ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

納車直後、希少なマクラーレン765LTが給油中に発火→炎上。マクラーレンの「燃える」率はスーパーカーの中でもけっこう高いかもしれない

投稿日:

納車直後、希少なマクラーレン765LTが給油中に発火→炎上

| 幸いなのは誰一人としてけが人が出なかったこと |

さて、納車後160kmしか走っていない、新車のマクラーレン765LTが火災にて全焼してしまうことに。

これはペンシルバニア州での出来事だそうですが、なんらかの原因にて、給油中のマクラーレン765LTが発火してしまい(現在調査中)、通報を受けた消防が到着するも延焼を防ぐことはできず、2時間後に火を消し止めた際にはもう元のクルマが何であったかわからないまでに燃え尽きています。

マクラーレンは現代のスーパーカーとしては「比較的よく燃える」部類

なお、マクラーレンのクルマは現在のスーパーカーの中では「燃えやすい」部類に属していると認識して、とくにセナが発売されたあたりから「突然の発火」が目立つようになったと思います。

日本でも今年2月には600LTが路上にて炎上し、大きく報じられたばかりですね。

東京都品川でマクラーレン600LTが炎上
【動画】マクラーレン600LTが品川で炎上!コメント欄には例によって「知ったか」「便乗して承認欲求を満たす」ネット民が大量に登場

| なぜ人は他人の不幸を歓び、成功した人を妬むのか |この記事のもくじ| なぜ人は他人の不幸を歓び、成功した人を妬むのか |マクラーレン600LTはやはり車体後部からの炎上あまりにコメント欄がひどすぎ ...

続きを見る

ちなみにマクラーレンは世界規模にて炎上対策リコールを行っており、対象は570GT、720S(クーペ/スパイダー)、セナ、GT。

燃料タンクの下に挿入してある防音用フォームの湿度が逃げず、これが原因で燃料タンクが腐食して燃料が漏れ、場合によっては発火するという見立てです。

ただ、セナの中には「納車間もないのに炎上した」例もあり、これについては”腐食”するだけの時間が経過していないと考えるのが妥当なので、「マクラーレンが燃える」のには別の理由も存在すると考えたほうがいいのかもしれません。

マクラーレンが「炎上に至るおそれ」としてセナ、720S、GT、570に対し日本国内でもリコール
マクラーレンが「炎上に至るおそれ」としてセナ、720S、GT、570に対し日本国内でもリコール!原因は防音用パッド、対策ではこれを外すため「対策後は爆音」に?

| マクラーレンは同様の例につき、すでにアメリカ(北米)でリコールを実施していたが |この記事のもくじ| マクラーレンは同様の例につき、すでにアメリカ(北米)でリコールを実施していたが |発火の原因は ...

続きを見る

今回の「マクラーレン765LT炎上」はこんな感じだった

今回マクラーレン765LTが燃えたのは「ガソリンスタンド」にて。

おそらくは給油中に燃えたのだと思われますが、すでにこのときには猛烈な勢いにて炎上しています。

178477968_10164966191045527_4195230697296612102_n

画像を見るとガソリンスタンドの床が濡れており、しかしこの液体に火は移っておらず、よってこれは、火災によってタンクやホースに亀裂が入り、そこから漏れた冷却水なのだと思われます。

177988014_10164966191145527_5728001525730216657_n

そこから懸命の消火活動がスタート。

178690888_10164966190670527_4883714669069801006_n

ただしなかなか火は消えず・・・。

177752882_10164966190845527_363432441587534324_n

ようやく火を消し止めることができたのは2時間後。

素人的には「消火剤をかければ火を消すことができそう」に思えるものの、消火剤の入り込めない、機関内部にまで火の手が及んでいると「消しても消しても燃える」のかもしれませんね。

177824391_10164966191280527_8414883606311004172_n

なお、フロントはまだ原型を残しているものの、どう考えても車体の復元ができるレベルではなく、間違いなく廃車となりそう。

177476371_10164966190970527_6194691832962042976_n

もうあちこちが溶けてしまっていますが、マクラーレン765LTはカーボンファイバーを用いたパーツが多く、そのぶん燃えだすと「一瞬で溶ける」のかもしれません。

177800848_10164966190580527_3724040043515483163_n

ただ、カーボンファイバーそのものは燃え尽きることはなく、よって「繊維」のようなものとしてクルマの周囲に残っているようです。

177855287_10164966191210527_7938762334795128242_n

消防車はかなりレトロ

ちなみにこちらは現場に駆けつけた消防車。

見た感じかなりレトロで、まわりの風景を相まって「1970年代か1980年代初期」のような印象を受けます。

ボディサイドには「ENGINE」と書かれていますが、これは「FIRE ENGINE=消防車」の意味。

177977267_10164966190775527_644582396063338986_n

ちなみにぼくは長い間「ファイヤーエンジン=消防車」ということを知らず、アメリカに行った際、現地の人と話していたときに消防車のサイレンが聞こえてきて、現地の人が「ファイヤーエンジンが来た」と言ったのですが、ぼくはファイヤーエンジンが何であるかが理解できなかったため、「そんなことも知らないのか」とバカにされたことがあります。

たしかに「消防車を英語で言うと?」と聞かれると(救急車=アンビュランスということは知っていても)、その時は「そういえば消防車って英語で何ていうんだろうな」と頭を悩ませたに違いなく、実際に「ファイヤーエンジン」以外に消防車を表す言葉はほぼ無いようですね。

あわせて読みたい、スーパーカーと火災関連投稿

スーパーカーは燃えたらこんなになってしまうんか・・・。1250馬力、ツインターボ化したランボルギーニ・アヴェンタドールが跡形もなく燃える

| ハイパワー化、とくにツインターボ化にはリスクが伴う |この記事のもくじ| ハイパワー化、とくにツインターボ化にはリスクが伴う |ミドシップカーは熱がこもりやすくちょっとしたことで発火しやすいこんな ...

続きを見る

【動画】スーパーカーは空ぶかし厳禁!アヴェンタドールが交差点で空ぶかし→炎上→周囲の人の協力を得て鎮火

| ベトナムにて、アヴェンタドールがあやうく炎上 | スーパーカーというと「燃える」というイメージがありますが、今回はベトナムにて、ランボルギーニ・アヴェンタドールが発火するという事件が発生。 車体後 ...

続きを見る

納車からわずか数日。有名ユーチューバー、サロモン氏所有のマクラーレン・セナが発火し炎上

今のところ原因は不明、ただしセナは全損だと思われる マクラーレンの超限定モデル、「セナ」が炎上するという案件が発生。なお、この「セナ」は自動車系ユーチューバーでもトップクラスの登録者を誇るアレハンドロ ...

続きを見る

参照:Jalopnik, Upper Gwynedd Township Fire Department

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5