>アウディ(Audi) >テスラ(TESLA) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■そのほか車関連のネタなど

世界でもっともEV化が進むノルウェー。2020年のEV販売比率は昨年の42%から54%へ。PHEVを足すと74.8%。10台のうち7~8台が電動化車両という計算に

投稿日:

アウディe-tron

| いったいなぜノルウェーではそんなにEVが売れるのか |

さて、世界で最も電動化が進んでいると言われるノルウェー。

2020年11月には「電動車販売最高記録」を打ち立てたばかりですが、12月にはまた記録を塗り替えており、PHEV、ピュアEVを足した電動車車両の販売は昨年同期比で198%増加し、自動車総販売台数における87.1%に達したと報じられています(つまり10台のうち9台がエレクトリック化されたクルマ)。

なお、PEHVとEVとの内訳は下記の通り。

もはや普通のハイブリッドカーはエコカーとして捉えられていないようで、しかもBEVとPHEVとの伸び率を比較すると、PHEVよりもEVを選ぶ傾向が強く、2021年は相当にBEVとの販売が伸びそうですね。

EVとPHEVのシェア

  • ピュアEV(BEV)・・・前年比+301%、シェア66.7%
  • PHEV・・・前年比+62%、シェア20.4%

ノルウェーにて「1,000台目の」ポルシェ・タイカンが納車される。同国は世界一EV普及率が高く、ポルシェはタイカン投入によって大きく販売が伸長

この記事のもくじ1 | ポルシェ・タイカンはテスラの販売を多少なりとも侵食することになりそうだ |1.1 なぜノルウェーではEVの普及率が高いのか1.2 ニコ・ロズベルグはタイカンでドリフト1.3 タ ...

続きを見る

年間通じてはじめてEV販売が過半数を超える

そして年間通じてもこの数字は大きく変わらず、2020年のBEV販売シェアは2019年の42%から54%へ。

つまり10台のうち5台以上がピュアEVということになりますね。

PHEVだと20.4%のシェアを占めており、これらを足すとなんと74.8%が電動車車両という数字です(普通のハイブリッドカーまで含めると、電動可比率は83%に達する)。

ノルウェーでもっとも売れたEVは?

そこで気になるのが「どのクルマが売れたのか」。

年間で見るとなんとアウディe-tronが1位で9,227台。

そして2位はテスラ・モデルSの7,770台、3位はフォルクスワーゲンID.3の7,754台。

ただしここで注意を要するのは、VW ID.3のデリバリー期間がわずか4ヶ月しかなかったことで、もし通年販売できていれば2万台をゆうに超え、ぶっちぎりの1位を獲得していた可能性もありそうです。

このあたりはテスラにとって脅威でもあり、それが「中国で生産」「ドイツにもギガファクトリー建設」を急いだ理由なのかもしれません。

なぜノルウェーではここまでEVが売れるのか?

なお、ノルウェーは2025年までに、販売する新車すべてを「ゼロエミッション車」とすることを目標に掲げていて、そのために様々なEV優遇施策を打ち出しています。

その一部としては関税や付加価値税の免除、高速道路の無料化、バス専用レーンの通行可能化、シティセンターへの駐車無料化が挙げられますが、その中でも大きなものは「関税」。

国によっては自動車に関税をかけており、アメリカだと2.5%、EUは10%、韓国は8%、中国は25%、タイは80%、インドネシアは40%、インドでは125%、フィリピンでは30%、ベトナムでは67%といった具合です。

特に東南アジアの関税が高いということがわかり、関税率80%だと1000万円の車が1800万円になってしまうので、関税を回避するために様々な国で「脱税」行為が行われるわけですね。

【動画】インドネシアにてスーパーカー、フェラーリ、ポルシェ、マクラーレン等高級車の「密輸」摘発続々。関税40%、驕奢税125%がその原因

| 脱税が見つかっていないクルマもきっと多い | Newsweekによると、インドネシアにて高級車の「密輸」が横行している、とのこと。密輸が起きる背景として、「関税40%」「驕奢税125%」という高額 ...

続きを見る

つまり関税はそれくらい大きな負担となっているということになり、その関税を取り払えばEVはかなり(ガソリン車に対して)安い買い物になる国が多数あるということになりますが、日本の場合はもともと(自動車に対する)関税がゼロなのでこの手が使えず、さらには自国で生産しているEVについては最初から関税の対象にならないので、これはEV普及の足かせになる部分なのかも(かわりに様々な対策を講じるとは思うが)。※日本にいると想像しにくいが、世界的に見ると自動車メーカーを持つ国のほうが少なく、その国を走る自動車が「すべて輸入車」という国も少なくはない

2020年、ノルウェーで売れたクルマは?

参考までに、以下が2020年12月にノルウェーで売れたクルマTOP10。

今年から来年にかけては多くのEVが市場投入され、1~2年後のランキングはまた大きく変わっているものと思われ、現在は大きく差が開いている「2位と3位」についても、その差が詰まってくるのかもしれません。

ノルウェーでの自動車販売ランキング

  1. テスラ・モデルS・・・4,232台
  2. フォルクスワーゲンID.3・・・7754台
  3. ボルボXC40リチャージ・・・772台
  4. 日産リーフ・・・692台
  5. ポールスター2・・・670台
  6. アウディe-tron・・・454台
  7. メルセデス・ベンツEQC・・・426台
  8. ヒュンダイ・コナ・エレクトリック・・・367台
  9. MG ZS EV・・・358台
  10. BMW i3・・・240台

参照:InsideEVs

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f