>ポルシェ(Porsche)

【動画】ポルシェが「もっとも面白いニックネームを持つクルマ」TOP5を紹介!「カンガルー」「おばあちゃん」他、おなじみ「ピンクピッグ」も

投稿日:

ポルシェが「もっとも面白いニックネームを持つクルマ」TOP5を紹介

| ポルシェのレーシングカーのなかにはけっこう知らないアダ名を持つ個体も |

さて、ポルシェが不定期にて公開している「TOP5」動画。

「もっとも優れるサウンド」「もっとも最高速が高いクルマ」「もっともレアなコンセプトカー」等、様々な内容のトップ5を公開しているわけですが、今回は「もっとも面白いニックネームを持つクルマ」が動画にてまとめられています。

参考までに、ジェームズ・ディーンが事故死してしまった際に乗っていた550スパイダーは、ジェームズ・ディーン自身によって「リトル・バスタード(小さい悪魔)」と名付けられていますね。

ヘッドライトが四角なのにしっかり「ポルシェ」なヴィジョン・スパイダー公開!ジェームズ・ディーンが事故死した550スパイダーの現代版

この記事のもくじ1 | スパイダーブームの昨今、ポルシェはこのヴィジョン・スパイダーを発売すべきだ |1.1 ポルシェ550スパイダーはこんなクルマ2 ポルシェ・ヴィジョン・スパイダーはこんなクルマ3 ...

続きを見る

トライアングル・スクレーパー(ポルシェ356B 2000 GS カレラGT)

まずはトライアングルスクレーパーことポルシェ356B 2000 GS カレラGT。

ちなみにトライアングルスクレーパーとは、三角形のヘラで、掃除の際などに隅っこの汚れをかき出すツールを指しています。

9

モビーディック(ポルシェ935/78)

次はモビー・ディックことポルシェ935/78。

これはポルシェのレーシングカー史上もっとも有名なクルマと言っても過言ではなく、現代においても様々なレンダリングのモチーフとしても取り上げられています。

ロングノーズとハイテールを持ち、その巨大なウイングがメルヴィルの小説、「白鯨」を連想させたということが命名の由来です。

8

ポルシェ公式「ワイルドなリアウイング、トップ5」が動画にて。1位は935”モビー・ディック”

| ポルシェのウイングは昔からデカかった | 最近ポルシェがハマっているシリーズ、「トップ5」。これまでにも「もっとも素晴らしいサウンドを誇るポルシェのトップ5」「もっともレアなポルシェ、トップ5」を ...

続きを見る

カンガルー(ポルシェ904/8)

3番めはポルシェ904/8”カンガルー”。

こちらは見た目ではなく、「パワーユニットとシャシーとのバランスが悪く」、走行時に飛び跳ねるような挙動を見せたことから命名されたそうですが、そのファニーなニックネームとは裏腹に、ドライバーが相当に怖い思いをしたことは間違いなさそう。

42

グランドマザー(ポルシェ718 W-RSスパイダー)

ポルシェのレーシングカーとは一見して結びつきそうにない、「おばあちゃん」と命名されたポルシェ718 W-RSスパイダー。

その理由は「長い間使用されたから」だそうですが、それも高い耐久性を誇ったことや、改良の余地がないほどの完成度の高さを持っていたがゆえなのでしょうね。

なお、1961年から1964年まで活躍し、タルガ・フローリオを制したことも。

41

ちなみに、こういった「長く走ったクルマ」を”おばあちゃん”と命名することは珍しくないようで、パガーニも100万キロを走行したゾンダに対し、「LaNonnna」。
イタリア語で「おばあちゃん」というニックネームを与えたことがあります。※一般にクルマは女性名詞

ピンクピッグ(ポルシェ917/20)

そして忘れちゃいけない「ピンクピッグ」。

4

この「ピンク・ピッグ(917/20)」はずんぐりした車体を持ち、これが原因でスポンサーに「こんなブサイクな、豚のようなクルマにウチの名前をつけたり、カラーリングを施すことはならん」と言われてしまい、ポルシェが「そうか豚か・・・豚と言ったな・・・」ということで持ち前の皮肉精神を発揮して豚風のカラー、そして肉の部位を記したもの。

3

JUN
たしかにすんぐりしてるな・・・!

ポルシェによると、ポルシェが命名したのは「ピンクピッグ」ではなく単なる「ピッグ」で、名付けたのはポルシェのデザイナーであったアナトーレ・ラパン。

そのほか、「トリュフハンター」「雌豚ベルタ」という愛称でも呼ばれたとのことですが、「メスブタ」というのはちょっとかわいそうかもしれません(ドイツではさほどひどい印象はないのかも)。

2

ちなみにベージュのように見えるパーツはFRP製。

これは素材として「軽量性や強度のバランスが最も優れるから」という理由で採用されたものですが、ピンクと組み合わせられると生々しい印象も感じられます。

1

加えてポルシェは「キー」「ボルト」などとことん軽量化にこだわった歴史があり、そういった積み重ねによって「ルマンにおいて、もっとも多くの勝利を手にした」メーカーとなったのでしょうね。

ポルシェはこんなところまで軽量化していた!「超軽量キー/キーシリンダー」

| ポルシェの軽量化に対する情熱は尋常ではなかった | ポルシェがその伝説的レーシングカー、「917K」に採用されるキーを紹介。 ポルシェ曰く「モータースポーツ史上、もっとも含蓄に富んだキー」と表現す ...

続きを見る

ポルシェはボルト一本にもここまでこだわっていた!1970年のル・マン優勝の裏にあった開発者の物語

熱膨張率、強度、冷却を考慮した素材の選択から表面のコーティングまで ポルシェがオーナー向け機関誌「クリストフォーラス」にて、1970年のル・マンにて総合優勝を成し遂げたポルシェ917に関する裏話を公開 ...

続きを見る

ポルシェが「もっとも愉快なニックネームを持つクルマ」TOP5を紹介する動画はこちら

あわせて読みたい、ポルシェ関連投稿

ポルシェといえばフラットシックス!911の水平対向エンジンが優れる5つの理由

| ボクサーエンジン抜きでポルシェを語ることはできない | ポルシェがかねてより公開している「トップ5」動画。 今回は911に採用されるボクサーエンジンの何が凄いかを紹介する内容となっています。 ポル ...

続きを見る

【動画】ポルシェの作った「軽量な車」トップ5。No.1はなんと重量384キロ、275馬力の”ベルクスパイダー”

| 知らない車がけっこうあった | ポルシェは先般より、様々な角度にてポルシェの考える「トップ5」を選出し動画で公開していますが、今回は「ポルシェ史上、もっとも軽量な車トップ5」が動画で公開に。 これ ...

続きを見る

【動画】1位はやっぱりあの車。ポルシェ自身が「加速に優れるクルマTOP5」を公開

| ポルシェはそのエンジンレイアウトに起因してトラクション性能が高い | ポルシェが例によって「ベスト5」動画最新版を矢継ぎ早に公開。 今回は「もっとも加速が優れる車TOP5」という内容で、さすがにこ ...

続きを見る

参照:Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f