●ポルシェ・マカン >ポルシェ(Porsche)

ポルシェの新車はなぜ「フロントウインドウの内側に、白い汚れが付着する」のか?

投稿日:2021/05/04 更新日:

ポルシェ・マカン

| ボクの知る限りでは、ポルシェほどウインドウ内側が汚れる自動車メーカーはほかにない |

さて、ポルシェに乗っているといつも思うことがあるんですよね。

「なぜ、フロントウインドウの内側が、すぐに白く曇るのか」、と。

ちなみにこの白い曇りについて、内外の気温差や湿度差によって一時的に白く曇るのではなく、「薄く白い汚れが恒久的に(拭き取らない限りは)付着する」というもので、経験上他の自動車メーカーのクルマでは見られないものです。※とくに、718ケイマン、マカンSで顕著。このあたりから使用する接着剤が変わったのかもしれない

一説では「接着剤が揮発したもの」

なお、この白い曇りについて、おおよそ1ヶ月も毎日乗っていれば「もや」のように曇ってしまい、明らかに視界を邪魔することに。

ただ、乾いた布で拭き取るとすぐにきれいになるのでさほど質の悪い汚れでもないようです。

そしてこの汚れ、同じポルシェオーナーさんに教えていただいたところでは、「内装の接着剤が揮発したものがウインドウ内側に付着するもの」なのだそう。

たしかにそれも納得のできる話で、この揮発した「なにか」が、クルマを動かし、エアコンを内気循環等にした際、ダッシュボード側のエアコン吹出口からフロントウインドウへと「吹き付けられる」形で付着しているのかもしれませんね(フロントウインドウ内側に顕著であり、サイドウインドウやリアウインドウ内側はさほど汚れるわけではない)。

3K4A3469

とにかく「拭く」以外に対策はない

そしてこの「白い曇り」について、現状では「気になるようになったら拭く」以外の対策がないのが現実です。

しかしながら、これも経験上ではありますが、「納車から時間が経てば経つほど、汚れの付着度合いが少なくなってゆく」のもまた事実で、これは「新車製造から時間が経つと、接着剤が揮発しきってしまうから」なのかもしれません。

とにかく今はひたすら「忍」の一文字ではありますが、そのうち薄くなってゆくであろうということを信じながら時を過ごすしかなさそうですね。

L1260879

合わせて読みたい、ポルシェ・マカン関連投稿

ポルシェ・マカン
ポルシェ・マカンS納車から6ヶ月の感想!現時点では満足度激高、ボクはこういった印象を抱いている

この記事のもくじ1 | 結局、クルマも人と人との関係と同じで、「相性」が大切 |1.1 ポルシェ・マカンSのドライブフィール1.2 ポルシェ・マカンの実用性1.3 ポルシェ・マカンSの気になるところ1 ...

続きを見る

ブルーのポルシェ・マカンS(天保山・ナナガンにて)
ポルシェ・マカンS洗車!クルマは走行距離15,000kmを越えたあたりから急速にタイヤ/ブレーキの摩耗が進み、見た目にくたびれた印象となるようだ

この記事のもくじ1 | このままのペースだと、あっという間に「過走行」になってしまいそうだ |1.1 タイヤの摩耗はクルマの外観を大きく変化させる1.2 ブレーキディスクは摩耗すると「表面が不均一に」 ...

続きを見る

ポルシェ・マカン
今日のポルシェ・マカンS!やはり"生粋のポルシェ"であるスポーツモデルと異なりマイナートラブルは多いようだ。現在2点が断続的に発生中

この記事のもくじ1 | アウディの設計をポルシェが手直しするという手法では無理があったのか |1.1 やはり自社設計が好ましい1.2 現時点ではこんなトラブルが出ている1.3 カーナビの不具合も1.4 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f