>テスラ(TESLA)

イタリアの富裕層向けコーチビルダーが「1台限定」でテスラ・モデルSを2ドア&オープン化!このセンスはさすがイタリア

投稿日:2021/02/01 更新日:

テスラ・モデルSカブリオレ(アレスデザイン)

| 「現実に存在し得ないはず」のクルマを作るのはコーチビルダーならでは |

さて、デトマソ・パンテーラを現代に蘇らせたり、フェラーリ250GTOのオマージュモデルを製作する計画を公表したことで広く知られるようになったイタリアのコーチビルダー、「アレス・デザイン」。

今回なんとテスラ・モデルSを2ドアにコンバートし、さらにオープン化するというカスタムを披露しています。

なお、アレス・デザインは過去にもベントレー・ミュルザンヌを「4ドアから2ドアへ」変更するという大胆なコンバージョンを行なっており、こういったカスタムもお手の物なのでしょうね。

ベントレー・ミュルザンヌ”クーペ”がついに完成。3200万円のセダンを5200万円かけてクーペ化

| ミュルザンヌ・クーペがついに完成。ペブルビーチへ | デ・トマソ・パンテーラの現代版「パンサー」を発表するとして話題になったアレス・デザイン。 今回はミュルザンヌを「2ドアクーペ」した個体を製作し ...

続きを見る

アレス・デザインはこんな会社

アレス・デザインは前ロータスCEO、ダニー・バハー氏が起こしたコーチビルダーで、対象とする客層は「富裕層のみ」。

よって今回のテスラ・モデルSのように「コストのことを考えると、通常のショップがとうてい手を出せない」ような車も作れるのかもしれません。

なお、モデナに拠点を構えたのは、モデナであれば、フェラーリやランボルギーニ、マセラティの本社所在地に近く、有能な人材を確保したり、高品質なパーツを作るサプライヤーを探すのに苦労しないからだと言われます。

ARES-Tesla-Model-S (7)

果たしてアレス・デザインはこれまでにもフェラーリGTCルッソをクラシックフェラーリ風にカスタムしたり、ランボルギーニ・ウラカンの車体を切った張ったしてデトマソ・パンテーラ風に仕上げたりしているわけですが、その技術力は「間違いない」と考えていいのかもしれません。

実際のところ、このテスラ・モデルS「コンバーチブル」を見るに、最初からこの姿で世に生まれ出たと言われてもおかしくはないほどで、あまりに美しく、そして自然なルックスを持っています。

なお、ルーフを閉じた状態は公開されておらず、しかし「ソフトトップ」を採用している、とのこと。

ARES-Tesla-Model-S (6)

オープン化にともないボディ各部に手が入り、前後バンパーやサイドステップのデザインも変更されているように見えますね。

車高も下げられ、ホイールも交換されているものと思われます。

ARES-Tesla-Model-S (8)

このテスラ・モデルSの「2ドア&オープン化」にかかった費用は不明ですが、以前の「ミュルザンヌのクーペ化」には5700万円ほどかかっていると伝えられているので、今回のテスラだと6000万円以上を要しているのは間違いなさそう。

1000万円ちょっとのクルマに6000万円以上を投じるというのは常人にはとても考えられないカスタムではあるものの、これができるのが「富裕層」なのでしょうね。

テスラ・コンバーチブルのインテリアも「特別仕様」

そして特筆すべきはこのテスラ・モデルSコンバーチブルのインテリア。

ARES-Tesla-Model-S (3)

もともとのレザー含む張り材はすべて剥がされ、新たにホワイトレザー(とレッドのアクセント)に張り替え済み。

ARES-Tesla-Model-S (4)

この美しさもまた特筆すべきレベルにあり、アレス・デザインにしかできないレベルのカスタムなのかもしれません。

ARES-Tesla-Model-S (5)

シートの中央部には、ロールスロイスでよく見られるような「メタルパーツと棒状のレザーを使用した加飾」も装着済み。

このセンスはさすがに「イタリアのコーチビルダーならでは」だと思います。

ARES-Tesla-Model-S (2)

合わせて読みたい、テスラのカスタム関連投稿

いなお、テスラ・モデルSは大変な人気車種にもかかわらずそのバリエーションが少なく(実質的にはバッテリー容量違いしか存在しない)、よって熱心なテスラオーナーはコーチビルダーにカスタムを依頼することも。

これまでにも「テスラ・モデルSのワゴン」といったカスタムも見られ、しかし「2ドア化」は例を見ない、と認識しています。

テスラ自身が作ったとしてもここまで美しいクルマはできないだろう。コーチビルダーによる「テスラ・モデルSシューティングブレーク」いよいよ発売

ルーフからリアにかけてのデザインはこの上ない美しさを持っている 昨年より製作が発表されていた「テスラ・モデルSシューティングブレーク(ワゴン)」市販モデルが完成し、ジュネーブ・モーターショーにて展示さ ...

続きを見る

テスラ・モデル3をオープン化するショップが現れた!約330万円で4座オープンEVへと大変身

| たしかにアメリカでは「オープン化専門」コーチビルダーが多いとは聞いている | アメリカのコーチビルダー、「ニューポート・コンバーチブル」がテスラ・モデル3のコンバーチブル化を受注開始したと発表。コ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5