>ポルシェ(Porsche)

その一角だけが未来のようだ!ヨドバシ マルチメディア梅田(LINKS UMEDA)地下駐車場にはポルシェ専用充電スペース「チャージングステーション」があった

投稿日:2021/02/23 更新日:

ヨドバシ マルチメディア梅田(LINKS UMEDA)地下駐車場のポルシェ専用充電スペース

| ウワサには聞いていたが、ポルシェ・チャージングステーションの特別感がこれほどだとは |

さて、ぼくがよく「ヨドバシ マルチメディア梅田(LINKS UMEDA)地下駐車場」を利用するのはすでにお伝えしたとおりですが、先日はじめてポルシェの充電ステーションが設置されているのに気づくことに。

ポルシェはブランド初のエレクトリックカー「タイカン」を発売しており、これからのデリバリーに備えた施設ということになりますね。

ヨドバシカメラにて、ポルシェ・マカン
料金は高めだが空いていて停めやすい「ヨドバシ マルチメディア梅田 地下駐車場」。なお土日祝でも当日最大料金の設定アリ

この記事のもくじ1 | 以前、ヨドバシ マルチメディア梅田の駐車場というと「順番待ち」が当たり前だったが |1.1 ヨドバシ マルチメディア梅田 地下駐車場の入り口はこうなっている1.2 出庫時にはカ ...

続きを見る

ヨドバシ マルチメディア梅田 地下駐車場にあるポルシェ・チャージングステーションはこんな感じ

このポルシェ・チャージングステーションはヨドバシ マルチメディア梅田 地下駐車場B4Fにあり、一般向けの駐車スペースはこんな感じ。

IMG_4838

そんな中に出現するのがポルシェ・チャージングステーションなのですが、床や壁が真っ白にペイントされており、その一角だけがまさに「未来」。

SF的、もしくはなんらかの基地的なイメージもあり、一人で「おお!」と盛り上がってしまったわけですね。

L1310341

向かって右がDC充電器。

L1310338

向かって左側がAC充電器。

L1310339

DC充電器側にはポルシェクレスト(エンブレム)、そしてブルーLED。

L1310343

AC側もやはりポルシェのエンブレムとブルーLED。

L1310340

DCチャージャー側には3次元バーコードにて「使い方」にもアクセスできます(液晶モニターもある)。

L1310346

奥にある消化器用ボックスもポルシェ風に「ブラック」で、この一角だけが「ポルシェ仕様

L1310348

ポルシェ・タイカンの充電料金体系はどうなっているのか?

充電については、ポルシェセンターに設置されている充電器(ポルシェターボチャージャー)が24時間開放されており(ポルシェセンターによって差異はあると思う)、これを利用するとバッテリー容量の80%までを24分で充電可能。

大阪だとこのヨドバシ マルチメディア梅田(LINKS UMEDA)地下駐車場のほか、あべのハルカスにも設置されているようですね。

そのほかホテルや温泉、ゴルフコース等に「ポルシェ ディスティネーション チャージングステーション(普通充電器)」が設置され、そのほかNCSネットワークにも対応しています(CHAdeMO対応)。

L1300658

充電には専用のアプリが必要

なお、ポルシェ チャージング サービスを利用するには専用のアプリが必要で、充電はもちろん有料。

料金プランは2種類あり、ひとつは「月額会員プラン」で、これは毎月1,800円を支払えば普通充電器(8kW)を無料にて、急速充電器(90kW)を分あたり45円で利用できるというもの(登録料金2,000円)。

そしてもう一つの「都度会員プラン」だと普通充電器(8kW)は無料、急速充電器(90kW)は分あたり120円という設定です。

ただし2021年央以降は料金プランが改定され、いずれも普通充電器(16kW)の利用が分あたり12円に、急速充電器(150kW)だと前者が分あたり75円、降車では分あたり200円へと変更される、とのこと。

もちろん家庭での充電も可能ですが、「カラの状態から満充電までは、200Vだと24時間位かかる」と聞いています(画像の充電器を200Vコンセントに差し込んで充電を行う)。

ポルシェ・チャージングステーションの動画はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f