>ポルシェ(Porsche)

ポルシェが中国展開20周年を記念し「911ターボS チャイナ 20th エディション」を限定発売!なおポルシェが中国に正式に輸入されはじめたのは初代カイエン登場の前年

投稿日:

ポルシェが中国展開20周年を記念し「911ターボS チャイナ 20th エディション」を限定発売

| 中国市場はまたたく間にポルシェにとって「最大、かつ最重要」市場に |

さて、ポルシェが中国市場向けの特別限定モデル、「ポルシェ911ターボS チャイナ 20th アニバーサリー・エディション」を発表。

ポルシェが中国市場に正式に参入したのは2001年なので、今回の限定モデルはその節目を祝う記念碑的意味合いを持つということになりますね。

なお、翌2002年には「カイエン」が発売されており、中国市場への参入、そしてカイエンの(主に中国市場での)ヒットによってポルシェの大きな成長がはじまったと考えてよく、ポルシェとしては”中国に足を向けて寝ることができない”状態なのだと思われます。

中国市場にはポルシェ=911という認識がない

上述の通り、ポルシェが中国市場へと参入したのは2001年、そしてカイエンが発売されたのは2002年。

つまりポルシェはカイエンの発売とほぼ同時期に中国へと参入したと捉えることができ、よって中国市場がポルシェに抱くイメージは、(昔からポルシェに親しんできた)欧米そして我々日本のように「あの有名な911を作っているスポーツカーメーカー」というものではなく、「高級SUVを作っているドイツの自動車メーカー」というものだと言われます。※当然ながら、カイエン発売時にも「ポルシェがSUVなんて」という批判は起きていない

porsche-911-turbo-s-china (13)

さらにポルシェは2009年にパナメーラを発売する際、他の国に先駆け、中国にてワールドプレミアを行っており(当時、ポルシェが欧米以外でブランニューモデルを発表するのははじめてのことだった)、一層中国人にとっては「ポルシェ=SUVやサルーンを作る会社」という印象が強いのかもしれません。

ただ、今回の20周年記念においては、カイエンではなく911をその主役に据えてきたことからもわかるとおり、ポルシェとしては「やはりブランドのコアバリューは911」だと考えているのでしょうね。

「ポルシェ911ターボS チャイナ 20th アニバーサリー・エディション」のボディカラーは合計で5色

そこで「ポルシェ911ターボS チャイナ 20th アニバーサリー・エディション」を見てみたいと思いますが、その名からわかるとおり、ポルシェが中国展開20周年記念として用意したのは「ターボS」。

中国では911に対しても「豪華さ」を求める意見が多いと言われるので、GT系ではなく「ターボ」、しかも「ターボS」というのは最適な選択だとも言えそうです。

porsche-911-turbo-s-china (5)

もちろんこの特別車両を製作したのはポルシェのパーソナリゼーション部門「ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」。

porsche-911-turbo-s-china (4)

フロント~サイド~リア部分はボディカラー同色にペイントされていますが、ボディカラーのバリエーションそのものは、ガルフオレンジ、スタールビーレッド、ミントグリーン、ビオラパープル、そしてオフィシャルフォトで紹介されるオスロブルーの5色。

「ポルシェ911ターボS チャイナ 20th アニバーサリー・エディション」の細部はこうなっている

そしてこちらが「ポルシェ911ターボS チャイナ 20th アニバーサリー・エディション」のディティール。

まずはセンターにダブルストライプが入り、これは反射素材であるようにも見えますね。

porsche-911-turbo-s-china (8)

このラインはフロントフード~ルーフ~そしてリアスポイラーにまで。

porsche-911-turbo-s-china (7)

ボディサイドには「PORSCHE」文字とステッカー、そしてサークルと「20」のレター。

porsche-911-turbo-s-china (11)

ホイールはセンターロック+ダイヤモンドフィニッシュ、そしてブレーキキャリパーは「ブラック」。

porsche-911-turbo-s-china (6)

リアサイドウインドウには専用のバッジつき。

porsche-911-turbo-s-china (9)

「ポルシェ911ターボS チャイナ 20th アニバーサリー・エディション」のインテリアはこうなっている

そしてこちらはポルシェ911ターボS チャイナ 20th アニバーサリー・エディションのインテリア。

ブラックをベースに、ホワイト(シルバー?)のステッチが入り、センターコンソールとダッシュボードにはボディカラー同色のアクセントが入ります。

porsche-911-turbo-s-china (2)

ダッシュボードのトリムには「911 Turbo S Porsche 20 years Porsche China Edition」の文字。

porsche-911-turbo-s-china (10)

センターコンソールにポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥアの文字がエンボス加工にて入り、キー両サイドのカバーはボディカラー同色へ。

porsche-911-turbo-s-china (3)

サイドシル上のキックプレートにも「911 Turbo S Porsche 20 years Porsche China Edition」の文字。

なお、このポルシェ911ターボS チャイナ 20th アニバーサリー・エディションについて、限定台数や価格についても案内がなく、装備の詳細については現時点で不明です(エンジン出力に変更はない、と伝えられている)。

porsche-911-turbo-s-china (12)

合わせて読みたい、ポルシェと中国関連投稿

ポルシェ・マカン(天保山/ナナガン)
ポルシェの最大市場は今や中国。「中国に工場を作るか」の問いに対して「NO。人々が求めるのはドイツ製だ」。ただしこのまま中国優位が続けば「中国で生産せざるを得ない」とも

| 利益を確保することを考慮すれば、中国生産は免れることができない | さて、先日マレーシアに工場を建設すると報じられたポルシェ。今回はポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏が「我々は”メイド・イン・ジ ...

続きを見る

ポルシェのキー
ポルシェの世界販売は前年比-3%、27万2162台!厳しい状況下でも強い需要に支えられ、もっとも売れたのはやはり「中国」。タイカンは2万台を販売するもまだまだ「テスラの1/25」

| タイカンは悪条件下でも好調なスタート。ここからポルシェの反撃がはじまる | さて、先日の「ポルシェジャパンが発表した日本国内市場」の販売台数に加え、今回はポルシェAGが「世界市場」での販売台数を公 ...

続きを見る

ポルシェが中国にてベースグレードの「タイカン」発表!中国に合わせたのか”まさかの”ピンクを身にまとう

| 中国は自動車全般にとっても、EVにとっても巨大市場 | さて、先日ウワサが出てきたとおり、ポルシェが中国において「ベースグレードのタイカン」を発表。現在ポルシェはピュアエレクトリックカー「タイカン ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5