>テスラ(TESLA)

中国にて、自分のテスラ車のペダルへとカメラを取り付けるオーナー急増!「事故の際、自分の操作が間違っていないと証明できるように」

投稿日:

中国にて、自分のテスラ車のペダルへとカメラを取り付けるオーナー急増

| 中国では「テスラ駐車禁止」のショッピングモールも登場したらしい |

さて、先日は上海モーターショーにて「テスラオーナーの女性が、テスラの上に飛び乗り、ブレーキが利かないと大声で叫ぶ」など、中国では数々の問題に見舞われているテスラ。

同様のブレーキに関する問題は複数あるといい、中国政府もテスラに対して対応を求めているといいますが、今回なんと「ペダルにカメラを取り付ける」テスラオーナーが中国にて登場した模様。

中国にてテスラが壁に激突し炎上、一人が死亡
【動画】中国にてテスラが壁に激突し炎上、一人が死亡。上海MSでは女性がテスラブースで大暴れするなど、中国での逆風が吹き始める?

この記事のもくじ1 | さすがに「死亡」となると当局も黙っていることはできない |1.1 さらに上海モーターショーにおいては女性による抗議も1.2 テスラは中国に対して「特別扱い」?1.3 アメリカで ...

続きを見る

ちょっと「行きすぎ」感も否めないが

これはもちろん、事故を起こした際に「アクセルペダルを踏んでいなかった」「ちゃんとブレーキを踏んでいた」ということを示すためのもので、自身の身の潔白を証明するための行動だと言えそうです(テスラの調査結果を信用しないというアピールだとも受け取れる)。

なお、現在テスラは「ブレーキ問題」についてはスペシャル・ハンドリング・チームを結成して対策に当たっているものの、現時点でなんらかの明確な結論が出たわけではなく、今後の成り行きには注視を要するところですね。

ちなみに中国市場はこういった事例に過敏に反応することとがあり、すぐに「不買活動」を行ったりするものの、次のターゲットが現れれば、すぐに目の前の事件を忘れてしまうのもまた中国市場のひとつの性質でもあります。

中国人はプライドを傷つけられると許さない

中国市場が「許さない」のは、中国をバカにした例や、対応が不誠実であった場合で、最近だとドルチェ&ガッバーナの例が記憶に新しいところ。

ちなみに、中国で絶大な人気を誇るアップル製品についても、「計画的劣化」など消費者に対する裏切りがいくつか明るみに出ており、その都度不買運動などが報じられるものの、事件が発覚した後にアップルは正しく対処して謝罪を行っているためか、そこまで致命的な問題には発展していないようですね。

こういった例を見るに、テスラについては「まだ車両に問題があるとわかったわけではない」「テスラが問題を隠していることが暴露されたということでもない(テスラは問題に対して謝罪を行っている)」「テスラが中国人をバカにするような態度をとったわけではない」ため、まだ問題は限定的であり、市場から排斥するほどではないようにも思えますが、「テスラ駐車禁止」をうたうショッピングモールも登場しているという報道もあり、今後のなりゆき、そしてテスラの対応次第では「中国市場を失う」ことにもなりかねないんじゃないかという懸念も。

よって、テスラはこれ以上品質、そして信用問題を大きくしないように調査を進め、問題があるのであればただちに修正する必要があるものと思われます。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

【動画】中国でのテスラ・モデル3の生産が開始される。米国製と中国製モデル3を比較したレビュワー「なんてこった。中華テスラのほうが品質がいいぞ・・・」

この記事のもくじ1 | 思えば中国でのテスラ工場立ち上げもスムーズで、生産にも遅れは出なかった |1.1 「中国製テスラは米国製に劣る」という前評判だったが1.2 中国産テスラ・モデル3は米国製モデル ...

続きを見る

テスラ・モデル3
テスラが中国でのデザインセンター開設にあたり管理者を募集とのウワサ!「欧米と中国両方の感性を理解する人物」「業界で20年以上の実績」を条件としヘッドハンターを雇った模様

この記事のもくじ1 | こういった姿勢は中国側も高く評価するに違いない |1.1 すでにテスラとは数名が面談済み1.2 現在はまだデザインスタジオの設立が決定したわけではないが2 なぜにテスラは中国に ...

続きを見る

中国で生産されるテスラ・モデル3
テスラが中国用として開発・生産する「260万円のニューモデル」を全世界で販売するとコメント。既存・新興メーカーにも対抗する構え

この記事のもくじ1 | テスラは他社に比較すると低価格競争に耐えうる体力を持っている |1.1 もちろん新型テスラの生産生産も中国にて1.2 EVはシェアの奪い合いではない2 テスラは知名度では一歩リ ...

続きを見る

参照:快科技

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5