>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

え?これが営業車のプロボックス?中古車両をリノベーションしてVWゴルフIっぽいルックスをゲットした「リノカ ユーロボックス」発売開始!

投稿日:

トヨタ・プロボックスベースのカスタムカー、「リノカ ユーロボックス」

| 営業車でおなじみのトヨタ・プロボックスがこんなにオシャレになるなんて |

さて、ランドクルーザーやハイエースの中古車販売で知られるショップ、「FLEX(フレックス)」。

2017年に中古車をベースにカスタム(リノベーション)するサービス、「リノカ(Renoca)」を開始していますが、今回はそのリノカの新シリーズとして、トヨタ・プロボックスをベースとした”ユーロボックス”を発表しています。

中古のプロボックスをベースにフロント周りをゴルフI風にカスタムし、さらにはオールペン、内装張り替えを施して約180万円~約250万円くらいという費用感です(ベース車によって価格が上下する)。

商用車ならではの使い勝手を重視

なお、フレックスがプロボックスを選んだのは”タフで使いやい実用的な車”だからだとされ、その例として「一列目の座席リクライニングは、営業中の仮眠仕様」「1リットルパックを差し込めるホルダー」「コンビニフックの位置は、吉野家の牛丼を3つ重ねで安定して吊り下げられる」ということを掲げています。

15

インテリアはこんな感じでチェックへとオシャレに変身。

47

ちなみにボディカラーはグレー、ベージュ、ブルー、ブラック、ホワイト、レッド、カーキが揃っており、独特の世界観を構築しているようですね(フレックスでは、一部を除いてレトロなボディカラーを採用することが多いようだ)。

11

FLEXでは多数のランドクルーザーベース「リノカ」を提案

なお、フレックスではこのユーロボックスに先駆けて多数のリノカーを提案。

ぼくの自宅の近くに2店舗ほど軒を構えているせいか近所でも見かけることが多く、ここでその一部を見てみましょう。

アメリカンクラシック

まずこちらはランドクルーザー・プラドをベースとした「アメリカンクラシック」。

光岡自動車が最近「アメリカンSUV」っぽい”バディ”を発表して話題となりましたが、同じ路線だと言えるかもしれません。

img1

106

こちらは100系ランドクルーザーベースの「106」。

60系ランクルをイメージしているものの、フューチャー的要素も取り入れています。

img0 (1)

PHOENIX

80系ランドクルーザーをベースにした「フェニックス」。

TOYOTA文字入りのフロントグリル、そしてツートンカラーがいい感じですね。

img1 (1)

WONDER

80系ランクルを60系風に巻き戻した「ワンダー」。

このワンダーの開発時には「リノカ」というブランドも存在しない4年前だったそうですが、これがリノカの出発点だと言えそうですね。

ライトブラウンのスモークガラス、アイボリーのルーフが超レトロです。

img1 (2)

COLOR BOMB

ランドクルーザー・プラドベースの「カラーボム」。

ほかのランクルカスタムとは打って変わってのビビッドなカラー、そしてルーフラックやリムプロテクター、オーバーフェンダーといったワイルドな装備が特徴です。

なお、ヘッドライトは「角目」も選べるとのこと。

img1

ハイエースもこんなにオシャレに

そしてフレックスが最も得意としているであろうハイエース。

どういったラインアップがあるのかを見てみましょう。

まずはナローボディをベースとした「コーストライン・ナロー」。

丸目も選べるようですね。

img1

こちらはナローではない「コーストライン」。

イメージはシェビーバンだそうですが、ちょっとやさしい顔つきになる丸目も選択可能です。

img1 (1)

参照:FLEX

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5