■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

ブランドバッグはもう「通貨」!ルイ・ヴィトン・カプシーヌMINI サハラを買う。将来的に値上がりするといいな・・・。

投稿日:2021/01/17 更新日:

ルイ・ヴィトンの限定バッグ「カプシーヌ・サハラ」

| 限定スニーカーと同じく、限定バッグは「相場」が形成されている |

さて、ルイ・ヴィトンのバッグ「カプシーヌMINI」を購入(といっても自分で使うわけではありませんが)。

この「カプシーヌ」とは、ルイ・ヴィトンが1854年に第一号店を開いた通りの名だそうで、それだけルイ・ヴィトンにとっては力の入っているシリーズということになりそうです。

ちなみに薄汚れているように見えるものの、これはクロコダイルの自然な風合いを生かした状態での仕上げを行っているため。

「サハラ」はルイ・ヴィトンによるエルメス「ヒマラヤ」への対抗?

なお、このサハラはエルメスのバーキン「ヒマラヤ」への対抗だと考えているのですが、というのもルイ・ヴィトンはエルメスの取得に失敗し、訴訟沙汰になったことがあるためで、この一件によってルイ・ヴィトンはエルメスに対して尋常ならざる対抗心を抱いたのだと考えられます。

実際のところ、この「サハラ」はエルメスの「ヒマラヤ」と同じクロコダイル(3種類ある中でも、もっとも希少なニロティカスを使用)を素材に使用し、両端が濃くなるというカラーリングも良く似ています。

ちなみにエルメス「ヒマラヤ」はバッグ史上最高額となる約4200万円という価格で落札されていて、ルイ・ヴィトンも「そこを目指したい」のかもしれません。

L1300266

参考までに、ヒマラヤは「ヒマラヤの雪解け」をイメージしており、サハラは「陽光に照らされたサハラ砂漠」をイメージ。

このサハラについては生産数が相当に絞られており、ぼくとしては「ヒマラヤほどではなくとも、価格が上がってくれるといいな・・・」と考えている次第です(今回は日本に5個ほど入ってきたようですが、次はいつ入ってくるかわからない)。

なお、現代において、限定スニーカーや限定バッグは「通貨」として機能していて、うまく選んでゆけば大きなリターンを生む資産として機能するという事実もあり、このサハラについても「メルセデス・ベンツAクラス1台分」という高価な製品ではあるものの、「大きな利益を産めども、まず損することはない」製品だと捉えています。

もうひとつ参考までにですが、コロナ禍にてエルメスは相当に販売が落ちたとされ、それを補うために生産を増やしているとも言われていて、実際にバーキンは以前に比べて手に入りやすくなっているとも報じられ、これまで店頭に並ばなかったようなモデルもショーケースに並ぶことがある模様。

エルメスが販売を伸ばそうとするとバーキンのようなアイコニックな製品を増産するのが「手っ取り早く」、しかしこれはバーキンの価値を下げてしまう可能性も。

L1300229

反面、ルイ・ヴィトンが販売を伸ばそうと考えたとしても、定番ラインのラインアップを拡大すればいいだけで、限定モデルやエキゾチックレザーを使用した特殊な製品を量産する必要はなく、よってブランド価値を維持することが可能です。

つまりエルメスの販売は特定の製品に依存する傾向があるものの、ルイ・ヴィトンではそうではないということで、ルイ・ヴィトンは「裾野が広いからこそ」その頂点のラインアップの生産を絞ることができる、とも考えることができます。

ルイ・ヴィトン・カプシーヌMINI サハラの付属品はこうなっている

そしてこちらはカプシーヌMINI サハラの付属品。

メッセージカード、クロコダイルやリザード、パイソンなどエキゾチックレザーの手入れを記した説明書、そして原産地証明。

L1300231

シリコン製の「バッグにピッタリフィットする」レインカバーも付属していますが、これはいままでに見たことがない付属品。

L1300232

そしてこちらは保存袋。

これは「高額製品専用バージョン」で、生地が二重になっていたり、裏面にも縫い目が露出せずにバッグを傷つけない仕様になっていたり、ドローコードにレザーが付いていたり、LOUIS VUITTON文字が刺繍だったりします。

L1300234

ルイ・ヴィトン・カプシーヌMINI サハラはこんなバッグ

そしてこちらがカプシーヌMINI サハラ。

L1300269

仕上げは「ハーフマット」で、ツヤが抑えられています。

L1300246

金具はシルバー。

バッグの前面に使用されているのがクロコダイルの「腹」部分なのだそう。

L1300244

ウロコみたいな四角い部分に「白い点」が見えますが、これはニロティカスのみにあらわれる特徴だとされています。

L1300241

四角と四角との間には微妙にシルバーの着色がなされ、ちょっとメタリックな印象も。

L1300247

裏面までもがクロコダイル(”足”部分の金具にもLOUIS VUITTONの刻印がある)。

L1300248

内側はゴートスキン(ちゃんと保護用のクッションが入っている)。

L1300253

フラップにはモノグラムフラワー。

このフラップを前に出すことで、「別の表情」を楽しめるようですね。

L1300256

ショルダーストラップの表裏ともクロコダイル(これだけでかなりの値段がしそうだ・・・)。

L1300285

ルイ・ヴィトン・カプシーヌMINI サハラを紹介する動画はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f