>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >マツダ(MAZDA)

80年代の変態車「ルノー5ターボ2」にマツダの13Bロータリーエンジンをスワップした上級変態車が販売中!もしかしたら1000万円に届くかも

投稿日:2021/04/12 更新日:

80年代の変態車「ルノー5ターボ2」にマツダの13Bロータリーエンジンをスワップした上級変態車が販売中

| こういったクルマをメーカーが作ることができた時代が懐かしい |

さて、1980年代にはさまざまな「変態」ともいうべき愛すべきクルマが多数リリースされていますが、その中でもルノー5(サンク)ターボはトップレベルにイカれている車と言っても過言ではないかと思います。

ベースとなる「ルノー5」は1972年に登場しているものの、これはFFレイアウトを採用するファミリーカー。

その後1976年にはアルピーヌ/ゴルディーニによるホットハッチ版が追加されています。

5ターボはランチア・ストラトスのライバルとして誕生

1970年代後半になるとルノーはラリーでライバルを打ち負かすことができるクルマが欲しいと考えるようになり、しかしライバルと目していたランチア・ストラトスとは異なって既存の車両つまり「5」をベースにこれを開発することに。

そこで誕生したのが、「FFの車をミドシップ後輪駆動」に変更するというトンデモカー「5ターボ」ですが、これはWRCのグループ4規定にあわせて製作されており、搭載されるエンジンは1.4リッター4気筒ターボ(158BHP)。

当然ながら非常にコストがかかるという結果となり、この5ターボはルノー史上(当時)もっとも高額なルノーとなっています。

Renault-5-Turbo-2_1616905551bd6769545120210327_184417web-scaled

そして1980年に発売されたのがこの「5ターボ2」。

基本的には5ターボと多くを共有するものの、廉価版という位置づけです(3,200台程度が売れたと言われる)。

Renault-5-Turbo-2_1616905448cf8d820210327_184222web-scaled

ルノーきっての変態車、「5(サンク)ターボ2」が競売へ。1200万円の予想

| ルノーはかつてこんな車も作っていた | ルノーが時々発売する変態車(最近は出てこないのが残念ですが)の代表的な一台、「ルノー5(サンク)ターボ2」がオークションに登場。走行距離はわずか5,964キ ...

続きを見る

ただしこのルノー5ターボ2は「普通の5ターボ2」ではなかった

しかしながらこのルノー5ターボ2は「普通の」5ターボ2ではなく、なんとエンジンがマツダ製のロータリーエンジン、13Bへと換装済み。

ただし詳細は明らかではなく、出品者はすでに13Bにスワップされた個体を手に入れたようで、「2007年にはエンジンが載せ替えられていたようだ」とコメントしています。

Renault-5-Turbo-2_1614273551cf8d812267387web-scaled

13Bロータリーに組み合わせられるのはターボネティクス社製のターボチャージャー、ライフレーシング社製のエンジンコントロールユニットとアジャスタブルブーストコントローラー。

トランスミッションはルノー純正の5速マニュアルだと紹介されています。

なお、出力については(未計測なのか)不明という状態です。

Renault-5-Turbo-2_1614273420e569b0bd6769545112117220web-scaled

フロントトランク内はこんな感じ(当然エンジンは存在しない)。

Renault-5-Turbo-2_1614273376f8d8c612117195web-scaled

外観はおそらくノーマルのままだと思われますが、Aピラーからルーフ、そしてリアエンドにかけては樹脂製と思われるパーツが装着され、エンド部が反り上がることでダウンフォースを発生させるようですね。

Renault-5-Turbo-2_161690545969b0bd6769545120210327_184234web-scaled

真後ろから見ると、どれだけワイド化されたのかがわかります。

Renault-5-Turbo-2_161690544269b0bd6769545120210327_184209web-scaled

ルノー5ターボ2のインテリアはこうなっている

そしてこちらはルノー5ターボ2のインテリア。

エクステリアに比較するとベースモデルの面影を色濃く残し、ここだけ見ると「普通のクルマ」に見えなくもない、と思います。

Renault-5-Turbo-2_1614274037b1212720e569b12117157web-scaled

モケット地のシートがいかにも80年代的。

Renault-5-Turbo-2_1614274080d8c66b1212117168web-scaled

なお、ルノー5ターボ2の価値は近代になって大きく上昇しており、これまでには1200万円ほどで落札されたことも。

この個体は「改造車」に相当しオリジナルコンディションを残してはいないものの、それでも残り1日で550万円ほどの値がついており、終了間際にはさらに価格が釣り上がるものと思われます。

Renault-5-Turbo-2_161690545412720e569b0bd67620210327_184227web-scaled

合わせて読みたい、ルノー5ターボ関連投稿

ルノー5ターボが現代に蘇るとこうなる!クリオ(ルーテシア)をベースにミドシップ化+オーバーフェンダーで武装してみた

この記事のもくじ1 | 残念だが、もはやこういったクルマの登場は望めそうにない |1.1 ルノー5ターボはこんなクルマ1.2 ルノー・クリオを5ターボ風にしたらこうなった | 残念だが、もはやこういっ ...

続きを見る

ただでさえ変態なルノー5ターボの上級モデル、「ルノー5ターボ2EVO」が競売に。まさに変態エボリューション

この記事のもくじ1 またまた登場の変態カーが競売に。現在の最高入札額は670万円1.1 1980年台のルノーを象徴する、ルノーR5ターボ2 EVO1.2 こんなにあるよ変態車 またまた登場の変態カーが ...

続きを見る

ルノー5プロトタイプ
ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

この記事のもくじ1 | この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい |2 ルノー5プロトタイプはこんな外観を持っている2.1 ルノーは新戦略「Renaulution」を発表2.2 ルノーの「今後 ...

続きを見る

参照:Bring a Trailer

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f