっとも信頼性の高いブランド”に。韓国車はそんなにいいクルマになったのか?

この記事のもくじ1 | ヒュンダイはデキるスタッフを揃えただけにその進化が早い |1.1 自動車メーカー各車の「信頼性ランキング」はこうなっている1.2 セグメント別の「信頼性が高いクルマ」はこういっ ...

続きを見る

米コンシューマーレポートが「最も信頼できる」「最も信頼できない」「もうお勧めできない」リストを発表。「最も信頼できない」10台のうち6台はアメ車

アメリカ人が信頼していないクルマもまたアメ車 米国において大きな影響力を持つ調査機関「コンシューマーレポート」が各種調査を発表。今回は「もっとも信頼できるクルマ」「もっとも信頼できないクルマ」「これま ...

続きを見る

スズキ・ジムニーが米にて1995年以降発売されておらず、スズキが米国から”4輪事業撤退”せざるを得なくなったのは「1冊の雑誌」のフェイク記事が原因だった!

| 信じられないが、どうやら本当のようだ | さて、「スズキ・ジムニーに対するフェイクニュースが、スズキの米国での販売を引き上げさせた」という動画について。 今回はその後編をお届けしたいと思います。 ...

続きを見る

参照:Consuper Report

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5